ピクシブ百科事典

妖狐

ようこ

東アジアの伝承に登場する妖怪。様々な種類がある。
目次[非表示]

狐霊の一種で、妖怪のこと。

概要

人間などに変化する力を持つ。妖怪としての彼等は変身してひとを惑わしその精気を吸って喰らうという。
中には神仏の眷属としてその使者になる者、人間と良好な関係を築く者もいる。

 初め尻尾が1本しかないが、長い年月を掛けて妖力を増やし、それにより尾が裂けて1本ずつ増え、最終的には9本の尻尾を持つ「九尾の狐」となる。

 江戸末期の随筆『善庵随筆』などにある皆川淇園の説によると、“上位から天狐、空狐、気狐、野狐の順とされる。これらの内、実体を視覚で捉えることができるのは野狐のみであり、気狐以上は姿形がなく、霊的な存在とされる。”とあり、最上位である天狐は神に近いともいわれている。

種類

空狐(くうこ)
日本独自の区分。最上位の天狐より一つ下に位置する位の狐。
江戸後期の『兎園小説拾遺』では千年を生きた狐がなるものとされる。
三千年を生きた者は「稲成空狐(いなりくうこ)」と呼ばれ天狐に次ぐ力の持ち主となる。

天狐(てんこ)
 1000歳を超え強力な神通力を持ち神格化した狐。中国では魔性を伴う存在であるが、日本においては狐の最上位として位置付けられる。

九尾の狐(きゅうびのきつね)(九尾狐(きゅうびこ)と呼ばれることも)
 尻尾が9本生えた狐。代表的な九尾の狐として、白面金毛九尾の狐が存在する。
九尾の妖狐や、単純に九尾、と呼ぶこともある。

白狐(びゃっこ、はくこ)
 白い毛色を持ち、人々に幸福をもたらすとされる、善狐の代表格。
稲荷神社に祀られているお稲荷様神使の狐も、ほとんどが白狐である。神道系。

黒狐(くろこ、こくこ)
 中国の文献『三才図会』鳥獣4巻では、北山に住み、太平をもたらす王者の出現とともに現れる神獣と記載される。『宮川舎漫筆』収録の「狐ものがたり」では善狐の(生まれつきの)五種族の一つとされる(他の四つは天狐・金狐・銀狐・白狐)。黒い毛色を持つ。2000年代後半から北斗七星の化身とする説が流布しているが古い出典は確認できない。黒は北方に結びつけられ北方の天を「玄天」とも呼ぶが、黒狐と北斗七星との繋がりは明確では無い。

赤狐(せきこ)
 神道系。通常の毛色の狐を「赤毛」と形容する場合もある。

金狐(きんこ)銀狐(ぎんこ)
 それぞれ名の通りの毛色を持ち、『宮川舎漫筆』収録の「狐ものがたり」では善狐の五種族のうちの二つである。金狐を太陽、銀狐を月と結びつける説が2000年代後半から流布しているが、古い出典は確認できない。

仙狐(せんこ)
狐仙ともいい、修行を経て仙人のような力や術を身につけた狐。清代の小説『子不語』では東嶽大帝の娘、泰山娘娘が監督する試験の合格者が狐仙と認められ、不合格者は野狐として扱われている。

気狐(きこ)
 野狐たちよりも位の進んだ狐たち。

地狐
奇談集『兎園小説拾遺』では五種の狐のうち下から二番目に位置する狐たち。100歳から500歳の狐がなるものとされる。さらにその下に「阿紫霊」が位置付けられる。

野狐(やこ)
人をたぶらかし、悪さも行う格下の狐。禅における「野狐禅」の語源。

野干(やかん)
 「辰狐(しんこ)」とも呼ばれる荼枳尼天の眷属とされる。本来はジャッカルだが中国では馴染みがなかったため一絡げにされた。

八尾狐(やおのきつね)
 江戸時代に春日局が書いたとされる『東照大権現祝詞』に、「三代将軍徳川家光の夢に八尾の狐が現われ、患っていた病が治る旨を告げて去っていった」とあり、家光がこれを絵に描かせた事がつづられている。

管狐(くだぎつね)
 竹筒の中に入ってしまうほどの大きさ、またはマッチ箱くらいの大きさで75匹に増える動物などと、様々な伝承がある。
別名、飯綱(いづな)といい、管狐を操る術者は飯綱使い、とも言われる。通力を具え、占術などに使用される。
飯綱とは飯綱山を中心とする、現在の長野県北部を指す地名である。飯綱山には飯綱権現の信仰があり、ここで修行し、忍術流派「伊藤流」の祖となったという伊藤忠綱の息子・次郎太夫盛縄は、自身も飯綱山で修行した結果「飯綱の法」という呪術を編み出したと伝わる。管狐の伝承や習俗が分布した地域的には重なるため、「飯綱にまつわる術」という形で重ね合わされたのかもしれない。
竹筒に入るサイズ、という点から、狐ではなくイタチの仲間のイイズナ(ニホンイイズナは東北に生息するが、そこも管狐伝承・習俗の分布地である)がモデルとする説もある。

関連作品

アニメ・漫画


ゲーム


その他


関連タグ

キツネ きつね  玉藻 玉藻前 妲己  刑部姫
狐娘

関連記事

親記事

獣妖怪 けものようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖狐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8897043

コメント