ピクシブ百科事典

街雄鳴造

まちおなるぞうことにくのおにいさん

街雄鳴造とは、『ダンベル何キロ持てる?』の登場人物である。
目次[非表示]

笑わないよ。一生懸命頑張っている人を、誰も笑ったりしないさ!

はいッッッ!!!! サイドチェスト!!!!!

概要

CV:石川界人
ダンベル何キロ持てる?』でシルバーマンジムのトレーナーを務める青年。爽やかな顔立ちのイケメンと、首から下は合成写真を疑わんばかりのゴリマッチョ体格が特徴。着衣時はなぜかスマートになるが、その理由は永遠の謎。
絵に描いたような人格者で服さえ着ていれば普通に無敵のイケメン好青年。本作の主要人物である紗倉ひびき立花里美は、彼を一目見て入会を選んだ。
ただ、トレーニングの解説中にボディービルのポーズを交えつつ服をキャストオフ、筋肉を見せつける癖がある。時には路上でポージングし始めることも。そのため、メインの女性キャラが多い作風ながら一番の肌色要員であったりする。
巻数を重ねるごとに肉体もパワーアップ、筋肉でできることがギャグチックになっており、僧帽筋でスイカを器用にリフティングするという特技を見せたことも。奏流院朱美曰く「知性を持った筋肉みたいなもの」。また、その凄まじい筋肉について「才能のある人が生活の全てをトレーニングに捧げて、ようやく到達できるレベル」とも評している。

性格は良くも悪くも筋肉バカだが単純な脳筋でもなく、高校卒業後はアメリカに留学してスポーツ理論を学んでいたぐらい頭が良く、実際トレーニングの解説も論理的でトレーナーとしての実力もトップクラス。
作中随一の人格者で誰とも気軽に打ち解けていたり、周囲がやや否定気味なひびきの進路に関しても真剣に応援している。
また、トレーニングも個々の要望に理解を示し、古い根性論や自分の様なボディビルダー向けのトレーニングを強いる様な事は決して行わず、ダイエット向けやスタイルや体型作りや維持を意識したトレーニングもちゃんと指導し、休憩も取らせ、何より体力の低さを決して馬鹿にしないため、ひびきや里美もトレーニングを続けられている。
アニメでは筋トレ解説を教育番組風に行っており、「肉のお兄さん」を自称する。

友人に誘われて参加したイベントで極度の筋の登場人物「筋王様」のコスプレを披露したところ、劇中の名シーンの再現度の高さから参加者に大ウケ、ちょっとした有名人になった。
高校時代はアメフト部に所属しており、当時からすでにマッチョだった。前述の通り、高校卒業後はアメリカに留学してスポーツ理論を学んでいる。
家業は「益荒神社」という神社神職で、自身も神職としての資格を持つ。年末年始は家の手伝いをしており、参拝客からは「マッスル大明神」と呼ばれている。
霊的な気配を感知すると大胸筋が自然とパンプアップする体質(自称「大胸筋レーダー」)で、「お祓いトレーニング」による除霊もできる。できてしまう。
ムジテレビの「でかいでかいばぁるく」ではトレーナー役の「筋肉の神・ナルゾウさん」としてCG出演しているが、クオリティが90年代初頭レベル。

彼を語るとどうしても愉快な説明になってしまうが、なんだかんだ言っても人格者な好青年であることは間違いなく、彼を慕う人、そしてそれ以上の想いを持つ人も出てくるようになる。

余談

  • 名前の由来は単行本等で明言されていないが、「マッチョなるぞう」のもじりと思われる。
  • ケンガンアシュラ』に登場する氷室涼が勤務するバー「大宇宙」の常連で、仕事終わりに通ってプロテインを飲んでいる。またユリウス・ラインホルトとはケンガンのおまけ4コマでCM共演したこともある。
  • 単行本の表紙裏のグラビアに毎回登場している。ただ片方に出ている女性陣が脱いだ状態なのに対して、彼は服を着た状態で毎巻登場している。
  • 彼の担当声優である石川界人氏も、筋力トレーニングや減量を行っていることで知られている。


関連タグ

ダンベル何キロ持てる?

ウルトラマンタイタス…アニメ放映と同時期に始まった特撮ドラマに登場するヒーロー。度々ポージングを決めるため、街尾を連想する人が多いとか。

着痩せするタイプ

関連記事

親記事

ダンベル何キロ持てる? よむぷろていん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「街雄鳴造」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 452079

コメント