ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

名前荀彧(じゅんいく)
文若(ぶんじゃく)
勢力
所属軍曹操軍
登場ナンバリング『7Empires』~
cv大原崇
得意武器陣杖(『7Empires』)、鏢(『8』)
身長180cm
一人称
呼び方あなた、皆さん(複数人)、〇〇殿(味方)、〇〇(敵)、曹操→殿 荀攸→公達殿


7Empiresから無双武将として正式参戦。
キャッチコピーは「清爽な空気を纏う王佐の才」

人物像

容姿

正史での容姿描写から爽やかな正統派美男子としてデザインされている。中性的な顔立ちだが、彼の意思の強さを表すかのような太い眉毛が特徴。
黒髪の一つ結びで、前髪は右分け。衣装は露出度が低い落ち着いた衣装で帽子が特徴。

真・三國無双7Empires

6・19


黒色多めで差し色に青と金が使われている。

真・三國無双8

なーん


前作よりスッキリしたフォーマルになり、色も紫がかった青基調となった。公式コメントには「荀彧の風采の良さは弔問にピッタリ」という逸話から採用したとあるが、この逸話は寧ろ顔の良さを皮肉にした悪口。チャイナボタンや4本のベルト、銀装飾や銀糸の刺繍も追加されている。

性格

魏軍師には珍しい落ち着いた雰囲気の清廉派で、誰にでも礼儀正しく敬語を使う。穏やかで荒れた世を正したいと考えているが、その過程では卑劣な行動や策を講じるのも仕方ないと考えている。また、人(主君の曹操を含む)にどう思われようと自分の考えを貫こうとする意志の強さも持ち合わせている。

活躍

並以上の才を持っており、曹操に幾度となく献策をしてその覇道に貢献し、「王佐の才」と称えられた。また、敵味方問わず人の才能を見抜くという鋭い洞察力の持ち主。その慧眼で人材発掘にも手腕を発揮した。

他武将との関わり

郭嘉荀攸といった他の魏軍師との会話が多い。

曹操

荀彧が仕える主であり、乱世の収束には彼の覇道を成すことが最も先決な道と考え、郭嘉荀攸ら他の軍師と共に支える。
しかし、赤壁の戦いの後に魏公の座につく曹操には反対し、その事が原因で彼との間に亀裂が走ってしまう。


バトルスタイル

真・三國無双7Empires
陣杖」という設置系統のアクションに重きを置いた武器使用。攻撃モーションは設置して、範囲を指定し、まとめて攻撃する。モーションは少しもっさりしていて、設置にも頭を使うため上級者向け。

真・三國無双8
」を使用。一部モーション以外は王元姫張郃とコンパチ。固有モーションも大して汎用モーションと変わらないという悲しい仕様だが、それでも雷属性が追加されていたりする。固有技や無双乱舞では前作の名残として雷で陣を作り、そのまま爆散させる攻撃が多い。

シリーズでの動向

真・三國無双7Empires
オープニングにデカデカと登場し、存在感を見せつける。初参戦のためか生き様に物凄い補正がかかっており、頼りになるキャラクター(特に外交での成功率が群を抜いて高く、ほぼほぼ成功する)。政略で頼りになる反面、自分で操作武将として使う際はやや扱いにくい。
エディット武将の模擬戦のトリを勤めているのは彼。エディット武将をスカウトしに来たのだろうか?なので、人によっては一番倒している無双武将かも知れない。

無双OROCHI3
4章「蒼き覇道」クリアで曹操達と共に加入。
柳生宗矩から「物分りの良い御仁」と評され降伏を促されるも、はっきりと拒否している。
4章サイド「英傑獲得戦」では曹操からの命により島津義弘と郭嘉を引き込むため尽力。人選としてお市と諸葛誕を選出し、島津の戦の手法を理解した上で諸葛誕たちにも「出過ぎることがないように」と助言している。

真・三國無双8
本作では何故か郭嘉と同時期に曹操軍に加入する(史実では荀彧が郭嘉を推挙したため、彼の慧眼の見せ所だったのだが…)。呂布軍との戦いでは最後まで夏侯惇と共に呂布の猛攻を耐え凌ぐ活躍をみせ、その後も官渡の戦いや長坂の戦いで曹操の補佐を務める。しかし、赤壁の敗戦後、魏公の座に就こうと考える曹操に「帝より力を持つのは危険」と判断し、何度も反対するが、曹操からは献策をしなくて良いとまで言われる。その後の南郡の戦いでは劉備軍と孫権軍の同盟に亀裂を入れることに成功し、曹操から「此度の活躍は謝罪の意か?」と問いただされるも、頑なに反対する自分の意思を改めて伝えた。その際には自身の願いのために曹操を利用すると取って貰っても構わないと発言するなど強メンタルを発揮した。その後は登場しないため、結果的に彼がどうなったかは不明。

真・三國無双(スマートフォン版)
サービス開始初期の段階から全レアリティ実装の状態で登場している。
登場する将星の記憶はSR「玲瓏なる進言」、SSR「蒼穹に翼求め」、SSR「覇道に集いし才」の3種類。
メインストーリーでは第7章「三国鼎立へ・魏」のメインキャラクターに抜擢。
初手の段階で既に魏公就任に反対する姿勢を見せており、荀攸からも「(何かあったときは)手助けをしてやってほしい」と頼まれる事に。
曹操から実質的な引退勧告までされるも、それを半ば無視して南郡へプレイヤーと共に出撃し、戦果を挙げて帰還する。
しかし、出撃の命もなく戦場へ赴いたことをプレイヤーと共に叱責され一旦は謹慎を言い渡されてしまう。正式な処分を言い渡されるタイミングで、許昌内にて馬騰勢力による曹操暗殺の企みに遭遇し、道中で救出した甄姫・蔡文姫と共に満寵が隠していた兵器を蔡文姫に操作させ城内を破壊しながら(恐らく)最短ルートを直進。無事曹操を救出し、馬騰の捕縛に成功している。
この一件から引退勧告は取り下げられ軍師として復帰を果たす事となる。
この時曹操から「願いを一つ叶えよう」と言われた際、「(プレイヤー自身に)罰を与えず謹慎を解いてほしい」、と頼んでいる(これについては「そんなことでいいんですか?」という選択肢まで登場する)

潼関の戦いでは離間の計を完成させるため韓遂の拠点へプレイヤーを伴い、使者を装って出撃。陽動役として満身創痍となった王異に「生きていれば復讐は叶う」と諭して撤退するよう促している。
続く濡須口の戦いではプレイヤー、荀攸と共に偵察部隊として出撃。結果呉軍が防壁を完成させていた事から撤退を進言。
濡須口終戦後、夜中にプレイヤーの部屋を訪れ正式に隠居する旨を曹操に伝えた事を報告。満寵らの実力を濡須口にて見極め、荀攸の内政側に回る意を汲んだ荀彧は「最後に曹操の考えに反対する軍師がいるという懸念を取り払う」ため引退を決意した事を打ち明ける。
この時曹操は荀彧を引き止めたらしく、所謂「空の箱」が贈られなかった可能性が高い。
プレイヤーに対しては「戦場を自由に羽ばたいてほしい」としながらも「出来るなら閉じ込めて自分だけのものにしたいと思ったこともある」と言っており、魏4章の郭嘉同様、同社のネオロマンスシリーズもかくやなイベントが見られるので必見。(元々7Empiresや8隠れ処の親愛台詞からも感じ取れるが、思っている事をオープンにしたがらない傾向が地味に強く今回のイベントはこれらの極地とも取れる)
将星の記憶SSR「蒼穹に翼求め」はこの魏7章クリア報酬として入手可能。
2022年1月のアップデートで8DLC衣装『騎士』バージョンが実装。こちらではフルフェイスの兜がない状態での実装となっている。

真・三國無双8Empires
7Empiresは初登場だったため内政関連で優遇された部分があったものの、今回は内政コマンドの刷新もあり前回ほどのチートぶりはさすがに鳴りを潜めている様子。
7Empiresでの官渡の戦いシナリオは郭嘉が軍師だったが、今回は荀彧が官渡シナリオの軍師を担当。軍師職の期間が増えているのが主な変更点。

関連画像

祝参戦


関連タグ

荀彧真・三國無双

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「荀彧(真・三國無双)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「荀彧(真・三國無双)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58285

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました