ピクシブ百科事典

美奈子先生

みなこせんせい

『地獄先生ぬ~べ~』の登場人物。主人公・鵺野鳴介の恩師にして最大の理解者(メイン画像左の女性)。

CV:勝生真沙子

キャラクター

ぬ~べ~こと鵺野鳴介の小学校時代の恩師。高い霊能力を持つ霊能力者であり、治癒能力の使い手。
その力ゆえに幼い頃に周囲からの迫害を受けていた過去を持ち、同じ境遇に苦しむ幼少時のぬーべーの心の支えとなり、そしてぬ~べ~が教師を志すきっかけを作ってくれた恩人である。
後の設定でぬ~べ~の母親と似ているらしいことが明かされており、同僚の高橋律子も彼女と容姿や精神性が似ているとされぬーべーが彼女に思いを寄せる理由になった。

高い霊力をコントロールできずに霊障に苦しんでいたぬーべーをハンドヒーリングで除霊し、いじめっ子からも守るなど、母のように温かな慈愛の情を持つ、ぬーべーにとっては聖母とも言える存在であった。
その一方、ぬーべー曰く「美人なんだけど豪快」な性格で、いじめっ子に鉄拳制裁を加え「おてんばのはねっかえり娘」と悪口を叩かれていたり、現世でぬーべーとの再会を果たした際には人並み外れた健啖家であることも発覚しラーメンのどんぶりを山積みにするほどおかわりしたり、人の頭ほどもある巨大餃子を踊り食いするように平らげたり、運動神経もバッティングセンターでホームランを量産するほどによかったりと、聖母の様な慈愛の深さと対をなすような豪快かつオテンバな女性でもあった。

霊能力者としても一級の腕前を持ち、ヒーリングによる除霊と治癒を得意とする他、真言(陀羅尼)による法力を用いた妖怪退治もこなすができる。生前はヒーリングによる治癒や除霊にしか霊力を使ったことがないものの、その力は大型妖怪さえ退散させるほどに強い。

しかし、凶悪な悪霊に取りつかれたぬ~べ~を救ったのと引き換えに命を落として地獄に落ち、魂を地獄の鬼・覇鬼食われて吸収され、鬼の一部になってしまう。その後、かろうじて残った意思の力でぬ~べ~が新任教師として赴任したばかりの童守小学校の生徒に覇鬼を取り憑かせた上でその力を抑制し、封印に協力してぬ~べ~の左手に封じさせた。

それ以来、鬼の手となった覇鬼の中で鬼の力を内側から抑制して封印の持続に助力しており、死んでからもぬ~べ~の戦いを支え続けている。

そして物語終盤、封印の解けた覇鬼が二度と人間を殺さないと誓ったためついに解放され、ぬ~べ~や生徒たちと再会の喜びを祝って一時の交流を果たした後、ぬ~べ~の手によって成仏し、あの世へと送り届けられた。

関連タグ

地獄先生ぬ~べ~
教師 霊能力者 鬼の手

pixivに投稿された作品 pixivで「美奈子先生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21908

コメント