ピクシブ百科事典

ジャック・ハンマー

じゃっくはんまー

「刃牙シリーズ」に登場するカナダ出身のピットファイター。
目次[非表示]

日に30時間の鍛錬という矛盾のみを条件に存在する肉体
10数年その拷問に耐え…
───俺は今ステロイドを超えた!勇次郎の前に立つ!

プロフィール

国籍:カナダ
ファイトスタイル:ピット・ファイティング
身長:193cm→213cm(骨延長手術後)→243cm(刃牙道で更に骨延長)
体重:116kg→推定160kg前後(骨延長手術後)→201kg(刃牙道で更に骨延長)
Cv:坂口候一(2001年TVアニメ版) / 三宅健太(2018年TVアニメ版) /

概要

ジャック・ハンマーは板垣恵介の漫画作品『刃牙シリーズ』に登場する架空の人物である。名前の由来は削岩機意味する「ジャック・ハマー」または同名のプロレス技からだろうか。

最大トーナメント編にて初登場、他の多くの出場者とは異なり特定の格闘技の流派だけに拘らない、噛み付きさえも使う野性的な戦法や、常軌を逸したドーピングで得た強靭な肉体を武器に正体不明の実力者として勝ち上がる。刃牙との決勝戦では「JACK範馬」の名を背負ったガウンを纏って入場し、自らを範馬勇次郎の長男、主人公範馬刃牙の腹違いの兄だと明かした。

弟の刃牙に比べ勇次郎に近い顔つき、体格を持つ。勇次郎には「ヤツ(ジャック)は範馬の血が薄い」と言われ軽く見られているが、作中では格闘戦での勇次郎、刃牙、ピクル、実戦での本部以蔵以外に敗戦は無くシコルスキーやモハメド・アライJrを一方的に痛めつけるなど、ほぼ最強クラスに入る実力の持ち主である。

弟同様(父への想いは弟とは別のものだが)父、範馬勇次郎を超える事を目標としており、食事、呼吸、さらには思考に至る生命維持活動の全てを「強さの獲得」に費やしている。
純粋に強さのみの獲得を目指しており、若い頃は過剰なトレーニングに筋肉や体がついていけずまるで幽霊の如く痩せ細っていた。
ところがジョン博士(過去に勇次郎が北極熊を蹂躙する姿を見て、彼のような強さを持つ存在を作ることが願望のマッドサイエンティスト)と出会い、そのオーバートレーニングを維持できるだけの(常人の致死量を遥かに上回る)薬物やステロイドを提供を受ける。
投薬後ほどなくして100m走で9秒37を記録したり、ウェイトリフティングのワールドレコードを顔色一つ変えずに放り投げるなど超人的な力を手に入れた。
その後、博士が引き止めるほどのさらなる薬物摂取と1日30時間とさえ言われる常軌を逸したトレーニングを日常的に続けた結果、マックシング(薬物の過剰摂取により生じる身体の臨界状態)を克服しステロイドを超えた存在となる。

ちなみにジョン博士は自分の薬物が、思い描いた理想を遥かに超越した怪物(=ジャック)を生み出してしまったことへの恐怖と後悔から自ら命を絶った。
フランケンシュタインの怪物が理想像だと語る彼は、後に(元マッドドクターの)鎬紅葉による骨延長手術を受け、更なる戦闘力を手に入れる。
刃牙道では更なる骨延長手術を行い、身長が243cmになった。

人物像

格闘家としては「強さの追求」という点について言えば、ある意味、本作中最も純粋でストイックな男であり、マホメド・アライJr.には『完全主義者』と評された。
登場当初は、まるでサイボーグのようなシャープで無機的な顔つきで、感情の起伏は全く読み取れないが、戦闘中に薬物の効果が発現すると表情筋までもがパンプアップし、まさに悪鬼の如き形相を見せる。

しかし、後述する禍々しくえげつないファイティングスタイルと、ストイックを通り越して狂気とすら呼べる「強さ」への執念から冷酷な人物と思われがちだが、寡黙ではあるものの戦い抜きの場では意外と人当たりは良くフランクな性格だったりする(単に鍛錬にかまけて他のキャラと絡む機会が少ないだけ)。
特に血を分けた弟である刃牙に対しては屈折しつつも純粋に兄弟愛のようなものを抱いており、刃牙と血みどろの死闘を繰り広げた最大トーナメント決勝戦でもそこに殺意や憎悪といった悪感情は存在しておらず、決着後は自らの敗北を素直に認め、チャンピオンベルトを持てない程の負傷で困憊した刃牙に手を差し伸べている。
また、医者としての見地から自分に忠告を行ったり骨延長手術を担当した鎬紅葉とは最大トーナメント以後はプライベートで一緒に語らいながら食事するほど仲良くなっており、これ以降も何度となく世話になることになる(奇しくもお兄ちゃんコンビである)。

モラルを無視したファイティングスタイルについても、基本的に精神的にも肉体的にも常軌を逸した連中がゴロゴロしている本作の登場人物の間では目立って残虐というわけでもない。
向かってきた相手を徹底的に叩き潰すスタイルも、ジャックなりの相手への敬意の示し方である。逆に、相手の強さや心意気が自分と勝負するに値しないと判断した場合は早々に興味を失って戦いを切り上げてしまうこともある。

肩書のピットファイターとは作中の表現を借りれば「賞金目当ての喧嘩屋」だが、実際にそういう勝負をする姿が描かれたことは無い。ドーピングゆえ参加できない正規の格闘技の代わりの実戦経験の場とする見方や最大トーナメントに出場するための嘘の来歴とする考察もなど読者の間でも説が分かれている。
少なくとも最大トーナメント後は日本滞在を続けており、父である勇次郎と同じく定職が無い事実上のニートである(複数のトレーニングジムに通っていたり、高そうなステーキを皿が山積みになるほど食べたりしていたのは、最凶死刑囚の公開処刑の際の手際などから猪狩完至がパトロンについているからだと推測される)。

なお浜岡賢二の漫画浦安鉄筋家族には彼をパロディした花園垣というキャラクターが存在する。ちなみに垣の母親の花園勇花は範馬勇次郎のパロディである。

能力

致死量を遥かに超えた量のドーピングと狂気的なまでのオーバートレーニングで積み重ねた強靭な五体を活かした我流のパワーファイトを得意とする。薬物の効果が切れている状態でも「超肉体」「筋肉の要塞」と呼ばれた鎬紅葉を片手でねじ伏せるほどの筋力を持つ。かつて勇次郎が倒した個体をも上回る、天突く巨体のホッキョクグマをも難なく素手で殺害している。
極限まで鍛え上げられた筋肉は極めて強靭で、シコルスキーに先端が尖った杖で腹を突かれても全く動じず「本物の槍じゃなきゃ俺の腹筋は通らねェ」と言い放った(槍術の構えを見せたシコルスキーに対し、「やめておけ」と事前に忠告していた)。

戦法もルールやモラルに囚われず「噛み付き(バイティング)」を得意とし、アレクサンダー・ガーレンの薬指と小指、渋川剛気のアキレス腱、刃牙の上腕二等筋、ピクルの左耳などを喰いちぎっている。
ヤシの実を喰いちぎったり、Tボーンステーキの骨を「サクサク」食べる、釘を口の中で結ぶなど、その咬筋力は意図して鍛えている。

鍛え抜かれた身体を活かした戦闘が基本で「技」と呼べるものはほとんど利用しない。
しかし、最大トーナメント準決勝では渋川が50年かけて編みだした『合気』の極意を瞬時に模倣し、渋川の合気を更に合気で返して勝利するなど、範馬一族特有の天才的なラーニングセンスの高さを垣間見せているので、技の類を使わないのは勇次郎や花山薫と同じく単にジャックの個人的信条によるものとも考えられる。

しかし、あらゆる環境で闘争・戦闘を渡り歩いてきた勇次郎には「噛みつきなど戦場闘争では基本の一つに過ぎん」とあしらわれ、噛みつきをかわされた上に逆にノドを食いちぎられてしまった。
ピクルに敗れた際『保存食』として高層ビル屋上に一時的に吊り下げられ、そのことを目覚めた病院で刃牙から聞かされたことでファイターとしての心が崩壊し、慟哭した。
ピクルとの戦いで顎の骨を砕かれた事が原因なのか、それまで流暢だった日本語がカタコトになっている。(漫画のふきだしにて、ひらがなの部分がカタカナになっている。)

更にその後の刃牙道では、本部以蔵と対峙した際、ジャックが噛み付きをしてくる事を読んでいた本部が服の下に強化アラミド繊維の防具を着込んで居たため、通用しないどころか噛みつかせた状態で一気に肩を引き抜かれて歯を根こそぎ持っていかれてしまった
ちなみに最大トーナメント後、勇次郎に敗北したとき「衣類の上から噛み付く際、布を吟味すべし」と忠告を受けていた。
なにも成長していない・・・

そのほか、この戦いでは何でもありの本部流に自身の力に任せて向かっていった結果(本人が最初本部を侮っていたこともあるが)、最終的に以蔵の実戦技術に翻弄されるような形で敗北している。
その後は治療のため松葉杖を使用しつつ、地下闘技場にて宮本武蔵と闘う選手を観戦している。

※マックシングは作者による造語。

関連項目

刃牙シリーズ グラップラー刃牙 坊主 巨漢
地球防衛軍フェンサーが装備できる強力なパンチ装備が「ジャックハンマー」と言う。

関連記事

親記事

グラップラー刃牙 ぐらっぷらーばき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャック・ハンマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1224116

コメント