ピクシブ百科事典

ユリウス・ラインホルト

ばかまっちょ

ユリウス・ラインホルト(画像上)は、サンドロビッチ・ヤバ子氏原作の漫画「ケンガンアシュラ」の登場人物。
目次[非表示]

概要


本名ユリウス・ラインホルト
通称"モンスター"
所属企業東洋電力(企業序列第2位)
身長205cm
体重210kg
拳願仕合戦績51勝0敗
企業獲得資産1兆6277億1100万円

トーナメント参加闘技者の中でも屈指の巨体を誇る、ドイツ医学の粋の極み、科学が産み出した「最の筋力」を持つマッスルモンスター。

企業獲得資産が306勝で3兆円弱の若槻に対してユリウスは51勝で1兆円強まで達している。(単純に考えて300勝無敗で約9兆)

巨躯もさることながら特筆すべきは「常人なら絶命に至るドーピングの嵐」「200kgを超える巨体でありながら一流の陸上選手並みのスピード」「守れば岩をも砕く鉄壁の鎧になる」程の圧倒的な筋力で、試合前の回想シーンではアクセル全開のF1レーシングカートを鎖で繋がれた状態で引きずるという人間離れした技を披露し、
その後の沢田慶三郎戦では、彼の全力の蹴りを僧帽筋にモロに食らったにも関わらず平然としていた。

性格

自身の実力に絶対の自信を持っており、それ故に沢田戦では油断をし攻撃を受けてしまう。
しかし、それを食らってなお平然としているあたり油断ではなく余裕と捉えて間違いは無いだろう。

東電のマーダーミュージックに対する脅しを「余計な事」と言ったり、本来の対戦相手であった沢田の相手を買って出たり、缶をぶつけて沢田の始末を妨害した山下一夫を一度許すなど、同じく東電傘下の目黒正樹や二階堂蓮と比べ義理堅い一面を見せている。

また、沢田には一度バカマッチョと呼ばれているが普段は冷静で、
(おそらく)二階堂よりも早く沢田の蹴りの性質を見抜いておりどちらかと言えば知的である。

トーナメント2回戦ではあの若槻と互角の殴り合いをする。

関連タグ

ケンガンアシュラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ユリウス・ラインホルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22650

コメント