ピクシブ百科事典

南朝

ちゃんちょうまたはばいたおおよびなんちょう

国の南にある王朝

日本の南朝

延元元年(1336年)に後醍醐天皇吉野朝廷を開いてから、元中九年(1392年)に後亀山天皇北朝後小松天皇譲位するまで存続した。


南朝の成立は、後醍醐天皇の理念によって主導されている。天皇が鎌倉幕府を滅ぼして建武の新政を行った際の理念は、延喜・天暦の治と呼ばれた醍醐天皇村上天皇が親政を行っていた時代の理想的な政治を復古することにあった。しかし単純な復古主義ではなく、天皇の「朕が新儀は未来の先例たるべし」という立場によっていた。すなわち、万事前例を重んじる公家たちに対して、前例なき政策(新儀)を果敢に行って中国を参考にして天皇の権力を至高化するものであった(新田一郎『太平記の時代』)。具体的には公家の人事における家格制度と官司請負の廃止、所領授与権の天皇一元化等が挙げられる。湊川の戦いで建武政権の軍が足利尊氏に敗れて天皇はいったん退位を余儀なくされるが、光明天皇に渡した三種の神器は偽物であると宣言して吉野で朝廷を再建した。こうして北朝と南朝が並立することになった。その背景にはこういった理念があったと考えられる。

後醍醐天皇没後の南朝の理念を主導したのは北畠親房である。親房は家格を無視した後醍醐帝の人事を批判して歴史的な官職秩序の尊重を求めているが、能力による人材登用を重んじる点については帝の理念を引き継いでいる。また北朝の天皇は三種の神器を持たない即位であったと正統性を否定し、『神皇正統記』を著して神話の世界以降の皇統の連続性に大義を求め、軍事行動の度に恩賞を求める武士たちの価値観を「商人の所存」と切り捨てた(新田一郎、同書)。

中国の南朝

中国では北魏が華北を統一した439年から589年のによる中国統一までの時代に、華南に興亡した以下の4王朝を指す。

(劉氏)
(南斉/蕭氏)

(氏)

それに先立つ(三国時代の)が南遷して成立した東晋(司馬氏)も含めて六朝ともいう。

pixivに投稿された作品 pixivで「南朝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 448

コメント