ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

黄帝

こうてい

黄帝とは、古代中国における伝説の皇帝達、「三皇五帝」のひとり。「三皇」の治世を継ぎ、中国を統治した「五帝」の、最初の帝である。東洋医学における重要人物のひとりでもある。
目次 [非表示]

概要

黄帝とは、神話・伝説上の皇帝。姓は、名は軒轅。中国語ではホァンティーもしくはホヮンティー(Huangdi)と呼ぶ。


「三皇」の治世を継いで中国を統治した「五帝」の最初の帝であり、中国人の先祖神。

中国において、皇帝を表す色が黄色なのは、黄帝を由来としている。

治世(伝承):紀元前2510年~紀元前2448年


黄帝の誕生と統治

漢代に司馬遷によって著された歴史書、『史記』や『国語・晋語』によれば、

少典の子、姫水のほとりに生まれたことに因み、姓は姫姓、名は軒轅という。

帝鴻氏とも呼ばれ、山海経に登場する怪神・帝鴻と同一のものとする説もある。

蚩尤を討ち、諸侯の人望を集め、神農氏に替わって帝となった。

『史記』はその治世を、従わない者を討ち、道を開いて、

後世の春秋戦国時代に中国とされる領域を隅々まで統治した、開国の帝王の時代として描いている(※中国に都市国家群が形成され、それぞれ都市国家の君主が諸侯となっていく過程で、擬制的な血縁関係を結んでいった諸侯達の始祖として、黄帝のイメージが仮託されたものと考えられる)。


東洋医学と黄帝

黄帝は中国医学の始祖として、現在でも尊崇を集めている。

漢の時代には、著者不明の医学書は、黄帝のものとして権威を付けることが流行した。

現存する中国最古の医学書『黄帝内経素問』『黄帝内経霊枢』も、黄帝の著作とされており、

また、これは現代においても、東洋医学の基礎を成す古典として扱われている。


黄帝の書

紀元前1世紀の漢書『芸文志』には、

黄帝著作(とされる)の書が下記のように分類されている。

  • 道家

『黄帝四経』四篇、『黄帝銘』六篇、『黄帝君臣』十篇、『雑黄帝』五十八篇

  • 神僊

『黄帝雑子歩引』十八巻、『黄帝岐伯按摩』十巻、『黄帝雑子芝菌』十八巻、『黄帝雑子十九家方』二十一巻

  • 天文

『黄帝雑子気』三十三篇

  • 五行

『黄帝陰陽』二十五巻、『黄帝諸子論陰陽』二十五巻

  • 雑占

『黄帝長柳占夢』十一巻

  • 医経

『黄帝内経』十八巻、『黄帝外経』三十七巻

  • 経方

『神農黄帝食禁』七巻

  • 房中

『黄帝三王陽方』二十巻

逸話

⋯黄帝は即位して30年の間、政治がうまくいかず、思い悩んでいた。そんなあるとき、昼寝をして「華胥氏の国」へと行った夢を見る。その国では身分の上下はなく、物欲もなければ愛憎もなく、自然のままに人々が暮らしていたという。夢から覚めた黄帝は悟るところがあり、以後、国は自然のままに治まったという。のちに老子が掲げる黄老思想に通ずるのが華胥の国の逸話である。


創作物での黄帝

  • 西遊記⋯天界を治める皇帝として登場。暴れ回る孫悟空に悩まされることになる。

黄帝関連タグ

基本:中国神話/中国史/皇帝/三皇五帝

三皇五帝関係:神農(炎帝)

人物:始皇帝

神獣:騰黄

物品:軒轅鏡/黄帝内経/ユンケル

子孫:軒轅國

関連記事

親記事

三皇五帝 さんこうごてい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152772

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました