ピクシブ百科事典

阪神甲子園球場

はんしんこうしえんきゅうじょう

兵庫県西宮市に所在する野球場。 阪神タイガースの本拠地であり、高校野球大会の本戦会場として有名である。
目次[非表示]

兵庫県西宮市に所在する野球場

概要

阪神タイガースの本拠地、春と夏の高校野球の開催地としても有名であり聖地。春と夏にはファンが全国から大巡礼を行うのが恒例行事となっている。
またアメリカンフットボールの関東と関西のチームによる大学日本一を決める「甲子園ボウル」が毎年12月の第3日曜に行われている。ちなみに社会人チームとの日本一決定戦は東京ドームで毎年1月3日に行われ、「ライスボウル」と呼ばれている。
名前の由来は開業した1924年の干支が甲子(きのえね)であったことから。
なお、1938年2月28日には特設ステージを設けてのスキージャンプ大会が行われ、何度かクイズのネタにされたことがある。
2007年シーズンオフに改修工事が始まり、2010年3月に無事改修を完了した。

阪神電気鉄道阪神電車)の甲子園駅下車徒歩2~3分。
JR神戸線甲子園口駅からは離れているので注意。

艦娘が1人住んでいる、マモノが棲息している、観客席の下にプールがあるといった都市伝説が存在する。
(戦前の1932年から1937年まで三塁側アルプススタンド下に温水プールが本当に存在した。また一塁側アルプススタンド下に室内運動場が作られた。現在は室内練習場に改修、ブルペンとして使用。)

球場データ

  • 所在地:兵庫県西宮市甲子園町1-82
  • 総面積:約38,500m2 - 「甲子園球場1個分」と言うとこの面積を示す。
    • グラウンド面積:約13,000m2
    • スタンド面積:約22,600m2
      • 内野スタンド:約10,100m2/アルプススタンド:約4,800m2/外野スタンド:約7,700m2
    • その他:約2,900m2
  • 収容人数:47,508人
    • 内野:28,465人/外野:19,043人
  • センター:118m
  • 左右中間:118m
  • 両翼:95m
  • 内野:黒土(日本の黒土と中国福建省の白砂をブレンド)、人工芝(ファウルゾーンの一部)
    • 黒土の産地:岡山県日本原、三重県鈴鹿市、鳥取県大山などの土をブレンド(毎年決まっているわけではない)
    • 砂の産地の変遷:甲子園浜及び香櫨園浜阪神電鉄社有地→瀬戸内海の砂浜→中国福建省
  • 外野:天然(ティフトン、ペレニアル・ライグラス)
    • 夏芝:野芝(1924 - 1954)→高麗芝(1955 - 1974)→ティフトン(1975 -)
    • 冬芝:ペレニアル・ライグラス(1982 -)
  • 照明:銀傘庇部分2基、照明塔4基(アルプス・外野ともに44m)
    • ロングアーク(1,500W)504台、ナトリウムランプ(660W)208台、ショートアーク(2,000W)44台、合計756台
  • 電光掲示板:3基
    • スコアボード:縦13m×横31.6m(全体の大きさ。ビジョン部分は縦8.32m×横29.76m)
    • サブスコアボード:縦2.5m×横28.3m
    • 甲子園ライナービジョン:縦1.2m×横249.6m(映像表示部分)


設備

スタンド

一層式でありながら47,000人以上を収容できる。外野席は他のプロ野球球団本拠地球場に比べ倍程度の大きさで、全収容人員の4割を占める。
内野スタンド、アルプススタンド、外野スタンドの3つに分かれ、スタンドとスタンドの間にはグラウンドと球場の外側を結ぶ通路があり、リリーフカーの出入りや観客の退場路として使われる。
「アルプススタンド」は通称だったが、現在は正式名称となっている。「アルプススタンド」の通称がついたのは、風刺漫画家の岡本一平が朝日新聞に「ソノスタンドハマタ素敵ニ高ク見エル、アルプススタンドダ、上ノ方ニハ万年雪ガアリサウダ」と漫画を載せたことから。
内野スタンドとアルプススタンドの1階部分は、選手など関係者専用のスペースとなっており、2階以上は売店など観客が出入りするスペースとなっている。レフトスタンドの1階には甲子園歴史館がある。
放送席と記者席はバックネット裏最上段にある。ラジオブースなどの入り口は別の場所にあるため隔離されているが、テレビ放送席は仕切りもない中段に仮設される。
内野スタンドは銀傘で覆われている。2009年に架け替えられた4代目の銀傘はガルバニウム鋼板製で、商品名は淀川製鋼ヨドルーフ180ハゼ。銀傘を支える柱はスタンドに立てられており、後ろ10段ほどの席からは柱が邪魔で観戦しにくくなっている。下段の柱は代を重ねるごとに上に移動している。
銀傘の中央部には2台のハイビジョン対応リモコンカメラがある。地上波の並列中継に対応する。
銀傘の上には、本田技研工業の子会社、ホンダソルテック製の太陽電池パネルがある。2010年に設置され、同年3月1日に稼働開始。推定発電量は年間193,000kWh。
銀傘の下にはロイヤルスイートがあり、その壁面下部にリボンLEDボード「甲子園ライナービジョン」がある。

グラウンド

グラウンド面積約13,000m2、中堅118m、左右中間118m、両翼95m。阪神園芸がグラウンドの整備を行う。
内野グラウンドは黒土だが、日本国内の黒土と中国福建省の白砂をブレンドしている。春は白砂を多く、夏は黒土を多く入れ、内野でのボールの動きを見えやすくしている。高校野球では出場選手たちが甲子園の土を持ち帰ることが慣習となっている。球場開設に際し最も苦労したのが土であり、阪神間は白砂の地であり土が白っぽくボールが見えにくかった。そのため黒土を合わせようと決め、試行錯誤の結果、淡路島の土を取り寄せて粘り具合を確認した。
外野グラウンドはフェンス際を除き天然芝である。球場開設から2年がたった1926年にはクローバーなどの草が生え、芝の役割を果たした。1929年春には芝生の張り付けが完了した。1982年からは夏芝「ティフトン」をベースに冬芝「ペレニアル・ライグラス」をオーバーシードする二毛作となっており、1年中緑の芝生でプレーできる。夏芝から冬芝へは9月下旬から10月上旬、冬芝から夏芝へは4月下旬から5月上旬に切り替わる。2009年オフ、2016年オフには同じ種類の芝に張り替えられた。2008年まで外野ファウルラインは白線に沿って土のままであったが、阪神タイガース選手会の要望により2009年から芝が植えられている。外野のフェンス際は赤土だったが、雨が降ると流れ出すことがあり整備に手間がかかっていたため、2018年以降人工芝が敷かれている。
ベンチはグラウンドより下に掘り下げられており、2列のプラスチック製椅子とフェンス際の座席バーの計3列ある。背もたれのない座席バーは2018年に設置され、エアコンも強化された。2008年の改修直後は当時の岡田彰布監督と赤星憲広選手会長から転落の危険性と天井の低さなどを指摘されたため、急遽再工事を行った。
ピッチャーズマウンドの後ろには、放水用の蛇口がある。放水に使われる水は井戸水で、試合前に7-8人の整備員が一列に並んで大型のホースで内野全体に水を撒いており、高校野球のテレビ中継で放映されている。
外野には1947年から1991年までラッキーゾーンが設置されていた。何度か位置が変更されており、1976年に内野スタンドの改修に伴いホームベースを移設した際には、ラッキーゾーンを前にせり出す工事が行われた。

ブルペン

アルプススタンドの1階は簡易室内練習場となっており、ここにプロ野球のブルペンが設けられている。投手交代時はリリーフ投手がここから移動し、アルプススタンドと外野スタンドの間にある通路からリリーフカーに乗ってマウンドに向かう。

室内練習場

2004年に甲子園水上競技場跡にあったテニスコートを転用し、室内練習場が設けられた。広さ3,600㎡。一塁側とは陸橋でつながっている。基本的には阪神タイガースの選手用だが、他のチームも使うことがある。

照明

銀傘の上の2基と、照明塔4基で構成。2008年の外野スタンド改修までは、照明塔はスタンドに直接設けられていた。1つの照明塔につき2本の柱で支えられ、後ろの席からはかなり見えにくかった。2009年にスタンド外の2本と、スタンド最上段の2本で支える方式に変更され、外野には大型看板が設けられた。

・外壁

完成当時の球場のコンクリートのままで、1924年12月に見栄えを良くするよう蔦が栽培された。球場正面にはウコギ科の蔦、それ以外の場所にはブドウ科の蔦が植えられていた。
蔦はリニューアル工事時に一旦取り払われ、外壁を煉瓦で覆った後に再び植えられている。蔦は2000年高校野球連盟に加盟する4170校に配布され、育てられている。そのうち生育状態の良い苗が233校から集められ、2008年に「ツタの里帰り」として植えられた。

スコアボード・甲子園ライナービジョン

現在のスコアボードは4代目。
メインスコアボードは真ん中に時計とボールカウントがある。その下には三菱電機LED式オーロラビジョン(大きさは縦8.32m×横29.76m)がある。
阪神タイガース公式PCサイトの一軍試合速報はこのスコアボードを再現したものとなっている。

開設当時は得点表示のみを行う仮設の板で、ライト寄りにあった。最大16回までしか書き記すことができず、高校野球のある試合では25回までつくられ、激闘を物語った。1934年にスコアボードをバックスクリーン後ろに設置し直した。
2代目は1934年から1983年まで使われた。スコアボード左側に選手名、真ん中に時計とボールカウント、審判団、右にスコアを表記するものだった。高さは現在のスコアボードの三菱電機広告部分程度。
選手名は球場職員の手による白ペンキを使った手書きだった。選手名は明朝体に近い書体だった。現在はその一部が甲子園歴史館に保存されている。
球場開設60年となる1984年に3代目となる電光掲示板を設置した。高さと位置は外野スタンドに合わせたもの。白色電光を用いて日本初の白黒ボードとした。右側のスコア表示は新たに合計得点、ヒット数、エラー数も表示されるようになった。スコア部分はチーム名表示、イニング得点など部分ごとに分割されていた。スコアの下のフリーボードには、プロ野球の試合中は打者の打率とホームラン数が表示され、阪神タイガースが勝った時には「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」の合唱時に白黒アニメーションを表示した。バックネット裏のサブスコアボードも電光掲示板となった。
1993年、右側部分が三菱電機のブラウン管式オーロラビジョンを採用したスコア部分を含めた全面フリーボード(縦6.4m×横12m)となり、全面カラー化された。「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」の合唱時のアニメーションもカラー化され、リプレイ映像やコマーシャルも流れるようになった。
1997年に左側の選手名部分が三原色によるカラーブラウン管式に更新。それまでは攻撃中チームを赤いラインで表示、打席に立つ打者は真ん中にある赤いランプを点灯させたが、これらを廃止し、チームの略称もしくはチーム名上下いずれかと打席に立つ打者のみ赤いラインで表示されるようになった。チーム表示部分も拡張された。
2003年に阪神タイガースが広島東洋カープにサヨナラ勝ちして優勝マジックが1となり、横浜ベイスターズ対マジック対象のヤクルトスワローズの試合が横浜スタジアムからオーロラビジョンで中継された際には、ビジターチームのチーム名が表示されれる部分にチーム略称のSとYBが、選手名が表示される部分の1番打者から9番打者まで横浜対ヤクルト戦の1回から9回のスコア、10番目のところに合計得点が表示され、ホームチームの選手名が表示される一番上の段には「於・横浜スタジアム」と表示された。このときはイニングの数字と計の数字が緑色で表示された。球場に電車に来るよう呼びかける「ノーマイカー甲子園」の表示が選手名の欄で行われた際には赤と黄色で表示された。
2005年にオーロラビジョンがLED方式に変更された。1文字当たりのドット数は16×16から24×24に増え、491,520個のLEDで構成される。
2009年にはサブスコアボードを更新。スコア表示部がフリーボードに変更された。メインスコアボードと同様、高校野球の時は9回までイニング表示を行うようになり、チーム表記も4文字に対応する。
2010年オフに改修された際、メインスコアボードは左側もLEDフリーボードに変更され、中央下部分のプレーの記録と審判名表示が統合されLED化。試合経過時間、守備交代時間も表示されるようになった。サブスコアボードとともにカウント表示が上からボール、ストライク、アウトの表示に変更され、投球数も表示されるようになった。通常は時計の下にあるBSOランプで示すが、故障した場合はメインスコアボードにBSOを示すこともできる。
2018年オフにはメインスコアボードを2面のフリーボード(1面につき縦6.4m×横12m)から1面の大型ビジョン(縦8.32m×横29.76m)にリニューアルする。これにより2019年シーズンからはこれまで以上の高解像度・高コントラストの映像で、より迫力、魅力のある演出を楽しめるようになる。
甲子園ライナービジョンは2009年に設置。こちらは三菱電機のリボン状LEDボード「オーロラリボン」であり、宮城球場、千葉マリンスタジアムに続き3か所目の設置となった。サイズは縦1.2m×横249.6m。プロ野球の試合中は、阪神タイガースの応援や選手紹介動画、CM、打席に立った選手のシーズン通算成績と当日の打席結果、数字によるボールカウント、他球場速報、「阪神タイガースの歌(六甲おろし)」の歌詞などを、高校野球の試合中はその日の試合結果を表示する。NTTドコモ提供で「ドコモオーエン甲子園」としてファンからの応援メッセージを表示する。

スコアボードの表示

選手名と高校野球開催時のチーム名表記は、手書き時代と同じく、明朝体を再現している。
選手名部分は漢字3文字まで表示される。同一チームに同姓の選手が複数いる場合は、下の名前の1文字目を少し小さく表記する。ただし、俊介(阪神)や大和(阪神→横浜DeNA)など下の名前で登録されている選手や、韓国もしくは台湾出身の選手で漢字3文字で表記する場合は、すべて同じ大きさとなる。片仮名やアルファベットの場合は1行では最大6文字までしか表記できないため、外国人選手など7文字以上で表記される選手は文字を小さくして2行で表示する。韓国もしくは台湾出身の選手はチームでの表記に合わせ、姓1文字もしくはフルネーム3文字で表示される。

2行表示された外国人選手

  • ベニー・ディステファーノ (中日) -「ディステ(改行、右へ2文字下げて)ファーノ」
  • マイク・グリーンウェル (阪神) - 「グリーン(改行、右へ3文字下げて)ウェル」
  • ホセ・フェルナンデス (東北楽天→オリックス)、ジャレッド・フェルナンデス (広島) - 「フェル(改行、右へ2文字下げて)ナンデス」
  • クリス・オクスプリング (阪神) -「オク(改行、右は1文字下げて)スプリング」
  • セス・グライシンガー (東京ヤクルト→巨人) -「グライ(改行、右へ2文字下げて)シンガー」
  • ジェイソン・スタンリッジ (阪神) -「スタン(改行、右へ2文字下げて)リッジ」

ただし、ランディ・メッセンジャーは姓が7文字だが、「ッ」と「ャ」の表示を工夫して1行で表示している。

2017年と2018年のゴールデンウィークでは、「ゴールデンウィークこどもまつり」の一環として、子供連れのファンにも選手名を覚えられるよう、日本人選手と審判に限り平仮名で表記される。平仮名と片仮名で表記されるスコアボードを見て「ファミスタみたい」と懐かしむ大人のファンもいる。

甲子園で胴上げを行ったプロ野球チーム

1990年代以降、前身球団時代を含む。

  • 東京ヤクルトスワローズ: 1992年
  • 横浜DeNAベイスターズ: 1998年
  • 読売ジャイアンツ: 2002年
  • 阪神タイガース: 2003年、2005年
  • 千葉ロッテマリーンズ: 2005年
  • 広島東洋カープ: 2017年

関連イラスト

外側。

いつかここで…


スタンドにて。

音吉さん



関連タグ

甲子園球場 甲子園 甲子園の土
阪神タイガース 高校野球 聖地

pixivに投稿された作品 pixivで「阪神甲子園球場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63919

コメント