ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

古代中国聖人である帝によって中原の四方に追放されたとされる四柱の悪神。
『書経』と『春秋左氏伝(左伝)』に記されているが、内容が異なり、後者の方が一般的。『書経』の方は「四罪」として区別される場合もある。
ただ、どちらも記述は簡略な為、他の書物の内容を加味して語られる場面が多い。特に、両者ともに外見の描写はないので、視覚化する際には『山海経』『神異経』等の記述が用いられている。

書経(舜典)

詳細は四罪を参照。

春秋左氏伝(文公十八年)

魯の宰相季文子が舜帝の功績を語る中で登場する。

  • 渾敦(渾沌、こんとん、ホェントェン):帝鴻氏(黄帝)の子。
  • 窮奇(きゅうき、チョンチー):少皞氏(黄帝の子)の子。
  • 檮杌(とうこつ、タオウー):顓頊氏の子。以上を三凶ともする。
  • 饕餮(とうてつ、タオティエ):縉雲氏の子。

その末路……

最終的に全ての四凶は捕縛され、全員が西方の羽山へと流刑に処された。

死刑に処されたのは、何れの四凶が高貴な血統であるからと思われるが、実際は羽山は風水の『鬼門』に相当する地域であり、四凶を配置し凶事の侵入を防ぐ為である。

四凶を扱った作品


YouTubeチャンネルパトパトチャンネルが投稿している物語。第5章 専属神篇2幕 〜監獄塔〜にて四凶は登場。ちなみに本物の(神としての)四凶ではなく、4人の人間の能力にちなみ名前をつけている。それぞれが非常に強い実力者。詳しくはこちらをご覧ください四凶(パトパト)

超機人」と呼ばれる機動兵器の一種として窮奇王」「饕餮王の2体が登場した(設定上は原典同様に4体が造られていたが「渾沌王」「檮杌王」は本編以前に失われている)。本来は強念者(超能力者)による有人操縦なのだが操者の念どころか肉体・魂すら食らう貪欲っぷりのため誰も乗れず、無人運用されている。
ゲーム中では嫌らしい状態異常攻撃でプレイヤーを苦しめてくる。

主人公一行の宿敵・麒麟丸が率いる勢力。詳しくはこちらをご覧ください四凶(半妖の夜叉姫)

関連タグ

中国神話 中国妖怪 獣妖怪 妖怪 妖獣 四神 四罪 邪神

関連記事

親記事

中国神話 ちゅうごくしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「四凶」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「四凶」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 154725

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました