ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

漢民族

かんみんぞく

中国・中華圏の多数を占める世界最大の民族。中華圏以外にも多く居住している。華人、漢人、漢族とも。
目次 [非表示]

概要

漢民族(汉族)
総人口
  • 分布地域
14億3,000万人(世界人口の18.1%を占める)
言語中国語現代標準漢語)と漢語方言、一部の海外の漢民族は母国の言語を話す。
宗教信仰主に道教仏教と中国の民間信仰を信仰しており、無宗教の割合も高い。

主に中国大陸台湾などの中華圏にゆかりを持つ民族、というか漢化された他民族の末裔。中華人民共和国の民族政策上の漢民族(中華民族56民族のうち最大の民族)については漢族に記述し、ここでは海外に居住する華人も含めた漢民族について記述する。


現状において中国大陸の人口の94%、台湾の人口の98%、シンガポールの人口の74%を占める。また、地球における全人口の20%を占め、世界最大の民族と言える。


分類

中原の華夏族に北方・西方の遊牧民が交わって形成された北方民系、中部沿岸部の民族が中国人化した呉越民系、百越と言われる東南アジア系民族が中国人化した広府民系、南下した漢民族と百越や台湾原住民などが融合した閩海民系など。そのほか、北方から華南に移住してきた客家も独自のグループを形成している。


漢民族の歴史

黄河の中流、すなわち中原地域に住んでいた華夏族ルーツとし、漢王朝頃から漢人と呼ばれるようになったのが起源とされる。


ところが、その「漢人」は三国時代の戦乱で人口が激減し、西晋時代の永嘉の乱において異民族から虐殺され、華夏族の末裔としての漢民族は数を減らし、また五胡十六国時代より異民族との同化が進行。


南北朝時代には、西晋崩壊以降の漢民族の流れを汲んでいた南朝陳がによって滅ぼされる。


中国を統一した隋は元々鮮卑族の北周に取って代わった国であり、皇帝の血筋ははっきりとしていないが、いずれにしても異民族の影響力が強い国家である。

(隋の皇帝楊堅は一応漢民族を自称するも、モンゴル系であるとも鮮卑出身ともされる。暴君で有名な煬帝の初代皇帝である李淵の母親たちはいずれも異民族出身なので少なくとも異民族とのハーフである。また、楊堅や李淵の父や祖父は北魏時代の武川鎮軍閥出身である。武川鎮軍閥は異民族を中心とした一派で、後に貴族化し隋と唐初の政治に大きく影響している。)


隋以降の国家は、漢化された異民族と漢人が混在しており、彼の総称自体が漢民族と呼ばれるようになり、現代で使われる漢民族に近い意味合いとなる。


その後中国は、モンゴル人元朝満州族清朝に支配され、特に華北の漢民族は文化、言語ともに北方民族の影響が強まった。南方の漢民族には相対的に古代の伝統が強く残ることになった。


漢民族に関連人物


関連タグ

民族 中国人 台湾人 漢族 中華圏 中国語

中国語 客家 中国史


外部リンク

wikipedia:同項目中国の少数民族台湾人

関連記事

親記事

中国人 ちゅうごくじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6781

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました