ピクシブ百科事典

範馬刃牙

はんまばき

範馬刃牙は、板垣恵介の漫画作品『グラップラー刃牙』シリーズに登場する主人公。または、同作品の第3部のタイトル。通称「バキ」
目次[非表示]

プロフィール

年齢:13歳(幼年編)、17歳(地下闘技場編~)、18歳(『範馬刃牙』~)、1977年~1978年頃の生まれ。
ファイトスタイル:トータル・ファイティング
身長:167cm
体重:71kg
シリーズによって名前表記が違うためバキも参照

人物像

地上最強の生物』と言われる男範馬勇次郎の息子。
母親は朱沢コンツェルンの総帥・朱沢江珠。
幼いころから両親によって格闘技の英才教育を受け、あらゆる格闘技を体得していく。
そこらの同年代とは比較にならない力量を持つも、中学生時代に父に挑んで敗れ、「喰われ」そうになったところを母が身代わりになって救われる。だが、それにより江珠は命を落とし、この一件で復讐を誓った刃牙は父を超えることを目指し始める。

勇次郎が性格・言動ともにかなりぶっ飛んだ人物なのに対し、刃牙は(作中でいえば)かなり良識的で控えめ。ただ、戦うことへの本能と姿勢は本物であり、強くなるためならばいかなる努力も惜しまない。ただし作中「親父がもし地上最弱の生物なら、俺は2番目に弱い生物でいい」と語っているあたりが、無分別に最強を目指す他のグラップラーとの大きな違いである。
ちなみに彼の性格は(当然だが)年相応の違いがあり、中学生時代はかなりのヤンチャだった。

特に作中では言及されないが語学は達者で、少なくとも英語は常用レベル。幼少期から外国人トレーナーに囲まれていたせいだろうか。しかし学業の成績はよろしくない(体力測定で珍記録を連発する様を見るに体育の成績も怪しい)上に長期欠席も多い。
また、一人暮らしや武者修行で培ったのか料理も上手い。


戦闘スタイル

バキ(刃牙)の戦闘スタイルは、多種多彩な格闘技を織り交ぜた自己流の武術(トータルファイティング)とでも呼ぶべき独自のスタイルである。武道家や剣士などのあらゆる武のカリスマのを吸収し、進化させることによって生み出されたそれは、あらゆる局面における戦闘を可能とする。

ゾルゲル島にて。


(画像はイメージです)
中でもイメージトレーニングの能力は群を抜いており、体重100㎏のカマキリとの戦闘をイメージした際には、実際にを流し、自らコンクリートの壁が砕け散るほどの勢いでぶつかるなどといった冗談のようなトレーニングをおこなった。

2分(くらい)でわかる刃牙の偉業の数々

  • 13歳の時、ゴリラより強い夜叉猿と闘い白星を治める。
  • 蹴り1発でヤクザの組長のビルの外まで吹っ飛ばす。
  • 素手の一撃でプロボクサーを10m以上吹き飛ばせる怪力男コンクリートの壁をぶち抜く勢いで殴り倒された挙句、振り回されたゲームセンターの匿台で殴られても立ち上がる。
  • しかもその時に殴られても起き上った理由が「気付けの為に口の中にガラス片を入れていたから」
  • 剣の達人日本刀で斬られても刀より早く回転して攻撃を無効化し、その勢いで剣士を蹴り倒してKO。
  • 前述した怪力男のパンチを受けても痛がるそぶりも見せない。
  • 20㎏のと片足2㎏のを着用してその怪力男との群れ相手に無双出来るボクサーの二人相手にスパーリングして押せる。
  • 「人間の反応速度を越え、先に出した奴が確実に勝つ」とされるスピードのパンチを普通に視認して掴んで止める。
  • 身長240㎝の巨漢レスラーを瞬殺。
  • 上腕二頭筋を食いちぎられても自力で止血。しかも勝利する。
  • 立ち幅跳び砂場を飛び越える。
  • 筋力がありすぎて鉄棒が下手糞。理由は鉄棒を引っこ抜いてしまうから
  • 持久走で世界記録級のタイムを叩き出し……かけるが、イメージトレーニングが習慣化しているせいかコンダラを引っ張っているイメージを無意識に反映させてしまい大減速。
  • 拳を握っただけでギプスを吹っ飛ばす。
  • 達人レベルの格闘家を圧倒する最凶死刑囚柳龍光シコルスキー相手に終始優勢。
  • 巨岩を素手で真球にする武術家を(病気で死にかけていた時ですら)子ども扱いできる。
  • 勇次郎も名前を知っていた郭海皇の息子、『狂獣』郭春成2秒でKO。
  • 動きが速すぎて常人には消えたようにしか見えない速度で殴り合いが出来る。周囲を包囲した警官数名に全く反応させずに制服のボタンを引き千切る。
  • 小学生ケツを叩いて8mほど吹っ飛ばせる。
  • 四方八方から発射される拳銃の弾丸を銃口すら読まずに難なく回避
  • 自分より100kg近く重いオリバとのパンチのラッシュに真っ向から力押しで勝つ。
  • 範馬勇次郎を技に追い込むほどのパワーを持つピクル地下闘技場のど真ん中から観客席まで蹴り飛ばされても生存。
  • 上記のピクルパンチを食らいまくっても耐え抜く。
  • 恐竜をはるかに上回る程の速度で動くピクルの攻撃を見切り、それどころか着いて行くほどのスピードを習得。
  • とうとう勇次郎から「お前の拳はいかなる銃弾より迅い」と言い切られる。
  • 挙句の果てに勇次郎に足を掴まれ、ワゴン車に叩きつけられても車の破片で人形を作って勇次郎にプレゼントする。


…このヒトは人間なのか?

因みにキャラクターのモデル(外見やファイトスタイルなど)は総合格闘家の平直行で「グラップラー刃牙」第5巻巻末に紹介、コメントも掲載されている。また、OVA版では審判役で出演した。(空手極真会館宮城支部→大道塾】を始め、高校時代にはボクシング部に所属、修斗、ブラジリアン柔術シュートボクシングプロレスみちのくプロレスや格闘探偵団バトラーツ(解散)などで活動】、総合格闘技【リングス】を経験。また一時期「すき家」に勤務していた。)


関連イラスト

刃牙ちゃんの赤い糸
幼少刃牙☆



関連タグ

グラップラー刃牙
俺にもありました
範馬勇次郎
バキ

pixivに投稿された作品 pixivで「範馬刃牙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 832088

コメント