ピクシブ百科事典

闇に蠢く者

やみにうごめくもの

ファイアーエムブレム風花雪月に登場する敵勢力。
目次[非表示]

概要

作中様々な場面で出てきては不穏な動きを見せる謎の集団。その正体は闇に隠されて伺い知ることはできない。
セイロス聖教会を憎んでおり、破滅させるためにガルグ=マク大修道院に下記にいる者を忍び込ませたり、セイロス教の西方教会を利用したりとあらゆる手段でもって犠牲を厭わずに非道も躊躇なく行う。
また特殊な技術を持っているようで、誰も見たことない強力な武器や兵器をいくつも所持している。
ファーガスで起こったダスカーの悲劇にも関与しているようだが詳細は不明。

構成員

タレス
リーダーと思われる者。黒装束に死人のような青白い肌をしている。
作中では主人公がクロニエに殺されるジェラルトを助けようとしたところを妨害した。
炎帝と話している場面も見受けられ、その会話からダスカーの悲劇も炎帝のためにしたことらしく炎帝は闇に蠢く者たちにとって「フォドラを洗い流す清浄なる炎」らしいがそれは何を意味するか不明。
クラスは専用職の「アガスティア」。

ソロン
闇に蠢く者の一人。片目が見開いたままになり両目ともに黒く染まっているのが特徴の老人。
ガルグ=マクの書庫番のトマシュに成り代わり潜伏していた。ルミール村で非道な実験をした際に正体を表す。
のちに封じられた森にてクロニエが主人公たちに追い詰められたときにまた現れる。ソロンはクロニエに助けるよう言われるが、クロニエを殺害し生贄にしてザラスの禁呪を発動し主人公を未来永劫出ることは叶わない闇に閉じ込める。だが、女神と融合したことで闇の中から脱出されてしまいソロンは討たれてしまう。
クラスは上級職の「ダークビショップ」。

クロニエ

クロニエちゃん


闇に蠢く者の一人。オレンジ色の髪に片目が隠れているのが特徴的な若い女性。
作中フレンが拐われる事件が発生し救出される際、一緒にいた女子生徒のモニカに成り代わってガルグ=マクに入り込む。
その後旧礼拝堂で突如魔獣が大量に出現する事件が発生しそれを解決するために来たジェラルトの前に現れ、油断しているところを不意打ちで殺害した。
のちに仇を取りに来た主人公たちを封じられた森に誘い込み正体を明かし、主人公も殺害しようとしたが返り討ちにあい、必死に逃げるも追い詰められてしまう。そこに同胞のソロンが現れ、助けるよう言うが、禁呪の発動のために生贄とされ主人公共々闇に呑まれてしまった。この時点で虫の息だったためもう生きてはいないだろう。
クラスは上級職の「アサシン」。

ミュソン
闇に蠢く者の一人。魔道士部隊のリーダー格。
王国ルートではディミトリたちに追い詰められたエーデルガルトとともに手下を連れて現れた。相手の体力を1まで減らす「ボーアX」という闇魔法を使用してくる。スキルで無限に使用可能となっているため早めに倒さないといけない厄介な敵。倒すとマップ内の闇に蠢く者に所属している敵は全て撤退する。
教会ルートと同盟ルートでは本拠地で陣取っている。
クラスは上級職の「ダークビショップ」。

ピッタコス、ビアス
闇の蠢く者の一員である女性魔道士で、同盟・教会ルートに登場。ピッタコスはヴィスカム制御施設を管理しており、倒すとヴィスカムが停止。ビアスはタイタニス制御施設を管理しており、倒すとタイタニスの増援が止まる。クラスはともに最上級職の「グレモリィ」。

キロン
闇に蠢く者の一人。本拠地でタレスのいる施設を守っている。クラスは最上級職の「グレートナイト」。

オデッセ
闇に蠢く者の一人。同盟ルートのみに登場し、本拠地崩壊後に残党として部隊を率いる。戦場では翼魔獣の呼び込みを行う。倒すと部下は撤退する。

関係者

闇に蠢く者ではないが密接に関係している者たち。

炎帝
度々主人公たちの前に現れてはその存在を植え付ける正体不明の謎の人物。作中では闇に蠢く者たちと会話しているのが見受けられる。
主人公に関心を寄せており、こちら側に引き込もうとしているようなそぶりさえ見せる。
闇に蠢く者たちとは協力関係であるものの、彼らのことはあまり快く思ってはいない模様。

死神騎士
炎帝の配下。炎帝と同じく正体不明の謎の人物。
炎帝の計らいで闇に蠢く者たちと協力してくることもあるが、基本的に従うことはない。
強き者を求めているようで、「天帝の剣」に選ばれた主人公を強者として我が逸楽として戦うことを強く望んでいる。

コルネリア
ファーガス神聖王国で流行り病を鎮めた聖女と呼ばれている人。
かつて帝国で学者もしていたようでその時の知識を活かして流行り病を鎮めたらしい。だが、いつしか聖女としての姿は陰り非道な人物に成り下がった。
闇に蠢く者とは直接的な関係は語られていないが、彼女が扱う兵器は闇に蠢く者たちが扱うものと同じものである。

関連タグ

ファイアーエムブレム風花雪月









ここから先重大なネタバレ注意


























闇に蠢く者の正体

正式名称は「アガルタ」。闇に蠢く者と称される彼らの正体はかつて女神と戦い敗れた一族の末裔である。
彼らは戦い敗れたのち地下世界に身を潜め復讐の機会を狙っていた。そして彼らはネメシスに、自分たちの技術で作り上げた「天帝の剣」と「炎の紋章」を与え女神の眷属たちを虐殺させてさらに武器と紋章を作り上げる。これがのちの「英雄の遺産」と呼ばれる武具である。
だが、ネメシスはのちに女神の眷属の生き残りであるインデッハ、マクイル、キッホル、セスリーン、そしてセイロスにより組織されたアドラステアによって討たれてしまう。
そのため彼らは女神と女神の眷属を憎み、再び地下世界に潜むことを余儀なくさせられたセイロスたちに復讐を誓い、千年以上もの間機会を伺っていた。

作中においてリシテアや炎帝ことエーデルガルトに二つ以上の紋章を施したのも彼らアガルタであり、その目的は語られていないが、恐らくかつてのネメシス以上の存在を作り上げるためである。その最中リシテアは二つ持たせることには成功したが短命になってしまったことで恐らくは失敗と見なされ以降はコーデリアとは全く関わることはなくなり、エーデルガルトはもともと持っていたセイロスの紋章に加えネメシスと同じ炎の紋章を与えることができた一番の成功体と思われる。
つまり、彼らにとってエーデルガルトは第二のネメシスだったのかも知れない。

紅花の章では帝国側に寝返るはずだったコルネリアが寝返る前に帝国に討たれてしまったため報復としてアリアンロッドに光の杭を落とす。それでもセイロス教団を倒すため帝国との共闘を続け、アガルタにとって一番厄介だったセイロスことレアは死亡し、主人公に眠っていた女神の力は消失した。その後、帝国はアガルタと縁を切り対決姿勢を鮮明にし、やがて壊滅したようだ。
結果的に見ればアガルタたちは滅亡したものの、女神とレアを倒すという当初の目的は果たされている。

蒼月の章ではタレスの表向きの立場であるアランデル公がデアドラ遠征の際に同盟の要請を受けて救援した王国軍に討ち取られ、以後組織としては瓦解状態となったようで、上述のミュソンの部隊がアンヴァルに布陣しているのみとなった。帝国もアガルタの瓦解により戦力を当てにできなくなり、追い詰められたエーデルガルトは自らを魔獣化せざるを得なくなった。

翠風の章と銀雪の章では主人公らの抹殺を企図しメリセウス要塞に光の杭を落とすも、死神騎士が気まぐれかはわからないが同盟軍/新生軍に示唆して脱出させたため失敗。しかも光の杭が落ちたことでヒューベルトが魔道を感知して居場所を暴いたため、帝国滅亡後、同盟軍/新生軍は本拠地シャンバラをたたくことになった。
最期、タレスは悪足掻きと言わんばかりに自分諸共主人公やレアたちを抹殺しようとするも、レアが重傷を負うことを代償に失敗に終わり、壊滅した。
だが、翠風の章ではもう一つの仕掛けかなにかを動かしたのか、封印されていたネメシスが蘇ってしまい、英雄の遺産と似た性能を持った模倣武器を手に同じく復活した十傑共々ガルグ=マクに向けて進撃を開始する。

関連記事

親記事

ファイアーエムブレム風花雪月 ふぁいあーえむぶれむふうかせつげつ

子記事

兄弟記事

コメント