ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

所属ガルグ=マク大修道院・士官学校
初期兵種メイジ
個人スキル紋章学者
紋章インデッハの紋章
CV浜田賢二


概要

ガルグ=マク大修道院の士官学校に教師として勤務している紋章学者。もともとはアドラステア帝国の貴族の生まれだが、爵位は返上している。
普段は知的で冷静なナイスミドルだが、紋章のこととなると我を忘れて没頭する。特に主人公の持つ紋章に興味を持っているようだ。自らも聖者インデッハの紋章を宿している。
その他、特殊な事情の紋章を抱えている人を付け回したりすることもある。しかし、家から「紋章を調べないで欲しい」と寄進と共に頼み込まれれば約束は守るし、ある事情が判明したフレンに対しては悩みながらも自重している(代わりにセテスが付け回されてるが…)。紋章のことで暴走こそすれど教師でもあるため、一線を越えるようなことしない。

元貴族とあってか身だしなみに気を使っており、線対称のヒゲが自慢。整理整頓が得意であり料理が苦手。正反対の性格と言える同僚のマヌエラとはウマが合わないようで、年甲斐もなく度々口論している。

かつて妹がいたが、妹は紋章の家柄の血筋を欲しがった貴族に嫁がされ、何人もの子どもを生まされ続け、その挙句紋章を持つ子どもがひとりも生まれなかった事から嫁ぎ先で罵倒され続け、心身共に衰弱し切って死んでしまった。そのためハンネマン自身は紋章を絶対視する現在の貴族制度の事は嫌悪しており、彼が紋章の研究を続けているのは誰もが紋章の力を持つ事ができる(=紋章を持つ者が絶対視されなくなる)ようにするためである。
また、これまで女性と付き合うことはあっても、この通り紋章の研究に没頭するため何度も愛想を尽かされてしまっており、独身ネタに欠かないマヌエラ以上に独身時代が長い。

何気に190cmというラファエルに並ぶレベルの高身長

ユニット性能

初期クラスは中級職のメイジ。弓術・理学・馬術が得意で、重装・飛行が苦手。歳は50を越えているが、能力はよく伸びるので年齢を感じさせない。最初から射程3まで攻撃可能な大技「トロン」が使えるのが何よりの魅力。魔力も伸びるので某魔砲少女ならぬ「魔砲おじさん」になれる。普通に育てるならメイジ系統になるだろう。最上級職を目指すならば、理学と馬術の得意を生かしてダークナイトになるのがオススメ。得意技能だけを見るならばボウナイトもアリに見えるが、力成長率に難有りなためあまりオススメ出来ない。
速さと守備が伸び悩むが、覚える魔法の関係で必殺を割りと出してくれるので攻めの面での速さは気にならないことが多い。対して守備はどうしようもないので物理系の攻撃範囲には入らないように(特に連続攻撃される拳に注意)。
応援も使えるので、することが無いターンは支援相手を応援して支援値を貯めておこう。

また、彼が教員研修で教えてくれる弓術・理学・馬術は、いずれも主人公の得意技能ではないだけに、スカウトをするとなると一気に彼が頼もしく見える。特に理学や馬術は、意識しなければ物理歩兵にする事の多い主人公にとっては非常に有り難い。

余談であるが、拳闘士の格好が全く似合わないことに定評がある。だが、格闘術自体は苦手ではないのであえてグラップラーにするプレイヤーも。


関連記事

ファイアーエムブレム風花雪月 セイロス聖教会 学者 ナイスミドル ダンディ モノクル
ベルナデッタ…インデッハの紋章繋がり
グレゴレンハアサマ…中の人繋がり
















余談(クリア後ネタバレ注意)


引継ぎデータでゲームを開始するとクリア済みの章に応じて「紋章アイテム」という所持しているだけで紋章の効果が出るアイテムが解禁される。
ハンネマンはエピローグで誰でも紋章の力が使えるようになる「魔道具」を発明しているが、それが紋章アイテムのことなのかは不明。まあ、クリア後の要素なので深く考えても仕方ないのだが…。「もしも魔道具があったら…」というシチュエーションで周回プレイを楽しんでみるのもいいだろう。

関連記事

親記事

セイロス聖教会 せいろすせいきょうかい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンネマン=フォン=エッサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34273

コメント