ピクシブ百科事典

神農

しんのう

神農とは古代中国の伝承に登場する、神話時代の皇帝。「三皇五帝」のひとりであり、また医薬と農業の神である。
目次[非表示]

概要

神農とは、古代中国の神話・伝説に登場する皇帝で、「三皇五帝」のうち、三皇のひとり。
農業と医薬を司る神として信仰されている。

人々に医療と農耕の術を教えた伝説の皇帝で、
穀物の育て方や、その耕作地の適切な判断法を伝え、
更に、百草(とにかく数多くの草木)をなめ、毒の有無や効能を確かめ、人々に教えた。
その身体は脳と手足を除いて透明で、内臓が外側からはっきりと見えたといい、
なめた草木に毒があれば、内臓が黒くなり、
これによって、毒の有無や影響の及ぶ部位を見極めたという。
しかし、薬草と毒草の違いを人々に教えるために、あまりにも多くの毒草を服用し、
毒を身体に溜めてしまい、それによって命を落としてしまった。

なお、神農の一族は古代中国で初めて集落連盟の名ともなり、
70世代に渡り、かの地を統治したと伝えられる。

更に、神農の名は、世界最古の薬草書、「神農本草経」に冠されている。
東洋医学、特に漢方薬の世界で、古典として扱われている書物である。

別名

代に入り、五行説の流行に伴って、
伝説的な皇帝のひとりである炎帝と同一視されるようになった。

無双OROCHIシリーズ

無双落書4枚


CV 福原耕平
無双OROCHI2 Hyper(WiiU) から登場。
医薬と農業を司る仙界の人物で、半透明の胴体は、薬草の効能を確かめるためのもの。
長らく仙界に残っていたが、人間と仙界の仲間の苦戦を知り、人間を救うために参戦する。
赭鞭(しゃべん)を振るい、草木の力を借りて、人間を脅かす存在に立ち向かう。
人間思いで穏やかな人物だが、自分が出て来ざるえないほど苦戦してた武闘派仙人達にかなりお怒りのご様子で、かなり根に持っており、意外と頑固な性格。

ストーリー後半にて、陽平関で討伐軍と敵対している蜀・徳川連合軍に加勢する。5章以降における仙界勢の主役的な立ち位置で、穏やかな人柄からかあらゆる人から殿付けで呼ばれている。卑弥呼からはおっちゃんと呼ばれ、落ち込んでいる。
余談だが中の人は、今作品の中でな(及び蛟タイプの妖魔)役も担当している。

関連タグ

中国神話/三皇五帝/炎帝/漢方薬/蚩尤

別名とは・・・多分関係ない:エンテイ

pixivに投稿された作品 pixivで「神農」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70278

コメント