ピクシブ百科事典

オリンピック

おりんぴっく

世界的なスポーツの大会。
目次[非表示]

概要

古代ギリシャオリンピア競技会の名前を冠した世界的なスポーツ大会である。古代に行われていたその競技会を、フランスの教育者ピエール・ド・クーベルタンが「スポーツ教育の振興を通じた平和への貢献」というオリンピズムを目的に掲げて復活させたものである(佐野慎輔「クーベルタンとオリンピック復興」)。このため、古代の競技会と区別する為に近代オリンピックとも呼ぶ。また、シンボルマークから五輪という通称もある。

大会公用語として、第1公用語はフランス語。第2公用語に英語を基本とし、
第3公用語として、開会式や閉会式には、開催国の公用語を用いることもある。

夏季オリンピックは、4年に1度。閏年に行われる。
冬季オリンピックは、夏季オリンピックの2年後に行われる。

開催場所の選考

開催都市は1回につき1都市と決められており、現在は2段階の選考となっている。まず各国内で立候補希望都市を絞り、国内オリンピック委員会を通じて IOC(国際オリンピック委員会) に立候補を申請し大会計画等を書類として提出、選考が行われる。この段階で落とされたり辞退する都市もある。2次選考はIOC委員による現地視察などが行われさらに詳細な開会計画を各都市が提出、最終選考は開催の7年前のIOC総会で1都市に過半数の票が集まるまで繰り返し投票、という形で決定され投票の前には各国招致団のプレゼンテーションが行われる。

経済効果

世界中からスポーツ関係者や報道陣、観戦客が大挙して押し寄せるとあって国際的には無名な都市であっても世界に知れ渡り、開催国には多大な経済的利益が発生する。
オリンピックの会場招致に各国が熱を上げる裏には、この恩恵を利用して自国の経済発展をもくろむ意図も多分に含まれているのだが、近年、後述する諸問題により立候補する都市が激減、2024年開催予定のオリンピックを争っていたパリとロサンゼルスを2024年・パリ、2028年・ロサンゼルスに振り分けることで急場をしのぐ形となっている。

それらの問題とは、たとえ開催国に決まったとしても、そこからの会場の施設やインフラ網の整備、治安の維持や国際化の対応など、開催国側にも相応の負担が発生し、これを如何に乗り切るかも主催国としての度量が試される場面である。
主催国は開催時期までに「問題を解決する」という前提で決定するため、失敗すると国際的な評価に大きな爪痕を残しかねない。

近年の失敗の例としては、2016年のブラジル・リオデジャネイロ大会があげられる。
ブラジルは南米の経済大国としてオリンピック招致に名乗りを上げたが、オリンピック開催前に経済が破綻、ギャングが跋扈する治安も悪化の一途をたどったことから、会場建設とインフラ整備が遅れに遅れ、一時は大会の返上も噂されるほどであった。
それでも、大会直前に準備を終え、大きな事件もなくオリンピック・パラリンピックも無事終了、大会は成功したかに思えた。
しかし、現在、オリンピック会場は見る影もないほど荒らされ、ブラジル政府が国民に約束したインフラ建設も滞り、国の赤字も拡大するなど、国際社会にオリンピックの負の遺産、悲惨な現実を見せつけることとなってしまった。

さらにもう一つの問題として、有力スポンサーが欧米の大手メディアであるため競技日程がアメリカのテレビ局の都合に合わせてそちらのゴールデンタイムに中継できるよう組まれ、現地では無理な時間に競技が開催されるため選手への負担が大きくなることが顕著になってきている。
平昌オリンピックではフィギュアスケート競技が現地の朝10時にされ、2020年東京オリンピックでも猛暑の8月の真昼にマラソン競技が行われる危険性が高まっている。

開催都市

太字は各回の記事あり)

夏季

1896年アテネ1900年パリ1904年セントルイス
1906年アテネ1908年ロンドン1912年ストックホルム
1920年アントワープ1924年パリ1928年アムステルダム
1932年ロサンゼルス1936年ベルリン1948年ロンドン
1952年ヘルシンキ1956年メルボルン1960年ローマ
1964年東京1968年メキシコシティ1972年ミュンヘン
1976年モントリオール1980年モスクワ1984年ロサンゼルス
1988年ソウル1992年バルセロナ1996年アトランタ
2000年シドニー2004年アテネ2008年北京
2012年ロンドン2016年リオデジャネイロ2020年東京
2024年パリ2028年ロサンゼルス2032年

※この他、1906年にアテネで行われた非公式の中間大会がある。
第一次世界大戦の影響で中止になったオリンピック‥1916年:ベルリン(ドイツ)
第二次世界大戦の影響で中止になったオリンピック‥1940年:東京(日本)→ヘルシンキ(フィンランド)、1944年:ロンドン(イギリス)

冬季

1924年シャモニー1928年サンモリッツ1932年レークプラシッド
1936年ガルミッシュ=パルテンキルヒェン1948年サンモリッツ1952年オスロ
1956年コルティーナ・ダンペッツォ1960年スコーバレー1964年インスブルック
1968年グルノーブル1972年札幌1976年インスブルック
1980年レークプラシッド1984年サラエボ1988年カルガリー
1992年アルベールビル1994年リレハンメル1998年長野
2002年ソルトレイクシティ2006年トリノ2010年バンクーバー
2014年ソチ2018年平昌2022年北京

※第二次世界大戦の影響で中止になったオリンピック‥1940年:札幌(日本)→サンモリッツ(スイス)→
ガルミッシュ=パルテンキルヒェン(ドイツ)、1944年:コルチナ・ダンペッツオ(イタリア)

オリンピックの歴史とオリンピズム

近代オリンピックの原型となった古代オリンピックは、紀元前776年にギリシャのエリス地方、オリンピア(オリンポス)の地で始まったとされる(日本体育大学『オリンピック基礎知識』)。この地はオリンポス山の名でも知られるゼウス神の聖地であり、オリンピア競技とは4年ごとに汎ギリシャで開催されたゼウス神に捧げる祭典としての競技会であったらしい。古代ギリシャは都市国家間の戦争が慢性化していたが、この祭典の期間は「エケケイリア(聖なる休戦)」と呼ばれる休戦が実施されたらしい。競技の精神は「カロカガティア」すなわち身体的にも道徳的にも称賛に値することで、競技会は商業化が進展するもその精神はキリスト教勢力の浸透によって競技会が廃絶するまで保たれた(以上『オリンピック基礎知識』参照)。

1852年、ドイツの考古学者がオリンピア遺跡を発掘し、古代の競技会への関心が高まった(日本オリンピック委員会「クーベルタンとオリンピズム」)。そんな時代に普仏戦争の敗戦で沈滞するフランスに育ったピエール・ド・クーベルタンは、諸国の視察を通じて教育改革におけるスポーツの重要性を痛感するようになった。彼は英国パブリックスクールで学生たちが積極的な上に紳士的にスポーツに取り組む姿に感銘を受け、また伝統と慣習から自由な米国の社会に古代ギリシャの理想を見た。そして1894年6月パリ万国博覧会にて開催されたスポーツ競技者連合会議にて、クーベルタンは古代オリンピックの復活を提案して満場一致で賛成を受けた。この会議で国際オリンピック委員会の初代委員が選任され、伝統に従い近代オリンピックも4年ごとの開催する事、第一回をギリシャで開催し、第二回以降は世界各国の都市で持ち回りとすることが決まった。

クーベルタンはオリンピズムというオリンピックのあるべき姿を提唱した。それは「スポーツを通じて心身を向上させ、文化や国籍の壁を越えてフェアプレーの精神で競い、友情と連帯を育むことで平和で良き世界の実現に貢献する事」である。また、英米選手団の対立を戒めた主教の言葉をクーベルタンが英政府主催晩餐会にて引用した「オリンピックで重要なのは勝つことではなく、参加することに意義がある」も著名である。クーベルタンは、オリンピックに参加する為に努力し自らを作り上げる事、オリンピックに参加して人と付き合いもって世界平和に貢献する事の重要性を説いている(以上「クーベルタンとオリンピズム」参照)。

オリンピックの政治利用

前節の通り、本来オリンピックでは「政治とスポーツは別」との考え方から、たとえ敵対関係であってもオリンピック期間中は政治的・軍事的対立を忘れることによって「スポーツによる平和な世界」を作ろうという崇高な理想があったのだが、現実はそれらの理想とかけ離れたものとなり、古くから政治利用されている。
たとえば、1936年に行われたベルリン・オリンピックではナチス・ドイツが主催した大会であることから極めて政治的なものとなり、記録映画として初めて製作され、各オリンピックの記録映画の手本となった名作「オリンピア」も、プロバガンダ映画としての一面が否定できない。

また、1980年に行われたモスクワ・オリンピックは、前年にソ連軍がアフガニスタンに侵攻したことによりアメリカがボイコット、日本や西ドイツ、韓国もこれに続いた。
このボイコットは次に行われたロサンゼルス・オリンピック(1984年)にも影響を与え、ソ連を中心とする東側諸国は報復としてこの大会をボイコットした。

日本オリンピック委員会(JOC)はこれらの紆余曲折を経てなお継続するオリンピックをクーベルタンのオリンピズムへの国境を越えた共感の現れと捉え、JOCの使命をオリンピック理念の具現化と継承にあるとしている(日本オリンピック委員会「クーベルタンとオリンピズム」)。

別名・表記揺れ

五輪

関連タグ

スポーツ アスリート 運動会
パラリンピック オリンピア祭
メダル 万国旗 表彰台
日本代表 がんばれ日本

出典

日本体育大学オリンピックスポーツ文化研究所『オリンピック基礎知識』2018.02.20閲覧
公益財団法人日本オリンピック委員会「クーベルタンとオリンピズム」2018.02.20閲覧
佐野慎輔「クーベルタンとオリンピック復興」公益財団法人笹川スポーツ財団『エッセイ「スポーツの歴史」』2018.02.20閲覧

pixivに投稿された作品 pixivで「オリンピック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2372877

コメント