ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

KinKiKids

きんききっず

KinKi Kidsとは、ジャニーズ事務所(現SMILE-UP)所属の堂本光一と堂本剛の2人からなる男性アイドルデュオである。
目次 [非表示]

メンバー

2人とも同じ1979年生まれだが、学年(学齢)としては光一の方が剛よりも1つ上になる。2人の姓は同じ「堂本」だが、本当に偶然一致しただけで縁戚関係はなく、全くの他人である。

またKinKi Kidsの表記は「K」は全て大文字である


概要

CDデビュー前

1991年5月5日、それぞれ姉が送った履歴書がきっかけで光GENJIのコンサート会場横浜アリーナで2人は出会う。同時に事務所入りした後、同じ苗字ということで当初から揃って活動することが多かった。

事務所入所後、光GENJIやSMAPのバックで活動していた。正式なグループ名が決まる前までは、「ジャニーズ関西組」、「堂本ブラザーズ」、「W堂本」など様々な呼び名が使われていた。


1992年12月31日放送の『第43回紅白歌合戦』でSMAPのバックダンサーとして出演した際、2人で「KANZAI BOYA(カンサイボーヤ)」という名前で紹介される。名付け親のジャニー社長は「カンサイのサのSをZにするのがかっこいいんだよ」といったらしい。

その後、『キスした?SMAP』第1回目の放送(1993年4月4日)にて、正式に「KinKi Kids」というグループ名に改名された。

グループ名についてのちに彼らは「入り口がダセェから(KinKi Kidsが)かっこよく思えるだけで、入り口がKinKi KIdsだったら、ダセェ」「俺ら終わったな」と語っている。


記念すべき初の単独ライブは1994年12月31日に日本武道館で行われた。


CDデビュー

1997年5月にジャニーズ事務所がレコード会社「ジャニーズ・エンタテイメント」を設立し、その第1弾アーティストとしてKinKi Kidsがデビューすることが決定。

1997年7月21日に、シングル「硝子の少年」・アルバム「A album」で同時CDデビューを果たす。共にオリコン初登場1位を獲得し、「硝子の少年」は178万枚売り上げ、ミリオンセラーを達成している。

シングル連続首位記録

デビュー以降に発売したシングルは現在まですべてオリコンの週間ランキングで初登場1位を記録。

「硝子の少年」、「愛されるより 愛したい」、「全部抱きしめたい/青の時代」、「フラワー」のシングル4作とはミリオンセラーを達成している。

2023年現在、45作連続でオリコンシングルチャート初登場第1位を継続中。

これは、ギネスブックにも記されている。


CDデビュー後

1997年、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災へのチャリティー活動として当時デビューしていたTOKIOV6と共に期間限定ユニット『J-FRIENDS』を結成することを発表。震災発生当時の小学校1年生が義務教育を終える2003年3月まで活動した。


1998年12月30日。初となる東京ドームでの単独ライブを開催。

これ以降、年末年始の東京ドームライブはジャニーズ事務所所属のタレントが行うのが通例となっている。下記カウントダウンライブのステージも同所で単独ライブを行うアーティストのセットを流用している。

また、『J-FRIENDS』として1998年12月31日、東京ドームでカウントダウンライブを行う。これが現在まで続く『ジャニーズカウントダウンライブ』の原点となっている。


2008年12月31日京セラドーム大阪にてジャニーズ事務所所属グループでは初となる単独カウントダウンライブ『KinKi Kids CountDown Concert 2008-2009 in KinKi』を開催。

当時、開催されていたライブツアー『キンキキッズ 緊急全国ツアー KinKi you コンサート』とは異なる衣装・演出にてデビューシングル「硝子の少年」から当時の最新シングル「約束」までの全シングル28曲を順番に演奏するという形で行われた。

同所ではその後も2017年12月31日・2019年12月31日と現在までに計3回単独カウントダウンライブを開催している(2016年2022年は下記、紅白歌合戦への出演があったため1月1日~2日の公演となっている)。


紅白歌合戦

CDデビュー前からバックダンサーやゲスト的な役割で出演したことはあったが、毎年年末にカウントダウンライブを行っていたこともあり、CDデビュー後の出演は1999年『第50回NHK紅白歌合戦』にて特別枠として出場する程度に留まっていた。

正式に初出場を果たしたのは2016年『第67回NHK紅白歌合戦』でデビュー曲「硝子の少年」を歌唱した。

デビュー25周年を迎えた2022年『第73回NHK紅白歌合戦』に6年ぶり2度目の出場。「硝子の少年」、「Amazing Love」を歌唱した。


YouTube公式チャンネル

2022年7月17日、ライブツアー『24451〜君と僕の声〜』のMCにて、「YouTube公式チャンネル」の開設を発表。初回は2022年7月20日23時50分から約25分間、単独アーティストによる最多の60回(当時)公演を行っていた東京ドームの客席から生配信を行い、CDデビュー25周年となる7月21日を視聴していたファンとともに祝った。

主に歴代シングル楽曲のPVと「-YouTube Original Live-」と題し、このチャンネルのためだけに撮影された楽曲のライブ映像を投稿している。


作詞、作曲について

LOVELOVEあいしてる』では、吉田拓郎坂崎幸之助THEALFEE)の指導の下ギター演奏に取り組み、また番組内で多くのミュージシャンとの親交を深めるなどその後の自身の音楽活動に大きな影響を与えた。シングル『好きになってく 愛してく』では日本のアイドルグループとしては初となる自らの作詞・作曲による楽曲でのオリコンランキング1位を獲得した。


これまでメンバーが作詞・作曲をした楽曲は下記の通り。(メンバーが関わった部分を太字にしてます)

楽曲名作詞作曲編曲収録CD(初出)
「まけたらアカン」KinKi Kids小森田実CHOKKAKU未CD化
「好きになってく 愛してく」堂本剛堂本光一武部聡志9thシングル「好きになってく 愛してく/KinKiのやる気まんまんソング」
愛のかたまり堂本剛堂本光一吉田建13thシングル「Hey! みんな元気かい?」カップリング
「solitude~真実のサヨナラ~」K.Dino(リンク先ネタバレ注意)K.Dinoha-j15thシングル「solitude~真実のサヨナラ~」
「5×9=63」KANZAI BOYA REDKANZAI BOYA BLUE知野芳彦15thシングル「solitude~真実のサヨナラ~」初回盤カップリング
「恋涙」堂本剛堂本光一石塚知生8thアルバム「H album-H・A・N・D-」
「futari」堂本光一堂本剛吉田建9thアルバム「I album -iD-」
「Music of Life」堂本光一堂本剛吉田建(オリジナル・アレンジ 堂本ブラザーズバンド)1stベスト・アルバム「39」
銀色 暗号堂本剛堂本光一吉田建10thアルバム「Φ」
「Family ~ひとつになること」堂本剛堂本光一吉田建30thシングル「Family ~ひとつになること」
「Tears」堂本光一堂本剛石塚知生30thシングル「Family ~ひとつになること」初回盤カップリング
「me ~地球のいろ」堂本剛堂本光一家原正樹30thシングル「Family ~ひとつになること」通常盤カップリング
「Topaz Love」堂本剛堂本光一堂島孝平39thシングル「Topaz Love/DESTINY」
Amazing LoveKinKi Kids山下達郎山下達郎45thシングル「Amazing Love」
「HEART」KinKi KidsKinKi Kids斉藤伸也(ONIGAWARA)/Gakushi45thシングル「Amazing Love」
「Sayonara あいしてる」吉田拓郎KinKi Kids武部聡志&LLAS未CD化
「The Story of Us」KinKi KidsKinKi Kids36382046thシングル「The Story of Us」

ライブについて

KinKi Kidsのライブは他のジャニーズグループやアイドルのライブと比べて以下のような特色がある。



2004年のライブツアー『KinKi Kids DOME TOUR 2004-2005 〜font de Anniversary.〜』からフルバンド、ストリングスをバックに携えての生演奏となっている。

バンドマスターはベースの吉田建が担当。


  • 基本的にメインステージでのパフォーマンス

上記のように生演奏をバックに歌を聴かせることに特化しているため、メインステージから動くことはほとんどなく、ムービングステージ、トロッコ花道の演出は他のグループと比べると少なめ(全くないわけではない)。


初期の頃は他のジャニーズグループ同様に後輩の「ジャニーズjr.」をバックに携えていたが、ダンスのレベルも高くなっていったため現在はプロのダンサーを携えている。女性ダンサーと絡む演出もある

かつては「Musical Academy」(屋良朝幸、町田慎吾、米花剛史、秋山純)、「They武道」、「ふぉ〜ゆ〜」がKinKi専属のジャニーズダンサーとして同行していたこともあった。


  • MC(トーク)が長い

とにかくMCが長いことで有名で、MCタイムに入ると観客に座ることを促す。時には1時間を超えることもある。ファンもMCを楽しみにしてるほどで曲に戻ろうとすると「えー」、「もうちょっと喋ってよ」等のブーイングが木霊する。


MCはどうでもいい生産性のない内容をネタにして喋るのもお約束。本人たち曰く「リビングで話す内容」、「ドームという晴れ舞台で喋る内容ではない」とのこと。

基本的に楽屋は2人とも別々で、内容に関しては事前に打ち合わせ等はしておらずその場のノリで決めているとのこと。


コンサート中に起きた何かしらのハプニングをネタにすることも恒例(「やめないで,PURE」での渋滞事件『KinKi Kids 2015-2016 Concert』、「The Story of Us」での這いつくばり事件『KinKi Kids Concert 2022-2023 24451〜The Story of Us〜』等)。

参考動画


2019年の『KinKi Kids Concert Tour 2019-2020 ThanKs 2 YOU』では「先日行われました東京ドーム公演にてMCが大変盛り上がり当初予定していた時間を上回ったため、12月31日大阪公演(カウントダウンライブ)の開場・開演時間を15分早めさせていただくことといたしました(原文ママ)」というエピソードがあった。


  • 1月1日のコンサートでは光一の誕生日祝いがある

ほぼ毎年1月1日に公演があるのが通例で同日誕生日でもある光一をステージでお祝いする。

この時、剛が誕生日プレゼントを用意(このプレゼントは毎年奇抜な物となっている)、ステージ上にバースデーケーキが登場する。


ソロ活動

グループ活動と平行しそれぞれソロ活動を行っている。光一は『SHOCK』シリーズなどで舞台でのミュージカル俳優として、剛は自ら作詞・作曲を行うシンガーソングライターとして活動している。


その他

基本明るい内容の曲が多いジャニーズでも曲調・歌詞の内容共に暗めな曲が多く、デビュー曲の「硝子の少年」からして失恋ソングと他のジャニーズグループとも一線を画している。

楽曲提供をした山下達郎からも「暗い曲の方が似合う歌声」だと言われており、本人たちも認めている模様。

特に「夏の王様」に関しては「明るい曲調なので無理して歌ってるように見えるのが嫌(タイアップのドラマが剛の役が最後交通事故死する内容なせいなのもある)」という理由のみならず、持ち歌の中でもキーが超高くて歌いづらいがためにライブでも本人たちが意図的に避けている話は有名。


現在、1990年代から活動するジャニーズの2人以上のデュオ及びグループでは唯一、解散、メンバーの脱退、病気や怪我を除いた活動休止を経験しないまま存続している。

2024年3月には堂本剛が退所予定だが、解散はせずにチームは存続する意向である。


関連タグ

ジャニーズ事務所 アイドル 俳優 歌手

KinKi 堂本光一 堂本剛

LOVELOVEあいしてる 堂本兄弟 KinKiKidsのブンブブーン

関連記事

親記事

ジャニーズ事務所 じゃにーずじむしょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2396242

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました