ピクシブ百科事典

岬太郎

みさきたろう

「キャプテン翼」の登場人物。フィールドアーティスト。
目次[非表示]

キャプテン翼」関連作品の登場人物。無印1巻から登場する黄金世代最古参の一人。
ポジションはMF。主な背番号は11番。
異名は「フィールドアーティスト」「フィールドの芸術家」。
主人公大空翼の盟友で、シリーズ全編を通して「もう一人の主人公」にあたるキャラクターとなっている。苦労パート担当。

概要

声優山田栄子(初代)、小林優子(J少年期)、結城比呂(J青年期)、雪乃五月(2001年版少年期)、鳥海浩輔(2001年版青年期)

温厚で優しい性格上、サポート役やら引き立て役に徹する事が多いが、作中屈指の実力者である。
父親が放浪の画家であることから、小学校だけでも50回以上転校するなど全国を転々としており、転校届けも自分で出しに行くというプロ転校生である。
このため所属チームも転々としているが、明和FCでは日向小次郎と、ふらの小サッカー部では松山光と、難波FCでは中西太一とコンビを組むなど、どのようなタイプの選手とでもすぐにコンビプレーができる抜群のセンスとテクニックを持っている。
南葛小に転校後に大空翼と出会い、南葛SCからのちの日本代表に至るまで「黄金コンビ(ゴールデンコンビ)」と呼ばれる名コンビとなる。
作品を代表する必殺シュートのひとつ「ツインシュート」は小学生編で誕生した。
※当時の子供たちにものすごくマネされたが、タイミング合わなくて骨折したのもいるので今の子供たちはマネしてはいけない。

明るく純粋で、誰に対しても裏表のない性格だが、両親が離婚した経緯から、父親の前では母親の話をしないなど、大人びた面も持っている。
その一方で試合の正念場などでは、闘志をむき出しにした激しい気性を見せることもある。

経歴

南葛小サッカー部 - 南葛SC - 西峰小サッカー部 - フランス日本人学校(所属クラブなし)- 南葛中 - 南葛高校 - ジュビロ磐田

出会ってすぐに翼とコンビを組み南葛SCの全国大会優勝に貢献したが、今度は父親がフランスへ渡ることになり共に渡仏した。中学生編ではパリ在住のため出番は殆どなかったが、続くジュニアユース編で日本代表入りし優勝を果たす。
その後父親が富士山を描くことになたっため日本帰国し南葛中学に転校。
こうして無印はめでたく完結した。…が「キャプテン翼」の裏主人公、岬太郎の長きにわたる苦難の物語がここからスタートするのである。

テクモ版では南葛高校のキャプテンとして2度の全国制覇を果たし再びフランスへ。ライバルエル・シド・ピエールと激闘…という読者の予想通りのサッカー人生を歩んでいたのだが、作者続編より唐突に岬にスランプ突入という試練を課す。このため原作では、岬率いる南葛高校は日向小次郎に3年間敗れ続けるというルートになっている。

プロ入りも進学も蹴って臨んだ「ワールドユース編」では、謎の交通事故でユース代表から離脱。地獄のリハビリを経て決勝には強行出場し、日本の優勝におおいに貢献したが、事故った脚をまた怪我した結果、スカウトのあったパリSGへの移籍を諦めることになった。
再び長期のリハビリを経て、ようやくフランスリーグに挑戦と思われた「ROAD TO 2002」では、先にJリーグで力を試すとしてジュビロ磐田に入団。
主要キャラが海外組となる中、国内での復帰となった。
「GOLDEN-23」ではトップ下をつとめ日本代表の中心として活躍。
「ライジングサン」では幼い頃からの夢であるオリンピック金メダル獲得を目指す。

岬太郎受難物語

交通事故から重ねて負った怪我のせいで「もう一度怪我をしたらもう二度とサッカーはできない」という、旧作における三杉淳のような肉体的ハンデを負ってフィールドに立ち続けねばならなくなってしまった。(三杉の心臓病は完治している)
長期リハビリのため海外組に遅れをとり、翼との差が広がっていくことに悩むなど、旧作の日向小次郎のような苦労パートも、何だか全部この人が背負うことになってしまった。(日向は美人の彼女もできて順調に海外挑戦中)
焦りからか、この人らしくなく迷走するなどの描写も見られたが、短編「GOLDEN DREAM」や作者のコメントを読むと、一直線にスター街道を驀進する翼との対比として「遠回りするサッカー人生を歩みながら成長する」相方キャラ、という位置付けとなっている様子である。

「永遠のアイドル」

境遇やアクシデントの結果として作中では不遇ではあるものの、読者からの好感度は一貫して非常に高い。
公式の人気投票では、出番の無かった中学生編でも1位になっており、25周年記念の日本代表選抜人気投票でも1位になっている。この安定した人気から「25th ANNIVERSARY」では作中でフィールドアーティストに加え「永遠のアイドル」と紹介されることになった。

優しく爽やか明るい性格から、作中でも誰とでも直ぐに打ち解けている(日向小次郎を登場時から平然と呼び捨てにしているのはこの人くらいのものであった。)

実在のサッカー選手からの人気も高く、内田篤人名波浩藤田俊哉らは「理想の選手」「目指した選手」「最高の選手」として、岬の名を挙げている。
ザンブロッタ曰くイタリアでも「岬が一番女の子にもてていた」らしい。
ブラジルで開催されたリオオリンピックの閉会式にも登場していた。
「ぼくは岬太郎」というスピンオフ単行本にもなっており、アニメ化もされている。

関連イラスト

無題
岬太郎



関連タグ

キャプテン翼 大空翼 ゴールデンコンビ

pixivに投稿された作品 pixivで「岬太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74885

コメント