ピクシブ百科事典

軍師

ぐんし

軍の指揮官の指揮を助ける職務。だけとは限らない。
目次[非表示]

概要

軍師とは、を指揮する君主将軍など(=最高司令官)が行う戦略指揮に戦略・戦術を提案、補佐などを務める者。
類似の単語として、知将策士などがある。
近代~現代の参謀幕僚に相当するが、戦略指揮の補佐しかしない例はまずなく、軍の指揮そのものや政治行政一般にも関与している。

中国では、戦乱期に群雄の参謀となった名士や学者が、後漢時代から「軍師」と呼ばれるようになった。曹操の参謀であった郭嘉たちは軍師祭酒に、劉備に仕えた諸葛亮は(宰相兼)軍師将軍になり、政治全般に関与しているが、もともと正規の官職ではなかった事もあり、職務の変質を繰り返しながら、で廃止された。ただし、職務での「軍師」ではなくても軍師的な活躍をした人々は、やはり「軍師」と呼ばれるようになる。
軍師は「三国志演義」などの物語でも登場人物として出てくるが、フィクション性の強い作品内では、ほとんど魔法使いのような扱いを受ける羽目になる。

日本でも「軍師」と呼ばれる者は戦国時代にいたが、その実態は合戦の際に占いを行う「軍配者」と呼ばれる武士僧侶などであった。
江戸時代になると、過去の知将タイプの武将のうち、勢力の最高指導者でなかった者が、軍学、軍記物、講談、中国の歴史物語の影響を受けて、軍師として扱われるようになった。

軍師という役職は東アジアで見られるもので、中世以前の欧州では見られない。
軍師の役割は指揮官の行う事で、そのため、指揮官に求められるハードルは中国・日本よりも高く要求された(アレクサンドロス大王ハンニバル・バルカなど)。

関連イラスト

たまには勉強もします
鬼才郭嘉


【境界線上のホライゾン トゥーサン・ネシンバラ】
孫呉の地はこの陸遜が守る



関連タグ

 将軍 参謀 幕僚 知将 策士 戦略 戦術

軍師の人物

中国の軍師(リアル・フィクション問わず)

呂尚太公望) 張良 郭嘉 荀彧 諸葛亮 周瑜 劉基
呉用

日本の軍師(軍配者・武将問わず)

山本勘助
立花道雪 竹中重治 黒田孝高

フィクション作品における軍師

マーク(ファイアーエムブレム烈火の剣)
軍師(ロマンシングサガ2)
シュウ(幻想水滸伝2)
ナルサス(アルスラーン戦記)
アルタイル(グランブルーファンタジー)

外部リンク

Wikipedia「軍師」
Wikipedia中国語版「軍師」

pixivに投稿された作品 pixivで「軍師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412223

コメント