ピクシブ百科事典

地獄先生ぬ~べ~

じごくせんせいぬーべー

『地獄先生ぬ~べ~』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた漫画、およびそれを原作とするアニメである。
目次[非表示]

概要

原作:真倉翔、作画:岡野剛による少年漫画。
週刊少年ジャンプ」にて平成5年38号~平成11年24号まで連載。
既刊は全31巻、文庫版全20巻。略称は「ぬ~べ~」。

妖怪、心霊現象を中心としたオカルトを題材に扱った作品で、ホラーからコメディ、恋愛、シリアスと幅広いジャンル要素を採り入れたバラエティ豊かな作劇と個性的なキャラクターを取り入れた作風が受け入れられ、「友情・勝利・努力」というジャンプ特有の王道カラーからやや外れた作風ながら幅広い年代から支持された。
連載後半にはジャンプらしいバトル・ラブコメ展開が増えたが、ホラーを主題とした一話完結のエピソード……特に都市伝説をモチーフにしたものにはマジでトラウマ級に怖い話も非常に多いことで有名である。あまりの怖さに『Aが来た』『赤いチャンチャンコ』などは放送コード以前のレベルでアニメ化不可能だった。他に『寄生虫』『異次元の落とし穴』などがトラウマ作品として知られる。

またエロシーンが多い事でも有名で、連載が終了した今でも「エロかった少年誌の作品」の代表として挙げられる事が多い。特に眠鬼が登場した、作者をしてやりすぎた回は今も語り草になっている。作者は健全なエロを目指していたらしく、『ハレンチジャンプ』を刊行しませんかと持ちかけたこともあったが、一笑に付されたという(当たり前だ)。

しかし、この作品の真骨頂は文庫版のメイキングなどで語られているように「心理学や社会学、論理学などの知識を下敷きにした、計算され尽くした行動原理に基づいたキャラクターの緻密な心理描写」にあり、それは想像を絶するものである。実際、作者は大の男二人でありながら、大人や中高生相応の女性キャラも同性、同世代から支持を集めるほど細密に描き、そして子供キャラに至るまでも細密に描き、小学生読者の共感を呼んでいたほどだった。また、真倉は少年漫画を読み漁っていた一方、岡野は姉妹の影響もあって少女漫画を読んで育っていたため、お互いの漫画事情や描写に精通していたことも、双方のジャンルを補完できた理由に挙げている。

ただし、それらは子供の頃読んでも決して気付かないので、大人になって読み返してみるといいだろう。また、妖怪の存在も「人の心が妖怪を創り出す」が共通理念として掲げられているように、人の心という視点が非常に深い作品である。また、子供たちが大人びている思考を持っており、一部の読者から指摘を受けていたが、これも作者の持論があり「子供は得てして自分がいっぱしの大人と意識しているものである」考えに基づいている。実際、それに対して違和感の指摘をしてきたのは大人だけだった(つまり、子供たちはキャラクターに共感していた)のである。

また、仕事場のアシスタントは半数以上女性が占めており、彼女らの意見も多く採り入れていた(脇役だった木村克也がレギュラー化を果たしたり、高橋律子がリツコ先生とカタカナ書きで呼ばれるようになったのも、彼女らの意見によるという)。

スピンオフと続編

高校生となったイタコ少女の葉月いずなが主人公になったスピンオフ作品
現代都市妖鬼考 霊媒師いずな』(第一部)、『霊媒師いずな Ascension』(第二部)として、平成19年から『オースーパージャンプ』、『スーパージャンプ』、『グランドジャンプ』、『グランドジャンプPREMIUM』と場を移し連載中。

青年誌のため、現代人の悩みを描いた人情話が多く、もちろんエロシーンが更に強化されていた
『霊媒師いずな』と入れ替わる形で『グランドジャンプ』誌にて地獄先生ぬ~べ~NEOのタイトルで、前作の終了から15年ぶりに連載開始され2019年1月号で終了。
2018年8月号から『最強ジャンプ』で『地獄先生ぬ〜べ〜S』を連載中。

大人になった稲葉郷子が母校である童守小学校に新人教師として赴任し、ぬーべーと共に子供たちを取り巻く様々な問題の裏に潜む怪異に立ち向かう。
連載途中で、前作から12年後と正確な作中の経過年数が明かされた。

タイトル

『ジャンプ』定期連載の前に増刊と本誌で1回ずつ読み切り掲載されていた。
その際は「地獄先生『ぬ~ぼ~』」というタイトルだったが、同名の菓子が存在していた(森永製菓『ぬ~ぼ~』)ことを知らなかったため、アニメ化された場合のスポンサーを想定して現在のタイトルに変
更された。
また読み切りエピソードの一つがアニメ版第1話として映像化されている。

テレビアニメ

1996年4月13日から1997年6月21日にかけてテレビ朝日系列(23→24)局で放映された。またテレビ岩手北日本放送四国放送(いずれも日本テレビ系列局、うちテレビ岩手は岩手朝日テレビ開局に伴い途中打ち切り)、山陰放送TBS系列局)でも放送されている。
全48+1話。なお+1話は、1997年8月7日に放送された「完全保存版!! 地獄先生ぬ〜べ〜超百科」なる特別番組のこと。
シリーズディレクター(監督)は貝澤幸男、キャラデザは大西陽一
シリーズ構成・メイン脚本は富田祐弘

第48話のラストシーンで「俺たちの戦いはまだ続く」的シーンが出てくるので打ち切り作品と誤解されがちだが、元々全48話で作られた作品であり、打ち切りという訳ではない。作画担当の岡野も公式ツイッターでこの件の説明を行っている。その一方で視聴率がかなりよければ放送延長も検討されていたようだが、結局実現しなかった。また、玩具販売戦略が難しく、スポンサーが付きにくかったことも触れている。
話数の割に放送期間が長めなのは、アトランタオリンピック神宮球場からのプロ野球実況中継をはじめとした特別番組が差し込まれまくったため。

主題歌

オープニングテーマ

バリバリ最強No.1
歌 - FEEL SO BAD

エンディングテーマ

ミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~」
歌 - B'z

「SPIRIT」
歌 - PAMELAH

OVA

1998年9月と10月、1999年10月に発売。全3巻。
テレビアニメシリーズの続編に当たる。

実写ドラマ

2014年10月から12月にかけて日本テレビ系列局ほかにて放送された。全10話。
余談だがテレビ岩手、北日本放送、四国放送は、アニメ版・ドラマ版いずれも放送したことになる。

ドラマ版は「漫画を基にしたオリジナルストーリー」として制作されたものらしく、舞台が童守小学校から童守高校に変わっていたり、鬼の手に封じられている覇鬼が明確に意思を持っていたりと、諸所で原作と違った点が多い。

えっ?あれって土曜版のmoco'sキッチンじゃないの?

なお、オープニングナレーションは毎回違った人物が担当しているが、事前には明かされず、「今回は誰が担当したでしょうか?」という視聴者クイズ形式を取っていた。
ちなみに第1話の担当者は稲川淳二であった。

ストーリー

とある片田舎の童森小学校には一人の名物教師がいる。
彼の名は鵺野鳴介、生徒からはぬ~べ~と呼び慕われる青年教師だ。
彼には一つの“噂”があった。
――幽霊が見える、霊能力教師だと。

ぬ~べ~が担任を持つ5年3組に転入してきた立野広は、ぬ~べ~から「悪霊に取り憑かれている」と宣告され、紆余曲折を経て除霊を受けることに。
幽霊の存在に半信半疑だった広だったが、儀式が始まって自分から飛び出てきた悪霊「九十九の足の蟲」の予想外の強大さに信じざるを得なくなる。同時にぬ~べ~もその強大さに危機に……。

しかしぬ~べ~には、奥の手があった。
この世の霊的存在を一撃で無に帰す最強の切り札――“鬼の手”。
その力で見事に蟲を調伏し、ぬ~べ~は広を救い、改めてクラスメートとして迎え入れるのだった。

これは、最強の「鬼の手」を持つ小学校教師「ぬ~べ~」こと鵺野鳴介
生徒を守る為に、妖怪悪霊を退治する学園オカルトホラーコメディーである。

登場人物

5年3組

鵺野鳴介ぬ~べ~)(演:丸山隆平、CV:置鮎龍太郎
立野広(CV:藤田淑子
稲葉郷子(CV:笠原留美
細川美樹(CV:冨永みーな
木村克也(CV:田中一成
栗田まこと(CV:浦和めぐみ
中島法子(CV:豊嶋真千子
白戸秀一(CV:金丸淳一
山口晶(CV:柳沢三千代
金田勝(CV:松尾銀三
菊池静(CV:宇和川恵美
木下あゆみ
山田英司(CV:土門仁
佐藤よしえ(CV:大本眞基子
橋本太(CV:中友子
堀江清(CV:井上隆之
上野まさえ(CV:宇和川恵美
大滝茜(CV:大本眞基子
小林由香
関谷優(CV:南民恵
飯島久美子(CV:緒方恵美
加々美潤(CV:柏倉つとむ

童守小学校関連

木村愛美(CV:鈴木富子
山口圭介
篠崎愛(CV:及川ひとみ
風間守(CV:まるたまり
北村薫
鮎原みどり
沙知代
村田正和
古田豪
緑川詩織
新島兼太
鈴木蘭太郎
高橋律子律子先生/リツコ先生)(演:桐谷美玲、CV:根谷美智子
校長(CV:松尾銀三
石川(CV:幸野善之
大月良彦(CV:増谷康紀
黒井まみ
岡本次郎
忘田太郎(原作での吉岡慎介)(CV:野田順子

ぬ~べ~の仲間・妖怪たち

玉藻京介 / 茶吉権現天狐(演:速水もこみち、CV:森川智之
ゆきめ(演:知英、CV:白鳥由里
葉月いずな(演:山本美月、CV:本多知恵子
速魚(CV:山崎和佳奈
座敷童子

その他

陽神明(CV:置鮎龍太郎
南雲京太

霊能者

美奈子先生(CV:勝生真沙子
鳥山石燕
喜多川歌麿
無限界時空(演:高橋英樹
ヤン=カイルン

妖怪・悪霊・悪魔など

覇鬼(CV:江川央生
絶鬼(CV:緑川光
眠鬼
ベベルブブ
一本ダタラ / 山颪(CV:青野武
小玉鼠
つらら
オオミズツ
岩天狗
覇狐
マクラノショージ(CV:高戸靖広
はたもんば(CV:青森伸
ゆきべ〜(CV:坂本千夏
ぬらりひょん
青行燈(CV:とべこーじ
麒麟(CV:土師孝也
霊霧魚
人面瘡(CV:田中和実
ダイダラボッチ(CV:山野井仁
人体模型(CV:飛田展男
天狗塚の悪霊(CV:内海賢二
黒マント(CV:曽我部和恭
妖怪ピエロ(CV:中尾隆聖
(CV:岡本麻弥
戦死した女子児童の霊(CV:馬場澄江
トイレの花子さん(CV:吉田古南美
佐々木(CV:堀川亮
図書室の女子児童の霊(CV:西原久美子
壁男(CV:幸野善之
ブキミちゃん(CV:三輪勝恵

名もなきモブキャラ

六年二組の女子児童
ブキミちゃんに殺された小学生

関連イラスト

鵺野先生
アニメぽく?ぬ~べ~


下校
地獄生徒


生徒
鵺野先生っ!



関連動画



関連タグ

地獄先生ぬ〜べ〜(表記ゆれ、波線文字違い)
地獄先生ぬーべー(表記ゆれ)
霊媒師いずな
みんなのトラウマ

美少女戦士セーラームーン:同時期に放映していた東映アニメーション(当時での東映動画)による作品(制作会社繋がり)で、こちらもテレビ朝日系列局他で放送。なおテレビ朝日系列(23→24)局では1996年4月13日から1997年2月8日まで、土曜の19時台の前半と後半を占めていた。
『ぬ~べ~』では主演の置鮎龍太郎が『美少女戦士セーラームーンSuperS』にてタイガーズ・アイを演じるなど複数の声優が両作に出演しており中の人繋がりが可能(ぬ~べ~の原作にてヒロインの郷子の髪型が月野うさぎに似てるというネタがある)。
また脚本家繋がりが成立する作品である
なお、アニメ版『ぬ~べ~』のシリーズ構成とメイン脚本を担当した富田祐弘は、『セーラームーン』シリーズの無印からS劇場版までのシリーズ構成&メイン脚本も務めた。
蛇足ながら富田が当時のジャンプ系ラノベ雑誌で執筆を手掛けた短編作品『地獄先生ぬ~べ~ 妖怪とりかえっこ』はファンの間では、もはや読む事がかなわない幻の作品と言われている)

ママレード・ボーイ:原作漫画が同じく集英社による漫画雑誌(『ママレ』は『りぼん』)上で連載し、アニメが1990年代にテレビ朝日系列局(など)で放映していたことが共通する作品。東映アニメーション(当時の東映動画)による制作会社繋がりでもある。『ぬ~べ~』では主演の置鮎龍太郎が『ママレ』にて重要人物である松浦遊を演じるなど、複数の声優が両作に出演した。

GS美神:本作と同じく、除霊を題材とした漫画作品。アニメは『ママレード・ボーイ』の前番組。東映アニメーション(当時の東映動画)による制作会社繋がりでもある。『ぬ~べ~』では主演の置鮎龍太郎が『GS美神』では端役を演じるなど、複数の声優が両作に出演した。

users入りタグ

ぬ~べ~100users入りぬ~べ~500users入りぬ~べ~1000users入りぬ~べ~5000users入りぬ~べ~10000users入りぬ~べ~50000users入り

カップリングタグ

ぬゆき 広郷 克美 玉いず

外部リンク

コミック公式サイト
TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

真倉翔 まくらしょう

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「地獄先生ぬ~べ~」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12986453

コメント