ピクシブ百科事典

帰ってきたヨッパライは、ザ・フォーク・クルセダーズが1967年に発表した楽曲。
1968年には映画も作成されている。

概要

東北訛りの「オラ」がヨッパライ運転で死亡し… というストーリーをコミカルに歌った楽曲。
ギャグ風の歌詞と独特なヴォーカルに中毒性があったためか、1967年にオリコン最高1位、翌年にも2位を記録しており当時の人気ぶりが伺える。
日本最初のミリオンセラーとも言われており、その売上枚数は280万枚を越えた。
ちなみに「オラ」は神様に怒られて尚飲んだくれてばかりいたため、天国から蹴り出された上長い階段を転げ落ちて、最終的には畑のド真ん中で目を醒ます事になる。

ヴォーカルの独特の甲高い声は、遅めに歌ったものを録ったテープを早回しで再生して実現したもので、音響機器が現在ほど発達していなかった頃の原始的な編集方法の代表例として現在でも有名である。
この同様の手法が使われた有名な歌の一つが「はじめてのチュウ」。
カラオケで歌う場合はボイチェン必須、というかボイチェン機能無しで歌うのは相当に無理がある。

関連項目

Metal Gear Solid Peace Walker…あるボスを倒した際、この歌がながれる。

関連記事

親記事

ザ・フォーク・クルセダーズ ざふぉーくくるせだーず

pixivに投稿された作品 pixivで「帰ってきたヨッパライ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26

コメント