ピクシブ百科事典

三皇五帝

さんこうごてい

中国神話の覇者。
目次[非表示]

概要

三皇五帝(さんこうごてい)
中国の神話伝説時代の帝王。現在ではこれらは実在の人物とは考えられていない。
三皇は神、五帝は聖人としての性格を持つとされた。
伝説では、最初の世襲王朝夏の以前の時代とされる。
【注意】 三皇五帝を一緒の存在だと思わないように 三皇五帝が正しい。

三皇

三皇については諸説あるが以下のような5説。

1.天皇地皇泰皇人皇

  • 前漢司馬遷史記』秦始皇本紀において皇帝という称号を定める文脈でこの三皇が挙げられており泰皇の」と「号を組み合わせて皇帝としたと伝えられている。史記では「三皇」という語でまとめられていない。

2.伏羲神農女媧 - 『春秋緯運斗枢』(『風俗通』皇覇篇に引く)。
  • の司馬貞補『史記』三皇本紀もこれを継承する。

3.伏羲神農燧人 - 『礼緯含文嘉』(『風俗通』皇覇篇に引く)

4.伏羲神農祝融 - 後漢・班固『白虎通』号篇

5.伏羲神農黄帝 - 西晋・皇甫謐『帝王世紀』

五帝の表

五帝 書簡
伏羲神農太昊炎帝黄帝少昊顓頊天乙
1 2345 『大載礼記』・『史記』
12 3 45  『戦国策』・『易経』
12345 『礼記』・『淮南子』
12345 『世経』
12345『三統経』
12345 『資治通鑑外記』

※1天乙=
天乙(てんいつ、いわゆる殷の湯王、紀元前1600年頃)は朝の創始者
名は履。大乙、太乙、成湯、成唐ともいう。
初代帝。夏の最後の帝桀を追放し夏王朝を滅ぼした。

始皇帝

の始皇帝は自分がこの【三皇五帝より尊い存在である=現人神と言う考えから、皇帝と言う言葉を造り自分に対する呼び名として使わせた。

以降、中国の支配者は皇帝を名乗ることになる。

参考

中国神話
皇帝 始皇帝 権力

pixivに投稿された作品 pixivで「三皇五帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 561

コメント