ピクシブ百科事典

荀彧

じゅんいく

荀彧とは、漢の政治家。字は文若(ぶんじゃく)
目次[非表示]

概要

163年生まれ、212年没。甥に荀攸がいる(ただし6歳年上)。

曹操の元で様々な政策を打ち出し、また名家の人脈を活かし様々な人材を推挙したが、曹操が後漢朝を軽んじるようになってからは不遇の人生を送った。
ただ、晩年の扱いについては諸説あり、上記のような「後漢朝に対する忠臣であった」とする解釈の他にも、「お家騒動に巻き込まれその過程で病死した(彼は世継ぎに関しては曹植派だった)」とする解釈もあったりして、この辺りの解釈は創作物では格好のネタにされることが多い(魏王朝中心に作品が描かれる場合は特に)。

単独列伝ではないにも関わらず正史の功績記録が素晴らしい上、人物評も当時から絶賛がかなり多かった。
「彼がいなければ曹操の覇権はなかった」とも言われ、その功績と名声の大きさは相当なものだった。

それによると清雅で品格のある人であり、曹操は「我が子房(前漢の名軍師張良)である」と彼を評した。尚書令の地位に長くあったので「荀令君」とも呼ばれ、芳しい残り香から「荀令香」なるものも存在したようだ。

正史で数少ない容姿についての描写がある人物で、周瑜にも匹敵するほどの美丈夫だったらしい。
毒舌家である禰衡が「荀彧は弔問の使いに向いている」と評したのも、顔『は』いいという意味ともとれる。

ちなみに幼少の際に権勢を振るっていた宦官・唐衡の娘との政略結婚を受けさせられたが、関係は良好であったのか子が8人という子沢山(息子が7人に娘が一人、うち名前が判明しているのは男子5人)であり、特に長男荀惲の子孫は重職に就いている者が多い。

三国志』などでは曹操軍師腹心として描かれることが多い。
三国志演義では空箱を贈られ全てを悟り憤死する(「中身がない」と答えれば「中身をどうしたのだ」と言われ、「中身がある」と答えれば「主をたばかる様な臣などもってのほかだ」と言われるという、どちらに転んでも政治家人生が潰える様な意味)、曹操の悪役ぶりを見せ付けるような最期を遂げさせられた。

登場作品ごとの荀彧

荀彧の日まとめ2016



真・三國無双シリーズ

荀彧さん


荀彧(真・三國無双)を参照。

蒼天航路

見上げる



恋姫†無双

桂花


桂花を参照。

関連タグ

三国志 曹操  軍師

pixivに投稿された作品 pixivで「荀彧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1809021

コメント