ピクシブ百科事典

荀彧(真・三國無双)

じゅんいく

コーエーテクモゲームスから発売された真・三國無双シリーズに登場するキャラクター
目次[非表示]

概要

名前荀彧(じゅんいく)
文若(ぶんじゃく)
勢力
所属軍曹操軍
登場ナンバリング『7Empires』~
cv大原崇
得意武器陣杖(『7Empires』)、鏢(『8』)
身長180cm
一人称
呼び方あなた、皆さん(複数人)、〇〇殿(味方)、〇〇(敵)、曹操→殿 荀攸→公達殿


7Empiresから無双武将として正式参戦。
キャッチコピーは「清爽な空気を纏う王佐の才」

人物像

容姿

正史での容姿描写から爽やかな正統派美男子としてデザインされている。中性的な顔立ちだが、彼の意思の強さを表すかのような太い眉毛が特徴。
黒髪の一つ結びで、前髪は右分け。衣装は露出度が低い落ち着いた衣装で帽子が特徴。

真・三國無双7Empires

6・19


黒色多めで差し色に青と金が使われている。

真・三國無双8

なーん


前作よりスッキリしたフォーマルになり、色も紫がかった青基調となった。公式コメントには「荀彧の風采の良さは弔問にピッタリ」という逸話から採用したとあるが、この逸話は寧ろ顔の良さを皮肉にした悪口。チャイナボタンや4本のベルト、銀装飾や銀糸の刺繍も追加されている。

性格

魏軍師には珍しい落ち着いた雰囲気の清廉派で、誰にでも礼儀正しく敬語を使う。穏やかで荒れた世を正したいと考えているが、その過程では卑劣な行動や策を講じるのも仕方ないと考えている。また、人(主君の曹操を含む)にどう思われようと自分の考えを貫こうとする意志の強さも持ち合わせている。

活躍

並以上の才を持っており、曹操に幾度となく献策をしてその覇道に貢献し、「王佐の才」と称えられた。また、敵味方問わず人の才能を見抜くという鋭い洞察力の持ち主。その慧眼で人材発掘にも手腕を発揮した。

他武将との関わり

郭嘉荀攸といった他の魏軍師との会話が多い。

曹操

荀彧が仕える主であり、乱世の収束には彼の覇道を成すことが最も先決な道と考え、郭嘉荀攸ら他の軍師と共に支える。
しかし、赤壁の戦いの後に魏公の座につく曹操には反対し、その事が原因で彼との間に亀裂が走ってしまう。


バトルスタイル

真・三國無双7Empires
陣杖」という設置系統のアクションに重きを置いた武器使用。攻撃モーションは設置して、範囲を指定し、まとめて攻撃する。モーションは少しもっさりしていて、設置にも頭を使うため上級者向け。

真・三國無双8
」を使用。一部モーション以外は王元姫張郃とコンパチ。固有モーションも大して汎用モーションと変わらないという悲しい仕様だが、それでも雷属性が追加されていたりする。固有技や無双乱舞では前作の名残として雷で陣を作り、そのまま爆散させる攻撃が多い。

シリーズでの動向

真・三國無双7Empires
オープニングにデカデカと登場し、存在感を見せつける。初参戦のためか生き様に物凄い補正がかかっており、頼りになるキャラクター(特に外交での成功率が群を抜いて高く、ほぼほぼ成功する)。政略で頼りになる反面、自分で操作武将として使う際はやや扱いにくい。
エディット武将の模擬戦のトリを勤めているのは彼。エディット武将をスカウトしに来たのだろうか?なので、人によっては一番倒している無双武将かも知れない。

真・三國無双8
本作では何故か郭嘉と同時期に曹操軍に加入する(史実では荀彧が郭嘉を推挙したため、彼の慧眼の見せ所だったのだが…)。呂布軍との戦いでは最後まで夏侯惇と共に呂布の猛攻を耐え凌ぐ活躍をみせ、その後も官渡の戦いや長坂の戦いで曹操の補佐を務める。しかし、赤壁の敗戦後、魏公の座に就こうと考える曹操に「帝より力を持つのは危険」と判断し、何度も反対するが、曹操からは献策をしなくて良いとまで言われる。その後の南郡の戦いでは劉備軍と孫権軍の同盟に亀裂を入れることに成功し、曹操から「此度の活躍は謝罪の意か?」と問いただされるも、頑なに反対する自分の意思を改めて伝えた。その際には自身の願いのために曹操を利用すると取って貰っても構わないと発言するなど強メンタルを発揮した。その後は登場しないため、結果的に彼がどうなったかは不明。

関連画像

祝参戦


関連タグ

荀彧真・三國無双

関連記事

親記事

魏軍師 ぎぐんし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「荀彧(真・三國無双)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40710

コメント