ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

北魏

ほくぎまたはたぃまぃ

中国の南北朝時代に鮮卑族の拓跋氏によって建てられた国。南北朝時代に華北を領した最初の王朝。386年 - 534年。北朝。
目次 [非表示]

北魏(ほくぎ、拼音:Bĕiwèi、存続:386年 - 534年)は、中国五胡十六国時代に鮮卑族の拓跋氏の拓跋珪によって建てられた国。


国号は、正式にはであるが、戦国時代の魏や、三国時代などと区別するため、通常はこの拓跋氏の魏を北魏と呼んでいる。三国時代の魏は曹氏が建てたことからこれを曹魏と呼ぶのに対して、拓跋氏の魏はその漢風姓である元氏からとって元魏(げんぎ)と呼ぶこともある(広義にはこの拓跋氏が配下の軍人により分裂させられた東魏西魏もこれに含まれる)。さらに国号の由来(拓跋氏は曹魏に朝貢していたことによる)より、曹魏のことを前魏、元魏のことを後魏(こうぎ)と呼ぶこともある。


拓跋珪は、後燕や北燕などの華北の国々を滅ぼし、北魏を大国へと成長させる。


拓跋珪の死後も、2代皇帝の嗣や3代皇帝の燾が残った華北の国々を滅ぼした結果、中国の五胡十六国時代は終焉し、華北と華南でそれぞれの強国が併存する南北朝時代に移行する。


150年ほど華北を支配したが、漢族鮮卑の反目や、それに伴う反乱の続発により崩壊。西魏、東魏という2つの国に分裂し、その国もまた周(北周)、斉(北斉)に取って代わられた。北斉は北周に滅ぼされ、また北周もに滅ぼされた。は華南を支配していた陳も滅ぼし、西晋滅亡以来続いた分裂の時代を終わられて、273年ぶりに中国全土を統一した。


歴代皇帝

北魏宗室の本来の姓は「拓跋」であったが、孝文帝の漢化政策により漢風の姓「元」に改めた。


太祖道武帝(拓跋珪、在位:386年/398年 - 409年)

太宗明元帝(拓跋嗣、在位:409年 - 423年)

世祖太武帝(拓跋燾、在位:423年 - 452年)

南安隠王 (拓跋余、在位:452年)

高宗文成帝(拓跋濬、在位:452年 - 465年)

顕祖献文帝(拓跋弘、在位:465年 - 471年)

高祖孝文帝(元宏、在位:471年 - 499年)

世祖宣武帝(元恪、在位:499年 - 515年)

粛宗孝明帝(元詡、在位:515年 - 528年)

皇女某  (名不詳、孝明帝の皇女、在位:528年4月1日–2日)

幼主   (元釗、在位:528年)

敬宗孝荘帝(元子攸、在位:528年 - 530年)

東海王  (元曄、在位:530年 - 531年)

節閔帝・前廃帝(元恭、在位:531年)

安定郡王・後廃帝(元朗、在位:531年 - 532年)

孝武帝・出帝(元修、在位:532年 - 534年)


関連項目

中国史 中国王朝


参照

wikipedia同項目

関連記事

親記事

中国王朝 ちゅうごくおうちょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36027

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました