ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

イップス

いっぷす

「イップス」とは、スポーツなど特定の場面で体が不自然に緊張し、思い通りのプレーができなくなること。
目次 [非表示]

概要

イップス」(Yips)とは、例えばゴルフの試合でボールを打つためにクラブを振るような集中するべき場面のとき、緊張のためうまく体が動かせなくなって動作に支障をきたし、自分の思い通りのプレーができなくなることである。

イップスにより競技スタイルの変更や競技のそのものの転向、重度の場合引退にまで至ることも少なくない。


長らくプレッシャーや不安など精神的な問題、心理的な捉え方の問題のみが原因と考えられていたが、近年では過剰な反復練習やトレーニング方法の誤りなどで特定の部位を酷使することで起こる局所性ジストニア(もしくは職業性ジストニア)がその可能性の一つにあると見られている。

治療法は現在でも開発中の段階にあり、さまざまな医療機関や教育機関で研究が行われている。


1930年ごろに活躍したプロゴルファー、トミー・アーマーが、1967年に発表した著書『ABCゴルフ』で提唱したのが始まりとされる。「イップス」はアメリカ英語における「うわっ」「きゃーっ」などの、驚きや恐怖を表す感嘆詞(もしくは、犬がキャンキャン吠える様子)に由来し、思わず声を出してしまう、失神してしまいそうになる、というような強い緊張感を表した語と言える。

アーマーはイップスが原因で競技を引退せざるを得なかったという経緯があり、弱いパットしか打てなくなったり、逆に力が入りすぎて的外れな位置に飛ぶ強いパットばかり打ってしまったりといった症状があったという。


ゴルファーの間で広く知られていたが、実際にはテニスフットボールクリケット野球サッカー卓球など、あらゆるスポーツ選手に起こっている。

「イップス」という言葉が知られるより前に同様の症状を指す言葉もある。例えば弓道においては、矢を構えてから狙いを定め体制を整えることができず、すぐに放ってしまう「早気」、逆に矢を引いたまま打てず動けなくなってしまう「もたれ」という言葉があるが、これもイップスに由来するという見方がある。


日本人プロスポーツ選手では、例えば元プロ野球選手のイチローが、過去にイップスであった時期があると告白している。

イチローは、厳しい上下関係があった高校時代に、先輩に向かってボールを投げることのプレッシャーからスランプを起こしイップスとなってしまったこと、その後プロ入りを経て完全に治るまで長い時間かかったと発言している。完治に至ったのは「センスです。(イップスとなった本人だけの)努力ではどうしようもない」と振り返っている。

他にも、同じく元プロ野球選手の阿部慎之助も、現役時代精神的なプレッシャーに苦しめられ、イップスに陥ったことを公言している。阿部は「練習量でカバーしていくしかない」と考えひたすら練習に打ち込んだが、逆にそれが原因で肩を壊してしまった。その後、自分でイップスになったことを周りの仲間に言えるようになってから少しずつ落ち着き、内面的な変化で改善していったと語っている。

阿部は「イップスになった人は投球フォームなどを見ればすぐわかる」としており、もしイップスになってしまったら「基本は練習をさせちゃいけないと思うんです」(具体的には、完全に全ての練習をやめさせるのではなく、例えば投球がうまくいっていない選手なら打者としての練習に専念させる、などの逃げ道をコーチが作ることが重要であるとしている)と発言している。


さらに、楽器の演奏家や作家といったスポーツとは一見無関係の職業の人にもイップスのような症状が見られることがある。

例えば、(人前で)字を書こうとすると手が震えたり力がうまく入らなかったりして書けなくなる「書痙」という病気(※大量の字を書かなければならない事務系の職員や作家などに多いとされる)があるが、これもイップスやその原因となる局所性ジストニアの一種と考えられている。

また、歌手や俳優に時々ある発声障害もイップスと関係していることが多い。


フィクションにおいても、スポーツを題材とした漫画などで度々取り上げられることがある。

ちなみに、Pixiv内でもタグ登録の多い『テニスの王子様』に登場する幸村精市は「相手のどんな打球も完璧に打ち返すことで相手の心をへし折り、一時的にイップスに陥らせることで五感を失ったような精神状態にさせる」という衝撃的な技術を持つが、これは厳密に言えばイップス(を起こさせること)とはあまり関係がない。


2024年4月12日からフジテレビ系「金曜9時枠の連続ドラマ」で放送のドラマ『イップス』では、とある事件をきっかけに小説が書けないイップス(もしくはスランプ)に陥ってしまったミステリー作家と、その事件で捜査に参加していたことで事件の謎が解けないイップスに陥ってしまった刑事が主人公となっている。本作の「イップス」の使われ方はスポーツ用語としてのイップスとは異なるが「特定の場面で、それまでできていた特定の動作が急にできなくなる」という意味では同じであり、完全なる誤用でもない。



関連イラスト

そ~れイップスさぁ…始めようか―――

テニスの王子様幸村精市のイラストが多い。


関連タグ

病気 局所性ジストニア スポーツ トミー・アーマー

テニスの王子様幸村精市・・・イップスにする側 千歳ミユキ・・・イップスで悩んでいた

沢村栄純野球漫画ダイヤのA」の主人公。作中では一時期、イップスに苦しんだ事があった。

青葉春人実況パワフルプロ野球2011ときめき青春高校編に登場するキャラ。中学時代にとある事件がきっかけでイップスに陥るが、あるイベントをこなせばイップスを克服する。


外部リンク

イップス - Wikipedia

関連記事

親記事

スポーツ すぽーつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140732

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました