2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

八月のシンデレラナイン

はちがつのしんでれらないん

『八月のシンデレラナイン』とは株式会社アカツキとKADOKAWAによるスマートフォン向け野球ゲーム及びテレビアニメである。略称は『ハチナイ』。
目次[非表示]

概要

八月のシンデレラナイン』とは、2016年7月1日に発表され、2017年6月27日にリリースが開始された株式会社アカツキKADOKAWAによる「青春×女子高生×高校野球」をテーマにした“青春体験型野球ゲーム”である。
プレイヤーは高校野球部の同級生監督となり、魅力的な女子キャラクター達を指導・育成しながら共に”甲子園”という夢を追いかける。

2018年9月10日よりパ・リーグコラボが実施された。また、同年10月25日からはDMM.com版の事前登録がスタート、同年12月19日にDMM.com版が正式リリースされたことで、PCでもプレイできるようになった。
2019年4月18日に大型アップデートを実施。同年8月9日のメンテナンスで、試合時の選手能力が(S+~Gの評価値で)可視化された。同年9月5日から19日まで、「ゆるキャン△とのコラボ企画が開催されて、野外活動サークルの3人、志摩リン斉藤恵那が参戦した。
さらに2020年3月1日から14日まで、本作と同じ女性の高校野球を題材とした漫画(およびアニメ)作品「球詠とのコラボ企画が実施されており、武田詠深山崎珠姫が参戦している。
その後2020年6月8日、球詠コラボ第2弾として中田奈緒が実装化された。
2021年5月1日には「涼宮ハルヒの憂鬱」とのコラボが実施されたが、あくまでも当作品は女子野球ゲームなので実装化されたのはSOS団の女性メンバーのみ。
2022年4月1日、「ダンベル何キロ持てる?」とのコラボを実施。

トムス・エンタテインメントの手によってテレビアニメが製作されている。詳細後述。また、本作を原案としたテレビドラマ「八月は夜のバッティングセンターで。」が存在する。該当項目を参照。

登場キャラクター(ポジション別、投打)

プレイヤー(監督)の名前および高校名は自由に命名できる。太字はUR覚醒カードが実装済み。☆は2022年9月17日に実装化された日米野球の代表メンバー。
※1…発表当初からのオリジナルメンバー。
※2…2016年8月16日に追加発表。
※3…2016年8月19日に追加発表。
※4…2016年8月27日に追加発表。
※5…2019年5月1日に追加発表された新入生。

投手

※5我妻天☆(左/左)CV:相坂優歌
新田美奈子および新入生を除く全てのメインキャラクターが投手を兼任するが、我妻天のみ投手専任。

捕手

※1鈴木和香☆(スコアラーとして)(右/右)CV:緑川優美
※2近藤咲(右/右)CV:山岡ゆり
※3仙波綾子(右/右)CV:嘉山未紗
※4椎名ゆかり(右/右)CV:船戸ゆり絵
※5桜田千代☆(右/右)CV:河瀬茉希

一塁手

※1野崎夕姫☆(投手として)(左/左)CV:南早紀※URは投手
※2天草琴音(左/左)CV:奥野香耶
※3朝比奈いろは☆(左/左)CV:影山灯
※3秋乃小麦(右/右)CV:田中あいみ

二塁手

※1河北智恵(右/右)CV:井上ほの花
※1阿佐田あおい(右/右)CV:立花理香
※3月島結衣(右/左)CV:優木かな
※4坂上芽衣(右/右)CV:駒形友梨
※5リン・レイファ(右/左)CV:福緒唯

三塁手

※1東雲龍☆(右/右)CV:近藤玲奈
※1岩城良美(右/左)CV:山下七海
※1初瀬麻里安(右/右)CV:八島さらら

遊撃手

※1有原翼☆(主将)(右/右)CV:西田望見 ※キャプテン
※2直江太結(右/右)CV:小見川千明
※2新田美奈子(右/右)CV:渡部優衣
※5小鳥遊柚(右/右)CV:楠木ともり

左翼手

※3泉田京香(左/左)CV:生田善子
※4柊琴葉☆(左/左)CV:早瀬莉花
※4塚原雫(右/右)CV:芝崎典子
※4本庄千景(右/右)CV:朝日奈丸佳
※5草刈ルナ☆(中堅手として)(右/左)CV:青木志貴※URは中堅手

中堅手

※1中野綾香(右/左)CV:高木友梨香
※2永井加奈子(右/右)CV:永野愛理
※2花山栄美(右/右)CV:松嵜麗
※3竹富亜矢(右/左)CV:松井恵理子

右翼手

※1宇喜多茜(右/右)CV:花守ゆみり
※1倉敷舞子(右/右)CV:遠藤ゆりか佐伯伊織※URは投手
※1九十九伽奈☆(右/右)CV:白石晴香
※4逢坂ここ(右/右)CV:高木美佑

実装化済みライバル選手

声優がついたキャラクターは実装化済みで、選手カードを入手すれば自軍キャラとして使用可能。
神宮寺小也香☆(副主将)(右/右)…清城高校の投手。CV:明坂聡美
牧野花(右/右)…清城高校の捕手。CV:佳村はるか
一二三ゆり☆(右/右)…二子玉高校→清城高校の中堅手。CV:小林ゆう
藤堂たいら☆(右/右)…清城高校の三塁手。CV:高野麻里佳
高坂椿(右/右)…向月高校の投手兼二塁手。CV:福圓美里
潮見凪沙☆(左/左)…向月高校の投手。初出はライトノベル版。CV:内田真礼
風祭せりな☆(右/右)…向月高校の捕手。CV:ファイルーズあい
岸楓佳(右/右)…向月高校の捕手。CV:黒沢ともよ
鬼塚桐☆(右/左)…小河原高校の二塁手。CV:早見沙織
樫野亜沙(右/右)…小河原高校の遊撃手。CV:本渡楓
大咲みよ(右/右)…明條学園の遊撃手。CV:小倉唯
芹澤結(右/右)…さきがけ女子高校の一塁手。CV:佐倉綾音
乾ケイ☆(右/右)…帝陽学園の捕手。CV:井上麻里奈
宮井都子☆(右/右)…帝陽学園の投手。CV:小原好美
水浦七瀬☆(左/左)…帝陽学園の一塁手。CV:Lynn
草刈レナ☆(右/右)…界皇高校の左翼手。CV:日髙のり子
鎌部千秋(右/右)…界皇高校の投手。CV:堀江由衣
大和田沙智☆(右/左)…界皇高校の遊撃手。CV:釘宮理恵
相良吉乃☆(右/左)…界皇高校の二塁手。CV:田中敦子
真白玲☆(右/左)…界皇高校の投手。初出はラノベ「白夜に揺蕩う追憶」。CV:水瀬いのり
光田つばめ☆(右/右)…山ノ上高校の中堅手。CV:石川由依
エレナ・スタルヒン(左/左)…本校→スノーヴァ学園のロシア人投手兼中堅手。初出はラノベ「北風に揺れる向日葵」。 CV:上坂すみれ※URは投手
アメリア・サンダース(左/左)…田中将大がプロデュースしたアメリカ代表の右翼手。CV:東山奈央
フリーダ・F・アンバー(右/左)…アメリカ代表の投手。CV:榊原良子

未実装ライバル選手

御厨あや音(右/右)…鈴風学園の右翼手。
進藤なゆた(右/左)…秀越高校の捕手。
二階堂麗香(右/右)…盟羽学園の三塁手。
赤坂佐知(右/左)…美鳥ヶ丘高校の投手。
中条明菜(右/右)…高波高校の右翼手。
青山佳苗(右/右)…卓大付属高校の投手。

実装化済みコラボ選手

掛橋桃子…本校の野球部顧問なので本来はコラボ選手ではないが、選手交流のページではこの扱い。CV:中村繪里子※URは右翼手
キズナアイ(右/右)…エイプリルフールイベントでまさかの実装
各務原なでしこ(右/右)…「ゆるキャン△」からのゲスト。投手。CV:花守ゆみり
志摩リン(右/右)…同上。捕手。CV:東山奈央
斉藤恵那(右/右)…同上。中堅手。CV:高橋李依
大垣千明(右/右)…同上。遊撃手。CV:原紗友里
犬山あおい(右/右)…同上。二塁手。CV:豊崎愛生
武田詠深(右/右)…「球詠」からのゲスト。投手。CV:前田佳織里
山崎珠姫(右/右)…同上。捕手。CV:天野聡美
中田奈緒(右/右)…同上。投手。CV:飯田友子
涼宮ハルヒ(右/右)…「涼宮ハルヒの憂鬱」からのゲスト。投手兼二塁手。CV:平野綾※URは二塁手
長門有希(右/右)…同上。捕手兼中堅手。CV:茅原実里※URは中堅手
朝比奈みくる(左/右)…同上。右翼手。CV:後藤邑子
鶴屋さん(右/右)…同上。三塁手。CV:松岡由貴
夏葉舞(右/右)…「八月は夜のバッティングセンターで。」からのゲスト。投手。CV:関水渚(ドラマでの演者でもある)
有原ゆい(左/右)…「シンデレラナイン」のキャラクターで有原翼の姉。投手。CV:鬼頭明里
椎名じゅり(右/右)…「シンデレラナイン」のキャラクターで椎名ゆかりの姉。捕手。CV:諏訪彩花
紗倉ひびき(右/左)…「ダンベル何キロ持てる?」からのゲスト。三塁手。CV:ファイルーズあい
奏流院朱美(右/右)…同上。捕手。CV:雨宮天

その他

ベアマックス…ゲーム版に登場するアニメキャラクター。レベルアップを急ぐ際に使用する。
能見志保…アニメ版に登場。生徒会長を務める CV:みゆはん。ゲーム版にも生徒会長は登場するが、同一人物かは不明。
教頭…女子野球部の設置に何かと反対する女性教頭。CV:定岡小百合(アニメ版のみ)
校長…同じく女子野球部の設置に難色を示す校長。やたらとダンディ。
風間くん…風紀委員で教頭の腰巾着。
紀藤さん…普通の風紀委員。
藤田奏恵…本校の吹奏楽部員。
日向幸子…女子野球部にグラウンドを提供した老婆。CV:鈴木れい子(アニメ版のみ)
鈴木健次郎…鈴木和香の兄。ゲームからアニメに登場した唯一の男キャラであり、アニメのハチナイで唯一名前がある男キャラでもある。CV:木村良平(アニメ版のみ)
近藤の父…中華料理・鉄人の店主。強面な上に料理に対して妥協しない頑固な職人で、話し言葉に「………………美味いか」のように「…」が多くつくことから寡黙な人物と思われがちだが、常連客には自分から話しかけたり提供する食事を(サービスと称して勝手に)多くしたりとお喋り好きで茶目っ気もたっぷりある人物なのではないかと思わされる一面もある。
近藤菜那…近藤家の次女で咲の妹。まだまだ咲に甘えたいながら、お姉さんぶりたくもある年頃の女の子。
近藤陸…近藤家の長男で咲・菜那の弟。
仙波麻友子…仙波家の次女。
仙波蒼太…仙波家の長男。
仙波洋太…仙波家の次男。
仙波翔太…仙波家の三男
仙波奈美子…仙波家の三女。
仙波慶太…仙波家の四男。
仙波亜美子…仙波家の四女。
絵里…泉田京香が姉のように慕う女板前。
実浦響…チュートリアルに登場する女性アナウンサー。
戦カタト…公式4コマ漫画「戦力外!カタトちゃん 」のオリジナルキャラクター。CV:杜野まこ
染矢仁…テレビ局のプロデューサー。
山内ゆき…清城高校の三塁手→二塁手。2年生。
沢田璃央…向月高校の遊撃手。3年生。
井手杏☆…向月高校の右翼手。2年生。
波多野乙女…向月高校の投手。2年生。
田丸…向月高校の二塁手。
樹夕乃…向月高校の捕手だったが、高坂との確執から既に退部。
鬼塚ちひろ…鬼塚桐の姉。
館林…小河原高校の投手兼右翼手。
住吉…小河原高校の右翼手兼投手。
来栖まこ…小河原高校の選手。ポジションは不明。
三菜…さきがけ女子高校の投手。2年生。
美星…さきがけ女子高校の一塁手兼投手。1年生。
四条香織…二子玉高校の投手。廃校後の転校先はハチナイS第33球にてドレイク国際高校と判明。
速水優奈…明條学園の投手。2年生。
渡良瀬真由里…明條学園の二塁手。1年生。
桐生監督…帝陽学園の監督。
一ノ瀬…帝陽学園の中堅手。2年生。
谷川…帝陽学園の捕手。2年生。
北山監督☆(監督)…界皇高校の監督。
野口…界皇高校の捕手。3年生。
羽黒敦子☆…界皇高校の捕手。1年生。
田坂…界皇高校の投手。
奈良…界皇高校の選手だが、休部中のためポジションは不明。
権田監督…山ノ上高校の監督。
神木…山ノ上高校の右翼手。1年生。
秋本…山ノ上高校の選手。ポジションは不明。2年生。
サーシャ…スノーヴァ学園の捕手。
マリーナ…スノーヴァ学園の右翼手兼投手。
ライトマン…アメリカ代表の監督。
キョン…「涼宮ハルヒの憂鬱」からのゲスト。CV:杉田智和
古泉一樹…同上。CV:小野大輔
伊藤智弘…「八月は夜のバッティングセンターで。」からのゲスト。同ドラマ放送期間中の毎週水曜日の放課後に川奈バッティングセンターに現れ、元気ドリンクをくれる。演:仲村トオル(ボイス無し)
鳥羽美波…「ゆるキャン△」からのゲスト。
街雄鳴造…「ダンベル何キロ持てる?」からのゲスト。CV:石川界人

監督(プレイヤー)

ネットでの通称は「地蔵」。ライトノベル版での名前は矢上浩太。小説版には登場しない。アニメ版では第13話の回想に小鳥遊柚の幼馴染が二人登場するが、二人とも小鳥遊を「柚」と名前で呼ぶ(ゲームの主人公は「小鳥遊」と名字で呼ぶ)など小鳥遊柚の幼馴染という部分以外はゲームの主人公とは相違点がある。(副音声より。ゲームの世界線で監督=プレイヤーになるのは柚にアドバイスを送ったキャッチャーの男の子(声:立花理香)か)
アニメ本編には登場せず里ヶ浜高校に在籍していないため、ゲームの様に監督=あなた(プレイヤー)として登場することは無いと思われる。
プレイヤーの分身として位置づけられているが、作中でもある程度のキャラ付けはされている。以下に設定を列挙する。
・小学生時代はリトルリーグ、中学生時代はボーイズで投手をやっており、有原も憧れるほどのエースピッチャーだったが、利き腕である右肩の故障により選手生命を断たれた。打撃の利き腕は不明だが、常識的に考えれば右打ちと思われる。
・リトルリーグ時代のチームメイトに小鳥遊がいる。ライトノベル版では当時から「幼馴染」と位置づけられており、アニメ版ではそれ以前の幼少期から付き合いがあったことが第13話の副音声で明らかにされているため、おそらく本編でも同様の設定であると考えられる。
・リトルリーグ時代に公式戦(全国大会)での草刈レナとの対戦経験あり。結果は3打数2安打1本塁打(1打席目は見逃し三振、2打席目は二塁打、3打席目は本塁打)。
・初心者組の投手シーンでの変化球はカーブ・ムーヴィング(カットボールとツーシームも含む?)・スライダーが中心であるため、監督の持ち球もこれらである可能性が高い。この他、シュート、フォーク、パーム、チェンジアップも投げられると考えられる。
・いくつかのシーンで部員たちが見上げる構図になっているため、身長は高い方だと考えられる。また、ライトノベル版の挿絵では172cmある草刈レナよりも顔半分ほど高いと設定されており、本編でも同様の設定なら180cmを超える長身となる。
・「変化球の曲がりが悪いのは疲労の蓄積が原因だから休養を取れ」といった指示に気位の高い我妻も素直に従う等、指導者として部員の統率には成功しているきらいがある。
・本校、他校問わず、彼を恋愛対象として意識しているキャラクターが複数いる他、特に交流のないモブキャラクターからも告白されたシーンがあるなど、女子からの好感は持たれやすい方と言える。公式による明示も含めた監督を恋愛対象として意識しているとアナウンスされたキャラクターは宇喜多、初瀬、潮見、小鳥遊の4人。この他、ネットでは距離感の近い描写が多い近藤等が挙げられている。

※シーン(カード)によっては複数のメインポジション適正を所持していたり、普段とは全く別のポジションに適正を持つキャラクターも存在する。また利き手は関係なく、左利きの二塁手・三塁手・遊撃手の配置も可能であるが、捕手は実質的に不可能。ただしシンデレラストーリー(らいと版、ノーマル版)ではある程度ポジションを無視した配置が可能である。

※小説版は公式HPに掲載されている小説(著:片瀬チヲル、全12話)を、ライトノベル版はファミ通文庫より出版されているライトノベル(2021年9月時点で既刊3巻)を指す。

ゲームシステム

1日の流れ

朝→昼休み→練習前→練習中→練習後→放課後→朝と、実際の時計の10分ごとにタウンマップで発生するイベントや行動可能な場所が変わっていく。毎朝4時になると選手の体調が変わり、原則1日1回しかできないイベントマッチも再挑戦が可能となる。

購買部

部費やお小遣い、勝ち抜きメダルなど、交換用アイテムと選手カードやベアマックス、覚醒アイテムなどを交換するショップ。一部販売期限があるものがあり、在庫切れになると次回の入荷日まで待たなければならない。

ナインスター

石とも呼ばれる、このゲームではお金よりも重要なアイテム。
毎日のログイン時(ただしナインスター以外の場合もある)、メインマッチ内のストーリーの初閲覧後、一部のタウンマップ(タウンマップではナインスターのかけらが多い)などでもらえる。購買部でも購入可能だが、プレーヤーの実費(クレジットカード、Google Playカードなど)が必要。

選手

スタート時は80人。購買部でナインスター1個につき5人ずつ枠を拡大でき、最終的に600人まで登録可能。
選手はスカウトのほか試合の報酬や購買部で特定のアイテムと交換して獲得し、その際に選手ストーリーの閲覧が可能となり、獲得時やSSRへの覚醒、選手ストーリー初閲覧でナインスターのかけらがもらえ、5個集めるとナインスター1個に自動変換される。

属性

パワー重視の花(赤)、走塁重視の蝶(黄色)、ミート重視の風(緑)、バランス型の月(紫)の4種類があり、一部の試合やシンデレラストーリーでは特に重要視される。月属性は全ての能力を3200以上に、他の属性はそれぞれ重視する能力を3400以上にしておくのがベスト。

試合

ベンチ要員は初期設定では中継ぎ・抑え・代打の3人までだが、戦術開放により9人まで登録できる。
試合は9イニングまでとなり、自軍が先攻の場合9回までにリードしないと勝利が不成立となる。
ホームラン競争マッチなど一部の試合を除き、5イニング以降は10点差がつくとコールドゲームとなり試合終了となる。
投手は以前は先発が5回まで、中継ぎが6回から8回まで、抑えが9回の登板となっていたが、2019年8月9日のメンテナンス以降は守りの回に投手のスタミナゲージが表示されるようになり、打たれると激しく消耗し、ゲージが3分の1以下になると次のイニングで交代する。そのため、中継ぎと抑え以外に投手をベンチ登録していないと先発が早々に降板し中継ぎが1人で8回までどんなに炎上しようが投げ続けなければならなくなる。
一度クリアした試合会場は閉鎖されない限り再挑戦が可能で、報酬となる選手やアイテムを回収するのも手。
2連勝~3連勝しないとクリアとみなされない試合や、特定の選手の組み合わせが必要な試合、中には盗塁成功が5回以上していないと勝ってもNGという試合もあった。
メインマッチのほか、対戦相手が比較的弱くポイントが多くもらえるボーナスステージもあるが、期限が来ると閉鎖される上に累積報酬が締め切りになってしまうのでここでしか入手できないアイテムがある場合は優先させるべき。
試合毎に監督の元気(体力)は消費され、限界に達したら元気ドリンクで全回復(最大値+残量分)できるが、ない場合はナインスターを代わりに使用しなければならない(ただしナインスター5個と元気ドリンク6本を交換した方がお得)。どちらも消費したくない場合は数時間放置すれば、6分ごとに1ポイントずつ自然回復するのでプレーを我慢する。
2020年11月19日に試合をスキップして実績を残すことが可能なSチケットが導入された。これはナインスター7個とSチケット20枚セットの有料版と毎日ログイン時に10枚配布される無料版があるが、無料版は翌日に持ち込むことはできないので当日中に使い切ること。また使用する試合がステージクリア済みであること、勝ち抜きマッチなどは使用できないなどの条件もある。

タウンマップ

2019年4月18日の大型アップデートで実装された。
学校をはじめ、さまざまな場所へ時間帯によって移動ができる。各地に散らばる選手たちのうち、「・・・」と言う台詞の選手に話しかけるとイベントが発生し、クリアするとアイテムがもらえる。
放課後に甘坂神社に行くと(月、水、金、日曜日に発生)、主人公が「・・・」と言う台詞のアイコンになっており、クリックするとおみくじが引けて、くじ運次第で選手の体調が回復する(ただしこの甘坂神社のおみくじイベントは、ランキングマッチ開催中は開催されないので留意が必要)。また木、日曜日の昼休みに屋上で本庄千景に占ってもらう場合でも選手の体調が回復する(体調回復の代わりにベアマックスやTPをくれる場合もある)。他にも話しかけると回復するイベントが発生する場合もあるが、極めてまれ。
街中を歩くのは当初は本校の選手のみだったが、2020年3月16日以降は清城高校の選手も制服姿で現れるようになった。

プレゼント

アイテムは購買部で購入したものや試合勝利でドロップ報酬されたものは即時所有物となるが、獲得評価ポイントが一定の基準に到達したときの累積報酬やタウンマップで得たものはプレゼント置場に一旦保管され、89日以内に回収しないと消滅する。

青春ランク

他のゲームでいう『プレイヤーランク』。2019年12月時点では、「500」が最大ランクになっていたが、その後上限は撤廃された。
2019年4月18日の大型アップデート以前では、試合でエールポイントを獲得することで「昇格戦」が発生し、昇格戦に勝利することで青春ランクが上がる仕様であったが、大型アプデ以後は「昇格戦」が廃止されて、試合で一定のポイントを貯めればその都度青春ランクが上がる仕様に変更されている。
ランクアップ時には監督の元気が全回復する。

シンデレラマッチ

他プレイヤーのチーム(CPU操作)との対戦モード。通称『デレ戦』。
戦績に応じてエールポイントや報酬を獲得でき、昇格戦に勝利しメインストーリーを開放することで青春ランクが上がる。
2019年4月18日の大型アップデート以後は、「メインマッチ」として常設化されている。チャプターの中には、一定期間のみボーナスステージ付きで解放される形で常設化されているステージも存在する。

イベントマッチ

主にキャラクター育成・覚醒に必要なアイテムを収集するための「毎日1回まで挑戦可能!」(2021年7月1日に廃止され、1日何回でも可能な「育成アイテム獲得!トレーニングイベント」に変更)、イベント限定シーンが報酬としてドロップする限定イベント、月曜日限定でスカウトが1回可能なレアチケットがもらえるイベント、金曜日と土曜日に開催されるグランドスラム変換チケットがもらえるグランドドリームチャレンジ、UR関連アイテムがもらえるシンデレラ覚醒アイテム獲得イベントなどが存在する。限定イベントには選手の特定の組み合わせをしないとクリアが難しいものもあれば、単にキャラクターソングを聴くだけでクリアできるもの、あるいは試合に勝利した上で本塁打1本以上打つことでクリアになるものなどさまざまである。

勝ち抜きマッチ

購買部で特定のアイテムや選手カードの交換するためのメダルを貯めるための試合。負けまたは引き分けでその日の挑戦は終了となる。この試合では監督の体力は消費しないが、選手のレベルは一切上がらないのでURまたはSSRでMAXのメンバーで臨むのがお薦め。また後述の選手交流の課題にもノーカウントとなる。2022年1月10日をもって廃止。

リーグマッチ

勝ち抜きマッチに代わり、2022年1月20日から開始されたイベント。5試合1セットで試合を行い、「セット開始」をすることで自動的に対戦相手が抽選される。ブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナというクラス順があり、セットを進めていくことで昇格戦を行い、勝つことでクラスを昇格させることが可能で、負けてもクラスは下がることがない。監督の体力は消費しないことや、選手のレベルは一切上がらないこと、選手交流の課題にもノーカウントであることは勝ち抜きマッチと同様。

ランキングマッチ

不定期的に開催されている(1~3ヶ月に1度の頻度)、全プレイヤー参加型のランキング戦。
デレ戦と同様に他プレイヤーのチームを相手に試合を行い、数試合分のベストスコアの累計ポイントを競い合う。

シンデレラストーリー

育成シミュレーションゲーム・ハチナイのゲーム性においてメインとなる部分。通称『デレスト』。
基本的に「らいと版」「ノーマル版」「ハード版」の3種類が存在する。
ストーリー形式で進行し、ポイントを獲得することでスキルを習得させたり、才能開花に必要なソウルストーンを獲得することが出来る。
ストーリーは王道でありながらも読み応えのあるものとなっており、キャラクター達の魅力をより深く知ることが出来る内容となっている。
試合自体は省略されるが推奨される属性のなるべくランクの高くかつ絆エピソードが発生する選手を並べるのがベスト。なお新入生やライバルなど実装化されたキャラならメンバーに選べるが、絆エピソードが設定されていないため練習には参加しない。ところが、2019年12月19日に新入生(桜田千代と草刈ルナのみ)の絆エピソードも発生する「秤を揺らす若葉」が追加された。
クリアに失敗してもアイテムは貰えるが、スキルは必ずしも取得できるとは限らない。
2021年7月1日以降、Sランククリアすればストーリーを省略することが可能になった。

スカウト

いわゆるガチャ。
各キャラクターにはそれぞれ複数のシーンがあり、シーンごとに育成を進めることになる。
スカウトで出るレアリティは上からSSR、SR、Rであり、SRやRのシーンでも覚醒することでSSRにすることができる(つまり、全キャラを最大レアリティのSSRにすることができる)。
通常はナインスター50個で10人分引くのが一般的(SRキャラを最低でも1人は当たる)だが、特殊なチケットでのガチャ、有償ナインスター50個限定、期間限定で1日1回までの10人無料ガチャなども開かれることがある。各キャラの誕生日には24時間限定で当該キャラのSSRが当たる場合もあるガチャも開催される。
UR覚醒可能なSSRカードが当たるプリンセススカウトも実施される。

オーダー編成

目的に応じてスタメン9人、ベンチ3人(最大でベンチ7人)のオーダーを編成し、各試合に臨むことになる。
打順や属性、特定キャラクターの組み合わせなどによってチームスキルが発動しチームの戦力が向上するため、野球ゲーム・ハチナイにおける采配要素となっている。
当初は代打は投手の体力が半分以下になった状態で打席が回ってきたときのみ(それでも打席に立つ投手もいる)で、代走、守備固めを含めて任意で交代はできない仕様であったが、2019年に「カスタマイズ」が導入されて、継投、代打、代走、守備固めがプレイヤーの任意でできるようになったことで采配の幅が大きく拡がった。
オーダー編成は15組まで登録が可能なので、スキル別や属性別などさまざまな組み合わせを登録するのがおすすめ。
2022年3月1日に大幅に改変。

強化

各シーンのレベルを上げること。
曜日イベントやデレ戦、デレストの報酬で獲得出来るベアマックスを素材に合成を行うことでレベルが上がる。
また、同じシーンやクリアベアマックスを合成することで「限界突破」となり、ミート・パワー・走力・守備(投手はさらに球速・コントロール・スタミナ)の各能力の底上げを5回まで行うことが出来る。

覚醒

曜日イベントやデレ戦、デレストの報酬で獲得出来る覚醒素材を使うことで各シーンのレアリティを上げることが出来る。
N→Rにはまず各属性用のココロの欠片(薬の瓶)が、R→SRにはさらにココロの芽生え(1枚羽根)が、場合によってはココロのつばさ(2枚羽根)が、SR→SSRにはさらにココロの自由アオ(銀の1枚羽根)またはココロの自由ハル(金の1枚羽根)が必要で、一部キャラはさらにココロの双翼(当該キャラと同じ絵が描かれたプレート)を10枚集めないとならず、限定イベントで枚数不足のうちに終了してしまった場合はそのキャラのSSR覚醒はイベントが復刻するまで断念せざるを得ない。
2020年4月6日にさらに上級のURというクラスが設定され、レベルも最大120となったが、覚醒できる選手カードは限定され、専用の覚醒アイテムも必要となる。また投手を含めたほぼ全てのポジションを守ることが可能。ただし同じキャラクターを2人以上編成はできず、リンクさせている他の選手も編成から外される。またレベルも1に戻される。
UR覚醒カードは期間限定で開催されるプリンセススカウトで当てるか、外れまくってもおまけでもらえるコインやポイントを集めて交換する。
この他「決」と書かれたココロの双翼を4色各10枚必要な選手(この場合それ以外の覚醒アイテムは不要)や、ココロの双翼が1枚で済むコラボ選手などもいる。

才能開花

主にデレストで獲得出来るソウルストーンを使い、各シーンの才能レベルを上げることが出来る。
才能レベルが高い程試合で発揮する効力が大きくなる。
また弱点を克服し、逆に利点にすることもできる。

スキル習得

シンデレラストーリーでもスキルは獲得できるが、急ぐ場合や何度シンデレラストーリーをやっても取得できない場合は絆の結晶を使用して取得する。特にピンクスキルや向日葵スキルといったレアスキルはほとんどこの方法で取得。

戦術開放

英知のカケラ(紫水晶)を集めると戦術を覚えたり、ベンチ枠拡大で選手交代がしやすくなる。練習後の校庭・体育館・武道場のいずれかで拾える。

信頼度

毎朝学校の校舎前や、本校の選手限定で川奈バッティングセンターでの練習の付き添い(結果に関わらず10ポイント)などでトラストポイント(TP)を得て、限定イベントマッチ報酬や配布によって獲得出来るココロのカギを使うことで各キャラクターの信頼度を上げステータスを向上させることが出来る。なおココロのカギは入手方法が限られるので、「育成アイテム獲得!トレーニングイベント」では優先した方がよい(英知のカケラ、絆の結晶、ソウルストーンは他にいくらでも入手方法がある)。
信頼度はキャラクターごとに分けられており、そのキャラクターの各シーンで一斉にステータスが上昇する。
なおタウンマップでTPがもらえるのは本校の選手(掛橋先生を除く)のみで、それ以外の選手は試合時にお気に入り登録するしか信頼度を上げる方法はない。

移籍

売却専用のベアマックスやスカウト等で出た選手を移籍させる(自チームから消去する)ことでおこづかいを獲得出来る。
おこづかいは購買部にあるアイテムや限定シーンと交換することが出来る。

姉妹校

ベテランユーザーが登録したチーム。シンデレラストーリーでのカードのサポートや、選手の遠征先となる。遠征に行かせた選手は20時間チームから離れるが、運が良ければアイテムやスキルを取得して復帰する(運が悪ければ手ぶらで帰ってくることもある)。2019年10月25日のメンテナンス後には対戦が可能となった。

ハチナイ放送部

4コマ漫画「午後のハチナイ」やアカツキのスタッフが最新情報を紹介する「ハチナイTV」、船戸ゆり絵・緑川優美・ベアマックスコーチ(CVはアカツキの男性スタッフの誰か)が初心者向けの攻略方法を紹介する「ハチナイトレーニング」、女性タレントが野球に挑戦する「ガチナイ」などが視聴できる。

練習

2020年8月17日に追加されたメニュー。
本校の選手(姉妹校へ遠征中や保管庫に預けられた選手を除く)を対象に、ミート・パワー・守備・走力と4つのジャンルを2人ずつ8~12時間鍛える。練習が終了すると場合によってはペアを組んだ選手間のキズナが上がったり、個人スキルも獲得できたりする。キズナが上がると試合中にパートナーを応援しタイムリーヒットやホームランが出やすくなる(ただし応援しても盗塁でキャンセルされてしまうことも)。
一括練習を選択すれば一度に大量の選手が練習に参加するが、何も得られない選手も出る上に、キズナのペアは選べない。
2022年1月30日に練習設備のレベルアップが実装され、ライバル選手やコラボ選手も練習に参加できるようになったが、キズナの設定はない。

選手交流

2020年10月22日に追加されたメニュー。
ストーリーや上記の練習で結ばれたキズナアルバムやおすすめエピソードの閲覧、ボイスの試聴、キャラクターの出没時間と場所を確認できるタウンマップ情報、本校選手限定の課題がある。課題はさまざまな条件をクリアするとナインスターやかけら、TP、ボイスがもらえる。

八月のサプライズ

2022年6月27日に実装化された期間限定イベント。
アドベンチャーゲームの一環で、イベントマスでストーリーを進め、状況によっては実績ポイントを得て、補強マスは獲得済みの選手を実績ポイントの範囲内で編成に入れることができ(未編成の枠はモブ選手となる)、試合マスで試合をしさらにポイントを稼ぎ、ゴールを目指す。

ハッピーハロウィンハプニング!

2022年10月29日に実装化された期間限定アドベンチャーゲーム第2弾。

テレビアニメ

2018年7月31日に、テレビアニメ化が決定された。
2019年4月から同年7月にかけてテレビ東京テレビ大阪テレビ愛知AT-XBSテレ東ほかにて放送。また、放送時期は多少ずれるがテレビ和歌山でも放送されたことがある。
さらに、hulu日本経済新聞社系のアニメ配信サイト・あにてれなどでのネット配信も実施している。
なお、一部放送局では、全仏オープンテニス中継の影響を受け、放送日程の大幅な変更が行われた。
EDテーマ曲は槇原敬之のナンバーである「どんなときも」の、西田望見らによるカバー版が使われた。

2020年7月から9月にかけて、ブルーレイソフト版を『Re:fine』としてテレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、AT-Xにて放送した。新たに1話分を「延長戦」として放送している。
ちなみにEDテーマ曲のオリジナルである槇原が覚醒剤所持容疑で逮捕された事により本作のEDテーマも封印されるのでは無いかと心配されたが、本作は槇原自身が参加していない事もあってかそのまま使われた一方、一部エピソードではEDテーマ曲の差し替えが行われている。

さらに2021年7月からは新作エピソ-ドの13話を追加した『2021』が、テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、AT-XばかりかBSテレ東などで放送。

原作と違い、舞台となる学校の名称が市立里ヶ浜高校となっており、監督(ゲーム主人公=プレイヤー)は登場しない。
そのため、原作では登場の際に監督が絡むが故に途中登場となる宇喜多茜が野球同好会の発起人の1人となった一方、原作では発起人の1人であった鈴木和香が途中参加に変更、野球部顧問の掛橋桃子が監督も務めるようになっている(が故に剣道部の顧問は退いた)。
さらに、原作では三塁手であった岩城良美が左翼手にコンバートしている。
高校がゲームの私立から公立になり、男子の制服がゲームと違い学ランではなく女子と同じ様なブレザーに変更されている。


漫画

2021年8月19日発売の週刊少年チャンピオン38号より連載開始。タイトルは「八月のシンデレラナインS」。作画は星野倖一郎
翼たちと神宮寺率いる清城高校の決勝戦を見て感動した鈴村あすは。彼女はとある高校に進学し斉原理穂とルームメイトになり、廃部寸前の野球部に入部するところから物語が始まる。顧問は椎名じゅりが務める。
2022年3月10日発売の15号を以って週刊少年チャンピオンでの連載が終了し、秋田書店のウェブコミック配信サイト「マンガクロス」へ移籍。

キャラクターソングユニット

HUiT

有原翼(西田望見)、東雲龍(近藤玲奈)、野崎夕姫(南早紀)、河北智恵(井上ほの花)

Clutch!

阿佐田あおい(立花理香)、九十九伽奈(白石晴香)、岩城良美(山下七海)、倉敷舞子(佐伯伊織)、本庄千景(朝日奈丸佳)、塚原雫(芝崎典子)

TwinCrew

神宮寺小也香(明坂聡美)、牧野花(佳村はるか)

IN-HI 16

我妻天(相坂優歌)、桜田千代(河瀬茉希)、小鳥遊柚(楠木ともり)、リン・レイファ(福緒唯)、草刈ルナ(青木志貴)

KOKORi

逢坂ここ(高木美佑)、椎名ゆかり(船戸ゆり絵)

背番号 / HUiT


摩擦主義 / Clutch!


Generic Riot!! / IN-HI 16


陽が沈んだ後のワタシー / KOKORi


ハチナイMUSIC - YouTube

関連イラスト

デフォナイ
八月のシンデレラナイン


ハチナイ!
【CC配布】八月のシンデレラナイン風キャラクター 30人


柊ちゃん、椎名ちゃんらの作戦会議
ハチナイの落書き色々



関連動画




関連タグ

ハチナイ シンデレラナイン シンデレライレブン


外部リンク

公式サイト
DMM版公式サイト
アニメ公式サイト
公式Twitter
YouTubeハチナイ公式チャンネル

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16412635

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました