ピクシブ百科事典

小田和正

おだかずまさ

日本を代表する男性シンガーソングライターの一人。元「オフコース」のメンバー。
目次[非表示]

曖昧さ回避

漫画「キャプテン翼」のキャラクター「小田和正」については、キャプテン翼中学生編などをご参照ください。

概要

1947年9月20日、神奈川県生まれ。A型。
実家は「小田薬局」という薬局で、実兄は薬剤師である。
東北大学工学部建築学科卒、早稲田大学 大学院理工学研究科修了。
1970年代から現在に至るまで、安定してヒットを飛ばし続けては記録を伸ばす、日本を代表する大物ミュージシャンの一人。

栄光学園在学中の高校3年生のころ、友人とバンドを組み学園祭のステージに立つ。大学進学後も音楽活動を続け、学園祭のバンドメンバーと「オフコース(当初はジ・オフコース)」を結成。
1969年に「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」フォーク部門に出場。この年は赤い鳥、フォー・シンガーズ(財津和夫が所属していた)など実力派のバンドが多数出場しており、オフコースも相当の練習を重ねて出場したが、惜しくも2位の成績に終わる(小田本人は最優秀歌唱賞を受賞する)。
本来なら優勝して音楽活動にけじめをつけるつもりだったが、「このままでは終われない」と、本格的に音楽の道に進むこととなる。

1970年にレコードデビュー。デビュー後しばらくはそれほど注目されていなかったが、70年代半ばから80年代にかけてヒットを連発し、一躍人気グループとなる。
82年に小学生の頃からの友人でオリジナルメンバーでもある鈴木康博の脱退を受け、一度は解散も考えるが、4人体制で89年まで活動を続けた。

オフコースの解散後はソロ活動を本格的に開始。オフコース時代とは違い、小田のボーカルを生かしたストレートな歌詞で、ラブソングも数多く歌っている。
1991年に『東京ラブストーリー』の主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』が大ヒット。その後もドラマやCMに楽曲が多数使われ、高い評価を得る。
2001年の「LOOKING BACK2」以降から本格的に記録更新などが話題になりはじめた。
還暦を迎えた後も、精力的に活動を続けている。

音楽活動以外では1992年に映画監督として『いつか どこかで』を手がける。興行成績は芳しくなかったが、この時の経験をもとに、97年に監督2作目『緑の街』を発表する。『緑の街』は「歌手の主人公が映画製作を志し、さまざまな問題を乗り越えながらなんとか映画を完成させる」というストーリーであった。
また、2001年からTBS系列で毎年クリスマス前後に放映される『クリスマスの約束』という音楽番組を始める。これは、『うたばん』出演の依頼を辞退した時、小田の出演を諦めきれなかったスタッフから「全く新しい形の音楽番組を作りたい」と話を持ちかけられ、スタートしたプロジェクトである。
番組では小田が声をかけたミュージシャンがゲストとして呼ばれ、ライブ形式で収録されている。

声の特徴

繊細な澄んだ声質で、音域が広く、女性のような高音もファルセット(裏声)なしに歌うことができる。そのためオフコース時代は「バンド内に女性ボーカルがいる」と思われることもあった。
本人は「声変わり(変声期)がきたという記憶がない」と発言したことがある。

2002年の「ワンダフル」内で組まれた特集では、彼の声を専門家に検証してもらったところ「声変わりをしていないなど有り得ない」という回答があった。
また、2005年のコンサートのMCで、本人も「医者に尋ねたところ、声変わりをしていないということはあり得ないと言われた」とコメントしている。

ただし、普段の話し声などは比較的低く、実際には声変わりが来ていないのではなく、「声変わりをしたが、元の声域がそのまま使えたため気がつかなかった」という見解がある。

ビブラートなどをあまり使わず、声質を生かしたフラットな歌唱法や、正確な音程、安定した声量なども、高音の美しさと合わせて非常に魅力的であると評価されている。

人物

既婚者。ただし、家族のことはあまり語ることはない。

テレビというメディアに不信感を抱いており、一部を除いてテレビに出演することはない。紅白歌合戦についても「大いなる偏見を持っている」と冗談交じりに語っている。

MCや『クリスマスの約束』などでは、べらんめぇ口調で、楽曲や歌声のイメージとは異なる毒舌家の一面が窺える。ただし、若手のミュージシャンとも気さくに話し、頑固だが正直者の江戸っ子気質と受け取れるようなところもある。

多くの著名人がファンであることを公言しており、意外なところではL'Arc~en~Cielhydeなどもその一人である。

コンサートではオフコース時代の曲もよくカバーするが、ソロデビュー後の音楽的路線の変化もあって一部のファンからの不評もあった。

ニューミュージックフォークソング嫌いを公言するタモリとは確執が噂されていた。実際『笑っていいとも』に出演した際にはお互い口数も少なく、牽制し合うような雰囲気であった。しかし、それほど仲が悪いというわけではなかったようで、2012年に放送された同番組では、この時の映像を振り返りながらタモリが「あれは気まずかった」と苦笑しており、小田側からも映像使用が了承されたことからもそれが窺える。
2015年のフジテレビアナウンサー生野陽子・中村光宏の結婚式では、初めて公の場で2人が握手を交わし、「和解」と大きく報道された。

ババアすげえ
2008年の『クリスマスの約束』にある偶然が起こった。

VTR内で通りすがりの女性と話す小田氏。
話が終わり、分かれた後「ババアすげえ」とやはりいつも通りの毒舌を言い放つ。
そして、一旦CMに突入する訳だが…


その「ババアすげえ」直後に流れたのは何と細木数子のCMだった。
もちろん小田氏が言い放った対象は通りすがりの女性であり、細木数子ではない。
だが、「ババアすげえ」発言直後に細木数子の顔がいきなりドンと現れたために、小田氏が細木氏をけなしてるように見えお茶の間の大爆笑を誘う結果となった。

よりによって相手が相手なのもまた…

関連タグ

言葉にできない

関連記事

親記事

シンガーソングライター しんがーそんぐらいたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小田和正」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62931

コメント