ピクシブ百科事典

吉田拓郎

よしだたくろう

吉田拓郎とは、日本のシンガーソングライターである。

概要

1946年4月5日、鹿児島県に生まれ、広島県で育つ。

ビートルズボブ・ディランに憧れてミュージシャンを目指し、1970年にエレックレコードに契約社員として入社し、アルバム「古い船をいま動かせるのは古い水夫じゃないだろう」でデビュー。
当時フォークソングは世相を風刺したプロテストソングが主流で、自身の生き方や恋愛体験などをテーマにした彼の歌は従来のフォークファンからは“大衆に迎合して軟弱な歌を歌っている”“商業主義”“裏切り者”“堕落した”などと批判され、ジョイントコンサートなどの会場では激しい帰れコールを浴びることも多かった。
1972年CBSソニーに移籍、4枚目のシングル「結婚しようよ」がヒットし、女性ファンが増える中、六文銭のメンバーである四角佳子と結婚。続く5枚目のシングル「旅の宿」が初のオリコンチャート1位になるが、この頃テレビ出演中に布施明と喧嘩になり、テレビ出演拒否を表明する。
1973年、小室等、柳田ヒロ、チト河内、後藤次利と新六文銭を結成するが、女子大生から暴行されたと訴えられ逮捕される。すぐに冤罪とわかり釈放され、翌日堂々とライブのステージに立つと、それまで必ずあった帰れコールが消える。
1975年、小室、井上陽水泉谷しげるとともに、アーティストの手になる初めてのレコード会社であるフォーライフ・レコードを設立。小室が初代社長に就任。TBS単発ドラマ「なつかしき海の歌」に出演し、テレビ出演拒否を解く。四角と離婚。
1977年、フォーライフの2代目社長に就任。浅田美代子と再婚。
1982年、フォーライフの社長を退任。
1983年、浅田と離婚。
1986年、森下愛子と再婚。
1996年、バラエティ番組「LOVE LOVEあいしてる」でKinKiKidsと共演し、それまでの近寄りがたいイメージを払拭させる。

関連タグ

邦楽

関連記事

親記事

シンガーソングライター しんがーそんぐらいたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吉田拓郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 95425

コメント