ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

の二代皇帝。日本においては、聖徳太子により送られた書簡である『ひいづる処の天子、日没する処の天子に言う』のやりとりの相手として有名な人物。


概略

本名は楊広と言い、北周の将軍だった楊堅の次男として569年に誕生した。

581年に楊堅がを建国、589年に南朝攻略の総司令官に任命、これを見事に成し遂げる。これで存在感をあげた楊広は、兄の楊勇を讒言により廃太子に追い込み、自ら皇太子に。

父が死ぬ(楊広による暗殺説もある)と皇帝に即位。

皇帝となった楊広は、国力温存のため大規模な事業に消極的だった父とは対照的に、積極的な投資や軍事行動に乗り出す。国内では、大規模な運河大運河)建造を断行。煬帝は150年あまりに渡り寸断されていた、南北経済を結びつけることの重要さを痛感しており、これにより南北の経済的統一を図った。

対外的には万里の長城修築、高句麗への遠征を行った。

しかし、3度にわたって行われた高句麗遠征はいずれも失敗、さらに上記の大規模事業で人民は疲弊し、財政も破綻、国力を著しく衰えさせ内乱を誘発させた。

長安でも反乱が勃発して煬帝一家は南へ逃亡。

618年4月11日最期近衛軍謀反によって末子とともに処刑された。


後世の評価

死後、により徹底的にこき下ろされたため、中国史上屈指の暴君という評価が定着、(天に逆らい、民を虐げる)と言う蔑称諡号として用いられた。

しかし、煬帝が改修・建造した大運河は代の修築を経て、長きに渡って使用されるなど、父の文帝とともに以後の中国王朝の基盤を築いたという評価も出来る。


日本との関係

日本では、聖徳太子が『日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す、つつがなきや』と言う国書を贈った皇帝として名が知られている。これは、『日出ずる処』を日本、『日没する処』を隋とし、日本と隋があたかも対等な関係であるかのような文章である。当然煬帝はこれに腹を立て、日本との交易を打ち切ろうとしたが当時の隋は国の四方が敵だらけであり、そこへもってきて高句麗との外交関係も悪化していた。「交易を続けとかないと後がコワイ」と踏んだ煬帝は裴世清を遣わし日本と交易を続行したという。


関連タグ

中国史

関連記事

親記事

ずい

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5548

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました