ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

テニスの王子様

てにすのおうじさま

「テニスの王子様」は、1999年から2008年まで週刊少年ジャンプで連載されていたスポーツ漫画作品。作者は許斐剛。
目次 [非表示]

概要

1999年から2008年まで『週刊少年ジャンプ』で連載、2009年から『ジャンプSQ』続編を連載再開中である。(新テニスの王子様)


略称はテニプリ(王子様=〈英〉"prince", プリンス)。

テニスの王子様』を「旧テニ」「無印」、『新テニスの王子様』を「新テニ」と略称することもある一方、どちらも一括して「テニスの王子様」として総称する場合も多い。男性、特にプロのテニスプレイヤーなどから高く評価される一方、女性からの支持も多くコミックマーケットでは独立ジャンルとして扱われるなど、幅広く根強い人気を集めている。またジャンプ史上初めて乙女ゲームが発売された。


初期はテニスらしいテニスをしていたが、やがて人間離れした超人技を使う、格闘技漫画兼ツッコミ不在の ギャグマンガにもなっていった(テニヌ)。作者の許斐剛自身も、ギャグマンガと評している。また、カオスなギャグ回やテニスに絡まずとも圧倒的な個性を持つキャラクターの数々も持ち味のひとつ。


2021年7月の作者インタビューでは、作品の初期構想について、96年完結のスラムダンクによって作られた当時のリアル志向なスポーツ漫画の流行に対するアンチテーゼや、97年に連載が始まっていたONEPIECEにも負けない漫画ならではのファンタジックな表現の追求、そして男子テニスを題材にすればまだ未開拓な上にイケメンキャラが集う団体戦が描けるのでヒットが狙える、という確信が基になっていたこと等を語っている。ツッコミ役が作中に不在なのも「読者のツッコミ待ち」という計算で描いているからだとか。(記事)。

あらすじ

越前リョーマはアメリカ各州のJr大会で4連続優勝の経歴を持つ天才テニスプレーヤーであった。リョーマはアメリカ帰国後、テニスの名門校・青春学園中等部に入学。全国大会優勝を目指して青学テニス部の仲間と共に成長し、個性豊かなライバル校と対戦していく。

  • 校内ランキング戦編

リョーマvs海堂薫、リョーマvs乾貞治など

  • 地区予選編

玉林中、決勝戦で不動峰対戦。

  • 都大会編

準々決勝、聖ルドルフ、準決勝で銀華、決勝戦で山吹対戦。

  • 関東大会編

一回戦氷帝、二回戦緑山、準決勝六角、決勝戦で立海対戦。

  • 全国大会編

初戦比嘉、二回戦氷帝、準決勝四天宝寺、決勝戦で立海対戦。


登場キャラクター

テニスの王子様の登場人物

テニスの王子様キャラクターと所属学校の一覧参照。

新テニスの王子様の登場人物

新テニスの王子様の頁を参照。ただし、タグとしてはこちらの「テニスの王子様」がつけられていることも多い。


メディアミックス

アニメ

アニプリの頁を参照

キャラソン

アニメ声優歌うキャラクターソング。オリジナル曲からバレキスや童謡などのカバー曲など、音楽ジャンルは幅広くリリースされている。

ミュージカル

テニミュの頁を参照

映画

アニメ版「二人のサムライ The First Game」と「英国式庭球城決戦」、実写版の計3回映画化になっている。

2020年早春に、新作映画「リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」が公開予定…だったが、諸事情で延期になり、2021年9月3日公開になった。

ゲーム

全てKONAMIからの発売。→テニスの王子様のゲーム一覧を参照。


関連イラスト

あの日芽生えた汚れなき憧れ破天荒王子9だよ!全員集合!

Love Festival!!抱えたキセキSUPER STARS!!テニスって


関連タグ


外部リンク

アニメ公式サイト「ブレーク!テニプリ」(新旧アニメ、イベント、グッズ総合)

テレビ東京特設サイト(旧)

公式ミュージックサイト

KONAMI商品総合サイト

ミュージカル『テニスの王子様』公式サイト


他の言語タグ

Prince of Tennis

関連記事

親記事

許斐剛 このみたけし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 589212443

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました