ピクシブ百科事典

幻獣辞典

げんじゅうじてん

古今東西の様々な幻獣を収集・掲載した辞典の体裁の書物。
目次[非表示]

概要

古今東西の神話伝承などに伝わる、様々な幻獣を収集・掲載した辞典の体裁の書物。

この名の書物としてはアルゼンチン出身の作家、小説家、詩人であるホルヘ・ルイス・ボルヘスとマルガリータ・ゲレロによって1957年に発表され、第2版が1967年に、最終版は1969年に発刊された幻想文学作品『幻獣辞典(EL LIBRO DE LOS SERES IMAGINARIOS)』が有名である。
ボルヘスの『幻獣辞典』は神話の幻獣の紹介が主ではあるが、古典文学や同時代の文学作品に登場する言葉遊びなどで生まれた怪物や、ボルヘス自身が創造したオリジナルの幻獣がそれとなく紛れ込ませてある。
また同作者の出身地である、南米の伝承に登場するものを含めたマイナーな幻獣がいくつも掲載されているため、貴重な資料であるといえる。

この作品で紹介されている幻獣は、ゲーム文化黎明期のTRPGの古典である『ダンジョンズ&ドラゴンズ』などに登場するモンスターに多くが採用され、『指輪物語』とともに後のファンタジーRPGに登場するモンスターの方向性を決定づけた。

日本においては昭和時代に出版された、怪奇作家佐藤有文や中岡俊哉らによる児童向けの『世界妖怪図鑑』や、澁澤龍彦荒俣宏の著作などに大きな影響を与えたと考えられる。

なお挿絵を伴うものとしては、初期ウルトラ怪獣デザイナーである画家・彫刻家の成田亨氏が担当し、画業における「日本のモンスター」研究のきっかけとなった『モンスター大図鑑』をはじめ、水木しげる御大による『水木しげるの世界幻獣事典』や、弟子の森野達弥氏による近代文学の幻獣を描いた『怪物幻想画集』などの作品が発表されている。

平成令和になり、pixivユーザーでもあるイラストレーターたちも挿絵を担当した、廉価版がいくつも出版されており、同様のカテゴリーのイラストを投稿し続けるユーザーも何名もいる。

関連イラスト

ユニコーン
尖角の碧竜
レヴェラーleveler/Bodendrucker @自作絵
幻獣の模写


関連タグ

幻獣 神話 伝承 古典文学 文学
山海経 妖怪図鑑 モンスター図鑑
UMA 未確認生物
ア・バオア・クー カーバンクル カトブレパス
チョンチョン 饕餮
ハオカー バルトアンデルス ハンババ 百頭 ペリュトン
マンティコア レモラ

ダンジョンズ&ドラゴンズ 女神転生 ファイナルファンタジー 
魔導物語 ぷよぷよ サンサーラ・ナーガ 宝石泥棒
久正人 唐沢なをき

関連記事

親記事

海外文学 かいがいぶんがく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「幻獣辞典」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9

コメント