ピクシブ百科事典

目次[非表示]

はじめに

2020年現在、一般的には以下の2球場を指す。

1
現在の2代目広島市民球場。
プロ野球球団広島東洋カープの新本拠地として、広島市南区JR広島駅の近くで開場。

2
2008年までカープ球団の本拠地として存在していた旧広島市民球場。
広島市中心部の中区広島市中央公園の中に建設されていた。

現在の広島市民球場

2009年4月にオープン。
広島市が所有し、カープ球団が管理・運営を行う。

地元広島県に本社を置く自動車メーカーマツダが命名権を獲得し、愛称が「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」に決定。
一般的には略称のマツダスタジアムや「ズムスタ」と呼ばれている。

内外野が全面天然芝で、左翼101m・中堅122m・右翼100mと左右非対称のフィールドが特徴。

アメリカMLB1990年代以降に新造された球場を研究して作られており、緩やかな勾配のスタンドに一席一席のスペースが広く確保された快適な観客席、フィールドを見ながら球場を一周できるコンコースなど、比較的快適に観戦できるのが特徴。
大規模な多層式のスタンド、常設のグッズショップ、フードコートの充実さなどでも旧市民球場とは比べ物にならない程である。

旧市民球場

1957年7月に開場し、その後半世紀にわたって多くの広島市民に愛された球場。

1990年代後半あたりからは老朽化が激しくなり、また他球団本拠地に比べて施設環境が劣っていることも指摘されはじめた。
移転計画がなかなか進まなかったために結局そのままさらに10年ほど使用されたが、新球場完成をもって2009年にカープが本拠地を移転。
その後は草野球場として一般に開放されていたが、2010年9月1日をもってついに閉場となった。

2010年11月から2012年2月まで解体工事が行われ、現在は記念としてライトスタンドの一部のみを残して更地となっている。
イベント会場としてたびたび利用されているが再開発される予定があり、球場跡地に隣り合う中央公園自由芝生広場に、サンフレッチェ広島新スタジアムが2024年の春までに建設される。

旧市民球場時代の現役選手

2019年シーズン終了時点
太字は現在も広島に在籍している選手。
※▼は2008年までに一軍出場がなかった選手で、()は一軍初出場年。

大竹寛:2001年1位【現・巨人
石原慶幸:2001年3位
白濱裕太:2003年1位 ▼(2011)
前田健太:2006年高校生1位【現・ロサンゼルス・ドジャース
會澤翼:2006年高校生3位 ▼(2009)
小窪哲也:2007年大学・社会人3位
松山竜平:2007年大学・社会人4位
安部友裕:2007年高校生1位 ▼(2011)
丸佳浩:2007年高校生3位▼(2010)【現・巨人】

関連項目

野球場 広島県 広島市
広島東洋カープ プロ野球

関連記事

親記事

球場 きゅうじょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「広島市民球場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40452

コメント