ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

正式名称は明治神宮野球場で収容人数は約32,000人。
その名の通り明治神宮が所有・運営しており、1926年(大正15年)に開場という古い歴史を持つ。

プロ野球球団の東京ヤクルトスワローズの本拠地である。

アマチュア野球でも


など、主要な試合が行われる球場として活用されている。

なお試合開催に関する優先権は基本的に六大学>プロ野球であり、これは元々六大学の試合用として建設されたという経緯がある。
1978年の日本シリーズなどは六大学の日程が優先され、ヤクルトのホーム試合は後楽園球場で開催された。

ヤクルトの前身である国鉄スワローズが本拠地にするまでは東映フライヤーズ(現北海道日本ハムファイターズ)が事実上の専用球場として使用してた時期もある。なお初のプロ野球公式戦は1948年に行われた金星スターズ(1957年消滅)対中日ドラゴンズ戦である。

施設としては、バックスクリーンや照明、音響、売店、トイレ、バリアフリーなどの設備や施設は適時最新型に改修されている。

しかし一からの建て直しがほぼされてない球場なので、基本設計が古いままである。
2020年現在本塁から両翼までの距離が97,5mと短く、グラウンドの総面積は12球団の本拠地としてはトップクラスの狭さである。そのため本塁打が出やすく乱打戦が多いとされる。
リリーフ投手ブルペンがグラウンド内のファールゾーンにあって囲いが一切ないのも12球団で唯一である。
観客スタンドも全体を通して一層しかなく、プロ野球球場としては高さもそんなにない。

球場は都心の超一等地にあって交通アクセスも非常に良く、東京メトロ外苑前駅都営地下鉄の国立競技場駅]]、JR信濃町駅千駄ヶ谷駅の各駅から歩いて約5分~15分で到達できる。
しかし明治外苑の敷地内を除く周辺道路は歩道も車道も幅が狭く、試合開催時は観客であふれ渋滞や危険な移動も起こりやすい。アクセスが良すぎるが故のネックポイントである。

専用駐車場はないため、マイカーだと美術館など周辺施設の有料駐車場やコインパーキング等を利用しなければならない。

第二球場

本球場の近くにあるサブ球場で大学野球や高校野球の球場として使用されたことがあるほか、ゴルフの練習場としても利用されている。

関連項目

野球場 東京都 新宿区 明治神宮
東京ヤクルトスワローズ
プロ野球 高校野球 大学野球
国立競技場

関連記事

親記事

球場 きゅうじょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神宮球場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9490

コメント