ピクシブ百科事典

鞭打

べんだ

鞭打とは、人間が格闘において用いる打撃技の一つ。『刃牙』シリーズでの描写が有名。
目次[非表示]

概要

読んで字のごとくのように打つ』行為を表す。似たような技にビンタが存在するが、こちらが主に相手の顔に向けて放つのに対し、鞭打は目に見える相手の肉体全てが標的となり得る。

。打撃を繰り出す際、本来は力を籠めるべき部位で敢えて脱力。振り子のように自然体で揺れ動くそれらの器官は徐々に重みを増していき、インパクトの瞬間にのみ圧倒的な加速で対象の肉体に打ち付けられる。

この技で特筆すべきは、『破壊力』ではなく『相手に与える苦痛』の甚大さである。「人体最大の器官」に余すことなく打ち付けられるその打撃は、大男から赤子まで等しく感じる絶大な痛みを繰り出す。肉体的ダメージは他の打撃と比べ遥かに脆弱だが、こと「痛みを与える」という一点に関しては他の追随を許さない。あらゆる人体の耐久力を貫通しうる妙技である。

主な使用者

『最凶死刑囚編』にて登場した唯一の日本人死刑囚。掌の内側に真空を作り出す武術「空道」を極め、上記の脱力と合わせた鞭打は人間の皮膚を抉り取るほどの殺傷力を持つ。範馬刃牙に対し使用し、彼の肩や足を削り負傷させるも、直後に同様の手段でやり返され、苦痛に顔を歪ませた。

ご存じ地上最強の生物。本人は「女子供の技」と一笑に付しているが、相手に苦痛を与える際の有用性は熟知しており、刃牙との親子喧嘩の最中に使用。最強の肉体から放たれる全霊の一撃は、これまで刃牙が経験したあらゆる苦痛をあざ笑うかの如き圧倒的な激痛を生み出した。
我らが主人公。上記の二人に加え、野人ピクルに対して使用。驚異的な脱力による鞭打は、柳は勿論、かつて恐竜たちと死闘を演じた圧倒的タフネスのピクルにも絶大な効果を発揮した。ただし勇次郎に放った際には、全身の筋肉によって衝撃を打ち消され不発に終わった。

関連タグ

刃牙シリーズ ビンタ 平手打ち

関連記事

親記事

範馬刃牙 はんまばき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鞭打」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1122669

コメント