ピクシブ百科事典

饕餮

とうてつ

古代中国の地理書『山海経』にある中国神話の妖怪のこと。
目次[非表示]

概要 

中国神話における邪神四凶の一角。
体はのようで、人間に似た顔、曲がったを持ち、爪先はヒヅメではなく人間ののようだとされる。
性格は卑怯者で、強い者には媚びて平身低頭だが弱者には容赦なく襲いかかり、身ぐるみ剥いだ上で食べてしまうのだという。
 
饕餮の「饕」は財産を貪る、「餮」は食物を貪るを意味するので名前通り。
とんでもない大悪党だが、後に「饕餮=魔を喰らう」という考えが生まれ、魔除けの意味を持つようになった。
 
まさかの縁起物デビューである。
 

一説によると、の子や邪神蚩尤の頭だとされている。

余談

の青銅器の獣面を「饕餮文」と呼び、その姿をあらわしているといわれていたが、実際の関連性は不明で、現在は「獣面文」と呼ばれている。

アルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの『幻獣辞典』では、二つの身体に一つの頭を持つと描写されており、影響を受けた作品もある。

関連作品

  1. 小説『十二国記』に登場する妖魔
  2. ゲーム『女神転生』シリーズの悪魔および他ゲームに登場するモンスター。→トウテツを参照
  3. ゲーム『第2次スーパーロボット大戦OG』に登場する超機人。→饕餮王を参照。
  4. 諸星大二郎の漫画『孔子暗黒伝』や『太公望伝』に登場する殷の青銅器のような怪物。
  5. 山田正紀のSF小説『螺旋の月 宝石泥棒Ⅱ』に登場する超存在。
  6. 巻来功士の漫画『メタルK』に登場する巨大な双頭の犬のような生体兵器
  7. 映画『グレートウォール』に登場するモンスター。グレートウォールモンスターイラコンが開催された。
  8. 東方鬼形獣剛欲同盟の組長。ゲーム中ではセリフだけに登場し、その姿はわからない。


十二国記の饕餮

小野不由美著の小説十二国記』に登場する最高位の妖魔
その姿は幾通りにも変化し、稀少さから伝説とさえ言われている。

関連タグ一覧

四凶 山海経 白澤図 中国神話 中国妖怪 妖獣
ファンタジー モンスター
グレートウォールモンスター 
テラー・ドーパント テラードラゴン 

<十二国記関連>
十二国記 妖魔 傲濫

関連記事

親記事

四凶 しきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「饕餮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 493599

コメント