ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:大塚明夫

概要

主人公ベレト/ベレス)の父。ジェラルト傭兵団の団長で腕利きの傭兵として名を知られている。クラスはパラディン

人柄は豪放磊落そのもの。釣りが得意で酒を好み、フォドラ各地の酒場にツケを溜めている。
大雑把な割に字は細々としており、主人公の母親への愛を日々日記に書き留めていたという一面を持つ。主人公に対してわかりやすく愛情を示すことはなかったようだが、自分から離れて働き始めた主人公のために部隊を見繕ったり、頼み事の報酬のひとつとして20歳を過ぎた我が子にクマの人形を与えたりしている。

レアが言うにはかつて王国の兵士で、ある傭兵団の一員だったらしく、レアを庇って大怪我を負ったことが初めて出会った時の出来事だった。それを期に程なくしてセイロス教のセイロス騎士団に誘われ所属した模様。「“壊刄”ジェラルト」の異名を持つ騎士団長となり、34年前にアロイスを従者として取り立てた。

21年前にセイロス教の修道女との間に子供が生まれたが、修道女は産後ほどなくして亡くなってしまった。ジェラルトはこの死亡に疑問を抱いており、その後泣きも笑いもしない赤子を訝しみ秘密裏に医者に診せたところ心臓が動いていないことが判明。それにより「レア様が出産時に何かしたのではないか」と疑い、ガルグ=マクで起こった火災を利用して死んだことにした赤子を連れ出し騎士団を去ると、セイロス教との関わりを避けて暮らし始めた。

6年前サウィン村に立ち寄った際に、その村の住人であるレオニー=ピネッリに弟子入りを志願された。その村にいる間だけ彼女を弟子としていた。

適当な性格なのか秘密を抱えているせいなのか、自分の年齢すら覚えていない。教会に疑念を抱いているせいなのか、主人公にもフォドラの情勢をほとんど教えなかった。主人公も自分の年齢を知らない。
アロイス曰く外見が30年変わっていないらしく、普通の人間なのかどうか謎が残る。

だが、運命とでもいうべきか三学級の級長たちが盗賊に襲われているのを助けたことをキッカケにアロイスに見つかってしまい、セイロス聖教会へ主人公とともに再び戻ることとなった。

そして、第1部Ep.9にて…

関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレム風花雪月 傭兵 セイロス聖教会

ガロン(FE)…担当声優が同じFE主人公の父親。
グレイル…「伴侶を失い、高名な騎士の地位を捨てた、自身の名を冠する傭兵団の団長」という共通点があるFE主人公の父親。












秘密(ネタバレ注意!)

実は100歳を超えている。上記の重傷を負った際、異種族であるレアの血によって治療を受け、その際に長寿の能力を得たのである。その結果セイロスの大紋章を宿していることが序章の時点で確認できる。
アロイスには酔った勢いでそのことを話してしまったが、レオニーをはじめその他の人物には話していないようだ。アルファルド曰く「100年も昔の前の出来事を見てきたかのように語る」とのことだが、それもそのはずである。実際に見ていたのだから…。

第1部EP.9にて、モニカという女子生徒に化けていた闇に蠢く者の一員・クロニエに不意打ちで刺される事態が発生。それを見た主人公は天刻の拍動で時を巻き戻し、その暗殺を未然に防ごうとしたが、タレスに妨害された事でそれも失敗に終わってしまう。時を巻き戻す力をもってしても、ジェラルトの死は避けられない運命にあったのである。

ジェラルトの死後、主人公はジェラルトが自分の部屋に隠していた日記を発見し、自身の出生についての秘密を知る事に。
また、ジェラルトは死亡する前に「いつか大切な人ができたら贈るといい」と妻の形見だった指輪を主人公に託しており、この指輪を誰に渡すかによって主人公とのペアエンドが決まる事になる。
(この形見の話を聞いていないと指輪を受け取ることもできず、結果としてペアエンドが成立しない)

また、彼の妻の名前は(墓標に一応刻まれていたが、かすれて読めなくなっていたため)不明だったが、2月13日の大型アップデートにて「シトリー=アイスナー」と判明(イラストも用意されている)。
なお「シトリー」は『ゴエティア』に登場する72柱の魔神(堕天使)として有名で、序列12番に位置づけられている。本作の「シトリー」が「12番目に創り出された存在」であることも偶然ではないだろう。煤闇の章をクリアすると墓碑銘が再び刻まれて名前を明確に読めるようになる。

関連記事

親記事

セイロス聖教会 せいろすせいきょうかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェラルト=アイスナー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 600300

コメント