ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ずい

中国の王朝国家。魏晋南北朝時代の混乱を鎮め、西晋が滅んだ後分裂していた中国をおよそ300年ぶりに再統一した 581年 - 618年
目次 [非表示]

概要編集

南北朝北周の重臣であった楊堅581年禅譲を受けて成立した。

589年南朝を倒し、約260年ぶりに中国統一を達成した。

この時代、これまでの律令をまとめ、「開皇律令」として集大成、さらに三省六部制の整備、均田制の完成、科挙の施行などが行われ、以後の前近代中国の政治・社会の基礎がかたち作られた。そればかりか、朝鮮半島や倭(日本)、ベトナムなどの政治制度にも大きな影響を与えた。


2代皇帝煬帝は、魏晋南北朝の混乱で分断された経済の統一を図るべく、大運河の建設などを行った。また、万里の長城修築や高句麗遠征など周囲諸国への軍事行動を積極的に行った。しかし、度重なる大規模事業に人民は疲弊、各地で反乱を起こされ、618年に禅譲する形で隋は滅んだ。


聖徳太子小野妹子を派遣し「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや(日の出るところの天子が手紙を日の沈むところの天子にさしあげます。お変わりありませんか)」で始まる国書を送ったのはこの王朝である。


隋の皇帝編集

  1. 文帝(楊堅、在位581年 - 604年)
  2. 煬帝(楊広、在位604年 - 618年) 文帝の子
  3. 恭帝侑(楊侑、在位617年 - 618年) 煬帝の孫
  4. 恭帝侗(楊侗、在位618年 - 619年) 煬帝の孫、楊侑の兄

年号編集

  1. 開皇(581年 - 600年)
  2. 仁寿(601年 - 604年)
  3. 大業(605年 - 618年)
  4. 義寧(617年 - 618年)
  5. 皇泰(618年 - 619年)

関連タグ編集

中国史 遣隋使 ギャグマンガ日和

関連記事

親記事

中国王朝 ちゅうごくおうちょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2022

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました