ピクシブ百科事典

キャプテン翼

きゃぷてんつばさ

1981年より「週刊少年ジャンプ」で連載された、高橋陽一によるサッカー漫画。及びそれを原作としたアニメ・ゲーム・小説など各種メディア作品の総称。
目次[非表示]

概要

1981年より『週刊少年ジャンプ』で連載が始まった高橋陽一によるサッカー漫画。
1983年放送開始のTVアニメとの相乗効果から、世界的な大ヒット作となった。
Jリーグすらまだ存在しておらず、野球全盛だった1980年代ジャパンにおいて空前なサッカーブームを巻き起こし、ジャパンのサッカー人口と人気を飛躍的に向上させた最大な功労者と位置づけられるタイトルである。
本作の影響でサッカーを始めたというプロ選手も多く、海外選手の中にもファンを公言するものも少なくない。その代表格がリオネル・メッシクリスティアーノ・ロナウドである。

小学生編、中学生編、ジュニアユース編からなる連載(いわゆる無印)は1988年完結
1993年より続編となる『ワールドユース編』の連載が始まり、現在も最新作『キャプテン翼 ライジングサン』が「グランドジャンプ」にて連載中。
連載開始当初は小学生だった大空翼たちも成人し、現在はプロ選手として活躍中。
続編については翼が突出して強くなりすぎた、旧作キャラの空気化やかませ犬化が深刻といった状況を嘆くファンは多く、賛否両論である。

物語と特徴

サッカーが大好きで「ボールは友達」が信条の主人公・大空翼の活躍を描く成長物語である。翼の父親は外航船の船長であり、元ブラジル代表の日系人ロベルト本郷が翼の師匠となることから物語が始まる。
中学生になると、ブラジル行きを夢見る翼が家庭教師ポルトガル語を学んでいる姿が描かれ、翼の生涯の盟友となる若林源三ドイツに、岬太郎フランスにそれぞれ留学するなど、連載初期からワールドワイドな世界観が描かれている。また岬の父親は世界中を渡り歩く画家であり、各国の町並みやその国・地域の言語などの描写も多い。

必殺技

翼のオーバーヘッドキックドライブシュート日向小次郎タイガーショットなど多数の必殺シュートが生み出され話題となったが、特にトリッキーな空中技を得意とする立花兄弟の「スカイラブハリケーン」は絶大な視覚的インパクトからマネをする少年たちが続出した。※とても危険であったため禁止令が出た学校もあった。

絵柄

ネットではしばしばキャラクターのありえない頭身がネタにされるが、実際ありえない頭身をしている。しかし連載初期(無印)はごく普通の頭身で描かれているため、高橋陽一がなぜ今のようなありえない頭身にこだわり続けるようになったのかをとする声も多い。

サッカー漫画だけに登場キャラクターは非常に多いが、キャラの描き分けが甘いため、ファン以外が一見するとキャラの区別がつかないということはよくある。特に岬と三杉と松山の区別が瞬時につかないケースは多い。

ゲーム

FCで出ていたテクモゲーム版は、キャラクターものとしては非常に出来がよく、特にガッツ(必殺技を出す際のパワー)が足りない時の「く! ガッツがたりない!」はいまなおネタとして使われる事があるほど、当時のゲーム少年たちの心に刻み付けられている。
余談ながら、このゲーム版では選手がバンバン必殺シュートに吹き飛ばされ、必殺シュートでゴールしたボールはしばしばネットを突き破ったりと豪快な演出のバーゲンセール状態であった(両者とも原作では数えるほどしかやってない演出である)

なお初期のゲームの完成度があまりに高いのと、続編「ワールドユース編」以降から原作の迷走が始まったのも手伝ってテクモ版が正史と断言するファンもかなり多い。

二次創作

日本における同人誌の歴史を語るうえでも外すことができないタイトルの一つ。
1980年代にコミケを席巻した。この作品から派生した二次創作のムーブメントにより、「やおい」の道に堕ちていった腐女子の数は計り知れない。

登場キャラクター

※声優については基本的に、メディアを問わず担当した順番に記載。

南葛中学校


大友中学校

その他

東邦学園中等部(東京)

ふらの中学校(北海道)

明和東中学校(埼玉)

武蔵中学校(東京)

花輪中学校(秋田)

難波中学校(大阪)

東第一中学校(大阪府豊能郡)

南宇和中学校(愛媛)

比良戸中学校(長崎)

リアルジャパン11

その他

タイ

ウズベキスタン

サウジアラビア

中国

韓国

オーストラリア

ナイジェリア

セネガル

カメルーン

メキシコ

アメリカ合衆国

ウルグアイ

アルゼンチン

ブラジル

ドイツ(西ドイツ)

フランス

イタリア

イングランド

オランダ

スウェーデン

ポルトガル

スペイン

デンマーク

オーストリア

国籍不明選手

コーチ・サポーター・その他

TVアニメ

昭和版が1983年10月1986年3月まで全128話。
『キャプテン翼J』が1994年10月から1995年12月まで全47話。
平成版が2001年10月から2002年10月まで全52話が放送された。

主題歌

昭和版
オープニングテーマ
「燃えてヒーロー」(1話 - 87話)
作詞 - 吉岡治 / 作曲 - 内木弘 / 編曲 - 飛沢宏元 / 歌 - 沖田浩之、小粥よう子
「燃えてヒーロー」(88話 - 最終話)
編曲 - 鷺巣詩郎 / 歌 - 竹本孝之

エンディングテーマ
「冬のライオン」(1話 - 49話)
作詞 - 吉岡治 / 作曲 - 馬場孝幸 / 編曲 - 飛沢宏元 / 歌 - 沖田浩之
「翼よ走れ! -キャプテン翼応援歌-」(50話 - 110話)
作詞・作曲 - 内木弘 / 編曲 - 高見弘 / 歌 - キャプテン翼応援団(あねご他)
「明日に向かってシュート」(111話 - 最終話)
作詞 - 吉岡治 / 作曲 - 内木弘 / 編曲 - 飛沢宏元 / 歌 - 小粥よう子

キャプテン翼J
オープニングテーマ
「Fighting!」
作詞・作曲 - FACE FREE(宮路一昭、渡辺学) / 編曲 - 大阪哲也 / 歌 - FACE FREE(渡辺学)

エンディングテーマ
「男だろっ!」
作詞 - 及川眠子 / 作曲 - 高橋一路 / 編曲 - 矢賀部竜成 / 歌 - 山崎亜弥子

平成版
オープニングテーマ
「Dragon Screamer」
作詞 - m.c.A・T / YUKINARI / 作曲・編曲 - 富樫明生 / 歌 - DA PUMP
「Our Relation」
歌 - 今井絵理子

エンディングテーマ
「Feel so right」
作詞 - 海老根祐子 / 作曲 - Charlie King / Ari Lehtonen George Cole / 編曲 - Cobra Endo / 歌 - MAX
「勝」
作詞 - 山中鹿之介 / 作曲 - D・A・I / 編曲 - TOUL SOUL BROTHERS / 歌 - ロンドンブーツ1号2号
「Keep on going」
作詞 - 海老根祐子 / 作曲 - 安藤高弘 / 編曲 - 近藤昭雄 / 歌 - 榎本温子
「BREAK OFF!!」
歌 - DASEIN

関連イラスト

今年もよろしくお願いします。
ドイツ応援イラスト


イナズマイレブン x キャプテン翼
(=゚ω゚)(=゚ω゚)



関連タグ

少年ジャンプ ジャンプ ジャンプ黄金期 高橋陽一
C翼 キャプ翼 頭身がすごいシリーズ テクモ

pixivに投稿された作品 pixivで「キャプテン翼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2964314

コメント