ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

フォークソング

「フォークソング」は英語で民謡民俗音楽を意味し、派生したポピュラー音楽も含めて呼ばれる。

イギリスではイングランドやアイルランドの伝承歌、アメリカではヨーロッパからの移民が伝えた歌に起源を持ち、1950年代にルーツへの回帰が行われた結果、民衆の間に親しまれてきたこれらの曲に脚光が当たった。

また、民謡で歌われる生活苦などをテーマにオリジナル曲を作る歌手も現れ、主にフォークギターを中心とした編成や弾き語りで演奏された。


主なイギリスのフォーク歌手orグループ

チューダー・ロッジ

メロウキャンドル

スティーライ・スパン

ドノヴァン

チーフタンズ

ロイ・ハーパー

フェアポート・コンヴェンションリチャード・トンプソンサイモン・ニコル

ペンタングルジョン・レンボーンバート・ヤンシュ

サンディ・デニー

アル・スチュワート

キャット・スティーヴンス

デヴィッド・ボウイ

マイク・オールドフィールド


主なアメリカのフォーク歌手orグループ

ウディ・ガスリー

ニュー・クリスティ・ミンストレルズ

ウィーバーズリー・ヘイズピート・シーガー

ジャック・エリオット

キングストン・トリオ

ブラザース・フォー

ピーター・ポール&マリー

モダン・フォーク・カルテット

ジョーン・バエズ

ボブ・ディラン

バッファロー・スプリングフィールドスティーヴン・スティルスニール・ヤング

バーズジーン・クラークロジャー・マッギンデヴィッド・クロスビー

CSN&Yデヴィッド・クロスビースティーヴン・スティルスグラハム・ナッシュニール・ヤング

ジョニ・ミッチェル

ジャニス・イアン

キャロル・キング

サイモン&ガーファンクルポール・サイモンアート・ガーファンクル

ジム・クロウチ

ママス&パパス

ラヴィン・スプーンフル


その他

ウェラーマン


日本のフォークソング

日本ではアメリカのフォーク・シーンに影響を受け、演歌歌謡曲と融合して独自の発展を遂げ、1960年代後期から1970年代初頭に一世を風靡した。団塊の世代から絶大な支持を受け、学生運動など当時の世相を反映した歌詞も多い。


当時の人気グループや歌手は既に解散したり、引退したり、タレントになったりしている場合が多いが、往年のスタイルを保ったまま活動している人もいる。


1990年代末期から2000年代ネオフォークとして再度ブームとなり、ガレージロックパンクを取り入れたスタイルで、1970年代生まれの世代のミュージシャンがヒット曲を出した。


「エヴァンゲリヲン新劇場版」では日本のフォークソングの有名曲を演出として使用した。


主な日本のフォーク歌手orグループ

マイク眞木

五つの赤い風船

高石友也

小室等

森山良子

ビリー・バンバン

バンバンばんばひろふみ

すぎもとまさと

井上陽水アンドレ・カンドレ

あがた森魚

ザ・フォーク・クルセダーズ加藤和彦北山修はしだのりひこ

岡林信康

海援隊武田鉄矢

かぐや姫南こうせつ山田パンダ伊勢正三

アリス堀内孝雄矢沢透谷村新司

赤い鳥紙ふうせんハイ・ファイ・セット

ガロ

なぎら健壱

山本コウタロー

泉谷しげる

村下孝蔵

オフコース(前期)→小田和正

イルカ

吉田拓郎

さとう宗幸

吉幾三


たま(バンド)...活動スタイル、デビュー時期、音楽性とも日本のフォークバンドとしては異端であり、「ナゴム系」「イカ天系」の文脈で語られフォークの括りには入れられない事も多い。


ネオフォーク

ゆず(ミュージシャン)

コブクロ

19(ジューク)岩瀬敬吾岡平健治

森山直太朗


知名度の高い曲

遠い世界に 学生街の喫茶店 また君に恋してる 神田川 今日の日はさようなら 翼をください なごり雪 夏色


関連タグ

音楽 哀愁

関連記事

親記事

音楽ジャンルの一覧 おんがくじゃんるのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16284

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました