ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「エースには俺がなる!エースの中のエース!!キングオブエースに!!」


人物編集


※この項目は一部単行本のネタバレが含まれてます


概要編集

口癖は「おしおしおーし!」。


野球漫画の主人公に漏れず、負けん気の強い一本気な性格。単純明快な思考回路をしており、周囲からたびたび馬鹿呼ばわりされる。感情表現がとても激しく、感極まって泣くことも多い


当初は地元にある高校に進学し、仲間たちと共に野球を続けるつもりであったが、中学最後の試合を観戦した高島礼にその才能を見出され、渋々ながら見学に訪れた青道で御幸一也と出会い、野球留学に心を動かされてしまう。帰省後、仲間たちの後押しもあって青道入学を決めた。

寮では倉持増子と同室(2年生になり増子が引退してからは浅田)である。倉持からは関節技をかけられたりパシリにされている。さらには携帯電話で地元の若菜とのメールのやり取りを勝手に返信される等の目に遭っている。


入部当初はその性格や言動が災いし、チームメイトから反感を抱かれることも多かった。具体的には……


・今まで本格的な指導を受けておらず、細かい知識に疎い。

・エースを目指すと大口を叩いた割には、ベースカバーや牽制すら行えない。

・キャッチャーの意見を無視し、何も考えずにど真ん中のストレート勝負に拘る。

・変化球を何ひとつ投げれない。

・敵チームに情報を漏らしそうになる。


上記の通り、とにかく悪目立ちしていた(御幸曰く「バカ丸出し」)。元から「仲間と共に野球をやっていた」「野球はやるだけ」というスタンスに対し、青道高校野球部は「勝つために野球をやる場所」という相違点もあり、他のメンバーと頻繫にぶつかっていた。その後、クリスから「投手として大切なこと」を教わり、努力を重ねていくうちに大きく改善。もっとも、御幸にだけはタメ口を叩くことが多い。


学業は芳しくなく、数学に至っては「分数で止まっている」。テストのたびに金丸の指導を受け、どうにか赤点回避している有様。その反面、当初から発想力に優れている描写が散見され、後の『ナンバーズ』会得につながっている。


色恋沙汰についても非常に疎いが、実のところ結構モテる。明確に想いを寄せている蒼月若菜西野理佐をはじめ、マネージャーの吉川春乃からも意識されている。


同学年の剛腕投手、降谷暁とはお互いライバル視している関係。しかし次第に野球についての情報交換をするようになるなど仲を深めている模様。


2年生に上がると、都内の強豪校からも知られる存在となり、市大三高の天久光聖とLINEで意見交換を行うなど、交友関係の幅を広げている。


選手として編集

1年生時 ※ネタバレ注意!編集

タイミングの取りづらい変則的なフォームと癖球が持ち味。

当初は「ストレートだけの一本勝負」と豪語していたが、球速自体は130km/hに満たなかった。更にノーコン。しかし、並外れた肩関節と手首の柔らかさにより、ボールを上下左右へと変化させる天性のムービングボーラー

弱点は遅い球速と、高校野球ならではの金属バット。詰まらせたと思っても外野まで運ばれるケースが多々ある


投手に専念していたためフライもまともに捕れなかったり、打撃面はティーバッティングの球すら空振るなど投手以外の技術は壊滅的


6月の黒士館戦でなぜかバントだけは上手いことが判明。更に監督のアドバイスをきっかけに「出所が全く見えず、いきなりボールが飛んでくるように見える」という、非常にタイミングの取りづらい投げ方を習得。これを機に急成長していく


夏合宿ではフィールディングのセンスを見せる


夏合宿後の大阪桐生戦~夏大の稲城実業戦にかけてインコースへのコントロールを身に着けていき、癖球で打たせて取るスタイルを確立していく。これにより夏大で1年ながら見事ベンチメンバーとして活躍する


薬師戦ではクリスに教えてもらっていたフォーシームを披露


仙泉学園戦では無意識にカットボールを投げる。薬師の真田俊平に影響を受けていたこともあり、そのまま習得。次の稲城実業戦では故意に投げた


しかし、稲城実業戦で白河勝之に与えたデッドボールがきっかけとなり、インコースに投げることができないイップスになってしまう


インコースに投げれないことを逆手に取り、クリスの最後の教えでアウトロー投げを習得。秋大の帝東戦ではアウトロー主体の投球をする


七森学園戦でイップスを克服。これによりインハイとアウトローを投げ分けられるようになり、この頃からピッチングに関して自分でも考えるようにもなっていく


王谷戦の前、以前よりも癖球ではなくなったことが判明。また、落合コーチにチェンジアップを教えてもらい、ぶっつけ本番で投球。2種類のチェンジアップ(通常のチェンジアップ、高速チェンジアップ)を習得。ちなみに通常のチェンジアップは初球地面に叩きつけたが、2球目で投げることに成功した


薬師戦の前、再び真田俊平に影響を受け、首脳陣や引退した3年生、現在のチームメイトがいる中でツーシームを試し投げ。変化はしたものの、周りの反応はいまいちだった。しかし御幸は「使えなくはないけど驚くほどじゃないって...その時点で相当高いレベルの話だけどな...」と評価しており、実戦でもたまに投げるようになった

更にこの直後御幸にスピンの効いたきれいな真っすぐを要求され、以前よりも球質が良くなったフォーシームを習得。また3年生が「速く...なった?」と言っているため、球速も上がっていると思われる。実際にこのフォーシームで薬師の轟雷市2打席目で三振に斬って取った(1打席目は単打を打たれた)


冬合宿ではバントの構えからなら打てることが判明。おそらくバスターは自分で考えたと思われる



1年生時はこれで終了。


ちなみに1年生時の打率はおそらくゼロ(御幸ですらツーアウト満塁時に「次の打席はあの馬鹿だから、その前に何とかするしかない」などと言われる始末)


また単純な能力以外にも勝負強さを見せる性格も併せ持ち、闘志を前面に押し出すスタイルは試合の流れを引き寄せ、逆転を引き起こすピッチングを行える。ピンチに動じず真っ向から向き合っていくメンタルの強さ、上級生でも焦るような劣勢でも、一声で雰囲気をひっくり返す性格など、類まれなエース」気質の持ち主。その原石の大きさは首脳陣や捕手陣、さらに対戦した相手チームの監督ですら将来性を感じている


2年生時 ※ネタバレ注意!編集

センバツの宝明戦ではリリーフとして登板したが、初球でずっこけたのをきっかけに四球を与え、更にコースが甘くなって打たれたヒットが2本と不本意なピッチングをしてしまった


日本庄野戦、巨摩大藤巻戦は登板がなく、沢村は初戦のピッチングが原因だと判断した。そしてこのセンバツでの悔しさをばねに、更に成長していく


春大の永源戦、フォーシームが135km/hまで上がっていることが判明


春日一戦ではスプリットを投げる。しかし制球が安定しないらしく、この試合以降あまり投げていない


市大三高戦の前、裏で練習していたカットボール改を披露


GWの遠征、白龍戦では早めのクイックや複数の投げ方がある牽制を披露


群馬の白龍、千葉の鳴田工業、久米などの強豪校を相手に防御率1.17と結果を出す


夏大前には、フォーシームが138km/hを記録


市大三高vs仙泉学園戦の空振りしない市大三高打線を見て、当てられるんじゃなくて当てさせる変化球が必要だと考え、自ら握りを考案しスプリット改を習得。そのまま市大三高戦で投げた


市大三高戦の3回、2人目の打者の3球目に投じたフォーシームが140km/hを記録。また9回3安打1死球1失点で完投した。初回から全力で腕を振り続けていたらしく、それでも完投できるスタミナを見せた



まだ3年生にはなっていないが、actⅡが完結したためここで終了。actⅢにも期待したい。



二年生時のピッチャーとしての能力として、

・球数次第では9回も投げれる豊富なスタミナ

・最高140km/hで空振りも取れるフォーシーム

・内と外の投げ分け、ゾーンで勝負できるコントロールに加え、ピンチの時でもインハイに投げ込む度胸

・遊び球が少なく、勢いに乗ると手が付けられないピッチング

・ヒットは期待できないが、ファールによる粘り、バントやスクイズでチャンスを広げ、無駄なアウトにならない打席

・複数の牽制方法+世代ナンバーワン捕手である御幸の肩で機動力破壊が得意なチーム相手でも盗塁を許さない

・逆転を呼び込むピッチングに加え、日常でもその性格面で後輩を引っ張り、チーム全体に大きな影響を与える

・強豪校でも手こずる、改良を加えた沢村だけの特殊な変化球

がある。


またゾーンに入ったと思われる描写がたまにあり、そうなると強豪高の打線相手に無双する。


上記の通り、入学当初とは比べ物にならない成長を遂げ、御幸とは別のやり方でチームを引っ張っている。


ナンバーズ編集

沢村の代名詞。日によって制球・変化量が変わるため、まだまだ未完成である。


ナンバー2【ツーシーム

シュート回転しながら沈んでいく球種。投げ始めたばかりの頃はそこまで変化せず、2年生になっても準レギュラー程度にしか投げていない。沢村自身も「1軍半」と評価していた。


ナンバー4【フォーシーム

1年の夏大前、クリスから教わった球種。秋大の薬師戦前にアップデートした。タイミングの取りづらい投げ方と合わせて空振りも取れる。

綺麗なトップスピンが加えられており、球速以上に伸びてくる。沢村曰く「生命線」。


ナンバー5【チェンジアップ

1年の秋大中、落合コーチから教わった球種。

タイミングを外す目的で投げているが、利き手側に変化するため左打者に対してはあまり多投できない。ただし市大三高の偵察はやばいと評価していた。


ナンバー7【カットボール改】

沢村のウイニングショット。従来のカットボールよりもキレ、変化量共に増している。

フォーシームと変わらぬ球速で横に曲がり、打者に「消えた」と錯覚させる凄まじい切れ味を有する。奥村が初見とはいえ全く反応できなかったほど。こちらも市大三高の偵察からやばいと評価されている。後に右打者へのバックドアを完成させた。


ナンバー9【スプリット改】

ナンバー2とナンバー11を組み合わせた球種。ナンバー7同様、フォーシームと変わらない速度で鋭く落ちる。つまり利き手側に曲がる高速スプリット。バットの芯を外すという目的で投げているが、低めに投げれば空振りも取れる。


ナンバー11【スプリット

制球力に難があり、作中でも数える程度しか投げていない。仮にストライクを取っても沢村も御幸も「まぐれ」という評価。こちらも沢村自身が「1軍半」と評価していた。


ナンバー不明【スライダー

オフの間、練習していた球種の1つ。大きく横曲がりするものの、制御不能なうえにトップの位置が下がるという弱点も相まって、現在のところ使用禁止。


ナンバー不明【カーブ

オフの間、練習していた球種の1つ。指を抜いて投げることができず、ただのスローボールと化している。


ナンバー不明【高速チェンジアップ】

落合コーチにチェンジアップを教えてもらったときに握りを鷲掴みにアレンジし生み出した球。沈み込むように動くため、フォーシームと混ぜて打者を惑わしている。



この夏は沢村でいきます編集

2018年10月3日に発売された週刊少年マガジン44号(actII141話)にて、二年生の夏に片岡監督から念願のエースナンバーに選ばれる。

第1期も合わせ、約12年(冊数は60巻)に及ぶ道のりであった。しかし、これが決してゴールという訳ではなく、ここからが本当の物語である。



青道のエースとして今後の成長に期待がかかる。


関連イラスト編集

Ace of Diamond無題

( ゚∀゚)o彡゜えーじゅん!えーじゅん!A of ♦

夏の香り沢村栄純生誕祭+カウントダウン


関連タグ編集

ダイヤのA 青道 御幸一也 降谷暁 滝川・クリス・優 小湊春市 倉持洋一 増子透 蒼月若菜


やる時はやる男 愛すべき馬鹿 アホの子


◆1年トリオ 沢村栄純生誕祭2015


茂野吾郎別の週刊少年漫画誌野球漫画の主人公であり、同じくサウスポー。負けず嫌いな熱血漢である点も共通しているが、こちらは本格派なうえに打撃センスも優れている。


日向翔陽:明るく人懐っこい性格と、負けず嫌いな性格が似ており、対抗するライバルがいるのも同じ。あと入部当初あることをやらかしたことをあるのも共通点が多い。あと制作会社が一緒。ちなみに、声優由井薫である。


我妻天八月のシンデレラナインのキャラ。こちらは女子野球ではあるが、こちらも投手専門かつサウスポーであり沢村と同じくムービングファストボールを得意としておりチェンジアップも投げれる。また、投手らしく熱血で負けん気が強いのも共通しており、それが原因で序盤にやらかしている点も共通している。(現在は解決済み)

しかし、沢村と違い学業は非常に優秀で風紀委員にも属しており、文武両道な優等生という点では異なる。


星井スバルパワプロのキャラで中の人繋がり。あと劇中で同じようなことをしたのも同じ。


小川泰弘:実在するピッチャーであり、沢村と同年生まれで誕生日が1日違いである。


人称・口調・口癖・呼称だ!編集

一人称
二人称
  • お前
  • 年上の人物→ アンタまたはあなた
口調
  • 年上の人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物→敬語稀にタメ口
  • 親しい人物・同い年以下の人物→タメ口
口癖
  • 「俺は絶対にエースになる!」
  • 「おーしおしおーし!」
呼称
  • 年上の人物・馴染みが薄い人物・一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物 →「苗字・名前+先輩またはさん」
  • 教員など→「苗字・フルネーム+先生や部長」
  • 親しい人物・同い年以下の人物⇒「苗字やニックネーム」

関連人物の呼称と変遷だ!編集

関連人物呼び方呼ばれ方
御幸一也御幸先輩またはフルネーム、キャップ沢村
降谷暁降谷栄純
小湊春市春っち栄純君
倉持洋一倉持先輩またはチーター先輩、モッチ先輩沢村
結城哲也リーダーまたは大将沢村
伊佐敷純ヒゲ先輩またはスピッツ先輩沢村
滝川・クリス・優アンタ→クリス先輩、師匠お前→沢村
小湊亮介お兄さん沢村
川上憲史ノリ先輩沢村
丹波光一郎丹波先輩沢村
増子透増子先輩沢村ちゃん
金丸信二金丸またはカネマール沢村またはワムーラ
東条秀明東条沢村
前園健太ゾノ先輩沢村
白洲健二郎白洲先輩沢村
宮内啓介宮内先輩沢村
坂井一郎坂井レフト現時点接点なし
麻生尊麻生先輩沢村
渡辺久志ナベ先輩、ナベさん沢村
奥村光舟奥村または狼小僧沢村先輩
由井薫由井または由井少年沢村さん
結城将司現時点接点なし現時点接点なし
瀬戸拓馬瀬戸沢村先輩
浅田浩文浅田沢村先輩
吉川春乃吉川沢村くん
梅本幸子現時点接点なし沢村
夏川唯現時点接点なし沢村くん
藤原貴子貴子先輩沢村くん
成宮鳴白アタマ現時点接点なし
轟雷市轟またはフルネーム沢村
真田俊平真田さん沢村
天久光聖天久さん沢村
片岡鉄心グラサン、将軍、ボス、ビッグボス、沢村
高島礼副部長殿沢村くん
太田部長太田部長沢村
落合博光落合コーチ沢村
蒼月若菜若菜栄純
祖父爺ちゃん栄純
両親母ちゃん・父ちゃん栄純

関連記事

親記事

青道 せいどう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32629500

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました