ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:小澤亜李(ヒーローズ)

兵種:魔道士→賢者


概要

リリーナ@ファイアーエムブレム◇ファイアー!


リキア諸侯同盟の盟主であるオスティアヘクトルの娘。取扱説明書にはヒロインと書かれている。

設定画では赤っぽい服だが、戦闘中のグラフィックは魔導士の際は全体的に青っぽい色調で、賢者になると白のローブに青のマントという姿になり、かなりイメージの変化が大きい。そのため、この賢者のドット絵に準拠した白いローブ姿のイラストも良く描かれている。


15歳の主人公ロイとは同い年の幼馴染で、『ファイアーエムブレム大全』によると出会いは本編の3年前。『烈火の剣』では特定の条件を満たすと、ロイとリリーナが初めて出会う場面を見ることができる。

なお、このときヘクトルが「兄上(ウーゼル)の葬儀から15年」と話しており、さらにエピローグ(終章から1年後)の時点でウーゼルの死は広まっていると明言されている。普通に考えれば、この段階で葬儀はすでに済んでいるはずで、素直に読み解くと『封印の剣』本編開始の5年ほど前(ロイとリリーナは10歳ごろ)となり、書籍の記述と矛盾している。


魔道軍将セシリアが賞賛するほどの天才的な魔道の才能を持つ。ちなみに次作烈火の剣での母親候補はリンディスファリナフロリーナと魔道士は一人もいない。ヘクトルに魔道の才能があるはずがないため、どこから魔道の才を得たのかと言われることも。

ちなみにリリーナの母がファリナかフロリーナでロイの母がフィオーラの場合、ロイとはいとこ同士になる。


ゲーム開始直後から顔見せとして登場するものの、実際の加入は中盤手前とそこそこ先。反乱軍の手で捕らえられており、ロイの助けで城を取り戻すも直後に父の戦死を知らされ、父の死を悲しみながらも盟主の娘としてロイとともにベルンの脅威に立ち向かう。


ロイに並んで支援相手の数が多く、彼との支援をAにしておくとEDが変わるので結構優遇されている。

ただし、ロイにベタ惚れしているため、支援会話を経て恋愛に発展するのはロイ相手のみで、殆どは上司と部下や、彼女が軍にスカウトした人物に対するものが多い。

幼馴染のロイに対する思いを相談する場面が複数のキャラに対してある年頃の乙女でもある。

但し師匠であってもセシリアには相談しないのはライバル意識であろう。


オスティアの花嫁

戦いの後は亡き父の後を継いでリキア同盟の盟主となり、戦いに荒れたリキアの復興へと力を注いでいく。労力の甲斐あってリキア同盟は再興されていき、リキア同盟の美しき盟主としてその名を歴史に残すことになる。

ロイと結婚した場合も同様だが、この場合は結婚によってフェレとオスティアが一つに纏まり、最終的にはリキア全体が統一され、リキアは太古の昔に勇者ローランの手で建国されたリキア王国としての姿を取り戻すことになる。


ユニット性能

業火の理サンダーストーム三秒前


ユニットの個性としては魔力の上昇率が異常(75%というHP並みの伸びでダントツの1位)であり、普通は下級職Lv20になる前に既に魔力20(下級職最高値)になり、上級職Lv10になるころにはカンストするという驚異的な魔力を誇る。多くのユニットが守備>魔防であることや、強敵であるドラゴンナイトやマムクートは素早さや魔防が低めであるということもあり、下級魔法のファイアーの一冊でさえあらゆるものを焼き尽くす強力な火力を発揮する。そのため、往々にして魔王だの魔砲少女だの言われ、封印の剣の語り草の一つになっている。その馬鹿力は父親似なのか。

今のはフォルブレイズ(※最強の理魔法)ではない、ファイアーだ」はネタじゃなくて割とマジな話。

ちなみに炎魔法のイメージは強いが、遠距離魔法サンダーストームを手にすれば今度は地獄のいかずちのごとき威力を発揮する。オスティアの姫は炎帝にして雷帝でもある。もはや天災である。

また、加入直後にロイから手渡される魔道書は雷魔法のサンダーであり、本編で最初に使用した魔法は炎ではなく雷というケースは多い。


弱点は命中に強く関係するが非常に低く、速さもやや低くなりやすいこと。また、魔道士系の宿命としてHPや守備が弱い。ただ、リリーナは幸運が高く理魔法は一部を除き命中率が高いため(必殺率は低いものの)は低くても問題にならない事が多く、速さが伸びるかどうかという点が評価をわける場合が多い。

逆に言うと速ささえちょっと伸ばせば残りの部分は魔導士として高水準であり、そこだけドーピングや成長吟味をしてでも使う価値はある。


クラスチェンジして賢者になると杖が使用できるようになる。初めはライブの杖しか使用できないが、その膨大な魔力故に味方司祭より遥かに高い回復力を発揮する。

高位の杖を使えるようになればマップを包み込む勢いで20マス先までが緑色の回復範囲に包まれ、さらにトライアルマップ限定のリザーブを使えばその400マスの味方全員が一気に回復する。

破壊王のように言われがちだが、優しいのである。


第8章開始時に仲間になるが、開始時は武器もない状態で牢屋(鍵付きの小部屋)に入れられておりしかも敵アーチャーに狙われた状態になっている。そのままではやられてしまうので敵の攻撃範囲から逃がし、早めに合流しよう。合流後にロイで話しかけるとサンダーの魔道書を入手するイベントが起こる。


属性は光。支援相手はロイ、ボールスバースオージェゴンザレスマーカスウェンディガレットアストール、セシリアの10人。

ロイと組むのが王道かつ鉄板。攻撃・命中・必殺に最大限補正がかかり、長所を伸ばしつつ短所も補える。支援進行も本作ぶっちぎりの早さで、わずか36ターンで支援A成立。ストーリー、実用性の両面で最良の組み合わせと言える。

余談だが、開発中は属性が雷(説明書で確認できる)だったため、支援効果とリリーナ本人との相性がよくなるようにわざわざ変更されたことになる。おそらく、メインヒロインをスタメン起用してもらえるように配慮された結果だろう。


封印の剣は全体的に初代である暗黒竜と光の剣及びそのリメイク・後日譚である紋章の謎のオマージュが多いが、彼女も偏ったステータスや、リリーナで説得して仲間になるユニットがいる(賊系統のユニットが多い)など、初代ヒロインシーダと似通っている部分がいくつか散見される。

しかし、シーダの特化である技や速さは異常に高くても影響が薄いのに対し、リリーナの魔力は高ければ高いだけそのまま破壊力が上がっていくため、キャラクターとして強烈な印象を残すことになった(後述の「二次創作」を参照)。


ヒーローズ

美しき盟主 リリーナ

リリーナリリーナ

属性
兵種魔法/歩行
武器ボルガノン+→フォルブレイズ(専用)
奥義爆火
A攻撃3
C攻撃の紋章3

初期から登場。

ステータスは攻撃と魔防も高いが速さと守備に劣る重火力タイプ。体力もやや低く、近接武器だと有利不利問わずにすぐに倒されてしまう。


スキルは火力に関わるものが多く、あまり戦闘時に有用なスキルは多くないが、攻撃の紋章3は有り難い。

当初は専用武器が存在せず、デフォルト武器のボルガノン+もかなり微妙な性能で継承は必須と、いまいちパッとしない性能であった。


しかし2018年4月のアップデートで、専用武器にやっと神将器フォルブレイズの習得が可能となった。原作のフォルブレイズは最低威力・最軽量・幸運+5と言うものだったが、FEHではそれを大胆に無視し、代わりに原作リリーナの性能を再現する事に特化した性能。ただしヒーローズに魔竜の概念が存在していないので特攻は付いていない。

「魔防の封印3」を内蔵した武器で特殊練成効果は「鬼神の一撃3」の効果になる。これで自ら攻めると大幅に火力を伸ばせる個性を得た。この2つはシナジーしており、封印影響下にある敵を自分から攻撃すると実質攻撃力+13。元々高い攻撃のステータスと相まって、原作を思わせる驚異的破壊力を得る事が可能なのだ。

Aスキルに鬼神の一撃3または4をつければ練成効果と重複してさらに攻撃力が上がるし、相性激化3ならば他への攻撃力は上がらないが緑は問答無用で焼却できる。


2021年4月から神装英雄に選ばれた。父と同じムスペル衣装を身に纏った。これでステータスの強化でさらに火力が伸びた。ニフル衣装であるロイとは対の衣装となるが総選挙版は同じムスペル衣装。


甘く切ない贈り物 リリーナ

大好きな気持ちを…

属性
兵種魔法/騎馬
武器緑のプレゼント箱+
奥義烈火
AHP攻撃2
C攻撃の指揮3

2018年からの超英雄でリリーナ初。なんと馬に乗って登場。

通常版と比べて、攻撃と魔防はやや落ちてしまったが苦手の速さは改善している。初期武器は射程2の敵のバフを無視する効果。

やはり初期スキルはイマイチでパーティが厳選される。騎馬特効や近接武器だとほぼ一撃なので大幅な継承が必要になってくる。


外伝シナリオではプレゼントを贈るリリーナを見られるが、相手はロイではなく烈火の世界から来た若かりし頃の父ヘクトルである。封印の剣ではヘクトルは戦死してしまうため、感動的な一幕である。

一見、母親について「リンディスではない」と言われているように見えるがリンディスも騎馬版が存在しているため結局の所、リリーナの母親は不明となっている。


浜辺に咲く華 リリーナ

水着リリーナ

属性
兵種暗器/騎馬
武器葉の扇+
奥義魔防の大応援+
A攻撃魔防の孤軍3
B守備の混乱3
C攻撃の開放3

2019年7月に登場した水着姿の超英雄。ステータスは通常版とバレンタイン版で比べると魔防が上がって守備は落ちた。

葉の扇は戦闘中、敵が受けている弱化の合計値を自分の攻撃に加算【暗器(7)】(戦闘中に攻撃していれば戦闘後に敵とその周囲2マスの敵の守備、魔防-7(敵の次回行動終了まで)効果になっている。攻撃魔防の孤軍3で攻撃は55で魔防は40と攻撃の高さは健在である。守備の混乱3と攻撃の開放3でサポートも出来る。攻撃もサポートも可能な構成になっている。

バレンタイン版同様に騎馬特効には注意。反撃が出来ない近接武器とやはり速さが低いので追撃されやすい点にも注意。


7月9日にイラストの差し替えが発表された。某林檎社の規制かと思いきや担当イラストレーターのBUNBUN氏の要望で顔が修正している。後の更新データで適用される。


またせっかくの大胆な水着姿なのに水着英雄たちが活躍した戦渦の連戦イベントにおいてロイがメインにも拘わらずコンビ枠をウォルトに奪われ、完全スルーされたことがネタにされた。


煌炎の盟主 リリーナ(伝承英雄)

【仕事絵】FEH「煌炎の盟主 リリーナ」

属性
兵種魔法/騎馬
武器業炎フォルブレイズ(専用)
奥義天与の魔道(専用)→天与の魔道・承(専用)
A攻撃魔防の孤軍4
B魔防の混乱3→攻撃魔防の混乱3
C鼓動の幻煙3

2020年12月から登場。父のヘクトルとロイに続く火の伝承英雄。サイファにもあった賢者の白ローブ姿だが今回は騎馬になっている。

通常版とステータスを比べれば攻撃と魔防はさらに上がり、苦手のHPも僅かだが上がったのに対して守備と速さはさらに下がった。とくに守備は水着版と同じ数値。


専用武器はキラー武器効果と1ターン目開始時に奥義をカウント-1の効果。そして自分のHPが25%以上は戦闘中、攻撃魔防+6かつ不動の姿勢の複数スキルを所持。速さの低いリリーナにとってはカバー出来る。とくにオルティナとクロニエには相性が良い。

専用奥義「天与の魔道」は初の専用範囲攻撃。カウントが小さくなった烈光Verですぐに発動出来る代わりにダメージはやや控えめに。とはいえ、火力のあるリリーナだと発動後の攻撃ですぐ倒せる火力。武器効果と専用奥義と噛み合うのですぐ発動。封印や幻煙もあることからデバフや奥義を遅らせられるサポートも。


弱点は鈍足と物理の紙耐久。属性の有利不利問わず近接武器か近づかれるか青弓の射程内だとすぐ倒される可能性も。騎馬特効や魔法特効の弱点もあるので要警戒。攻めは優れているが受けはからっきしなので攻撃に専念しよう。


2024年1月のアップデートで上方修正。

専用奥義は「天与の魔道・承」へ。倍率が1.0になり、奥義発動した戦闘後に縦横3列の味方に再移動(1)を付与する効果が追加。

Bスキルは「攻撃魔防の混乱3」にグレードアップ。


同時に錬成武器対象に。

1ターン目開始時条件が消えて始まりの鼓動3と同じ効果に緩和。特殊錬成効果は自分から攻撃するか周囲2マス以内に味方がいると戦闘中さらに攻撃魔防+5かつ絶対追撃と魔防の15%分ダメージに加算しつつ、最初に受けるダメージを30%軽減。

これで条件が消えたことで何度も奥義が発動出来るようになり、絶対追撃で速さのカバーと耐久面の改善とダメージ増加でトドメに持ち込めるようになる新たな個性を得た。


華燭の花嫁 リリーナ

花嫁実装ありがとう

属性
兵種魔法/騎馬
武器一途な想いの薔薇(専用)
奥義天与の魔道(専用)
A止水4
B攻撃魔防の遠影3
C遠距離相互警戒

2022年5月からの超英雄で約3年ぶりの実装。


伝承版とステータスを比べると止水のおかげで攻撃と魔防は全英雄でトップだったが攻撃はグレゴ、魔防はラルヴァの実装で追い抜かれて2位に落ちた。その一方で守備はセライナと同じ11のワースト1位タイ。


専用武器はキラー武器効果と1ターン目開始時に奥義をカウント-1の効果は業炎フォルブレイズと同じだがもう一つの効果は異なる。

自分から攻撃するか周囲二マス以内に味方がいると戦闘中、攻撃魔防+6かつ自分の魔防の10%分ダメージに加算する。遠影で弱らせながら戦う。


新たに登場した「止水4」は死線の応用版で攻撃魔防は+7に増えるが守備は-5。


伝承版とやや似通っているがヒットアンドアウェイとサポートが出来るようになった反面、待ち伏せ(攻め立て)持ちの対策とデバフの消滅でかなり編成が変化した。


弱点は皆無な守備で有利不利関係なしにほとんどの物理武器には一撃。速さもかなり低く追撃も喰らう。

不動の姿勢も消えているので伝承シーダや有利なオルティナでも天敵。聖印で不動の姿勢を付けるかで補おう。


二次創作では

作中の台詞だけから判断すれば父の死に立ち向かう健気で気丈な娘であり主人公にべた惚れの幼馴染という大変オーソドックスなヒロインなのであるが、先述のとんでもない性能かつその才能に困ったり苦しんでいたりする様子もないために、破壊兵器が健気な台詞を喋っているというギャップが生じてしまい、ある種のネタキャラともなっている。

そのため、二次創作では真面目なものでさえも原作よりも肝の据わった性格になったり、「怒らせるとものすごく怖い」という描写が良く見られる。

ロイとの関係性もロイに守られるという単純な形にはなかなかなれず、頼れるけど怖い…という引き気味な反応をされたり、あるいは嫉妬を向けられた他の女の子が恐怖で縮み上がったりといったことにもなる。

サイファでも「ロイに抱きかかえられたイラスト」と「恐るべき表情で凄まじい爆炎を放っているイラスト」がそれぞれ存在する。


関連イラスト

リリーナ小公女リリーナ

幼馴染リリーナ


関連タグ

ファイアーエムブレム 封印の剣 烈火の剣

オスティア ヘクトル ウーゼル

ロイ ボールス バース ウェンディ オージェ アストール セシリア マーカス ゴンザレス ガレット

リリーナ 青髪 ロングヘア


セリス ロイ ルキナ マーク カンナ:同シリーズの主人公の子供繋がり。

シーダ:同シリーズの青髪ヒロイン繋がり。こちらは物理寄り。


ファ セーラ:同シリーズの中の人繋がり。


カップリングタグ

ロイリリ

関連記事

親記事

オスティア おすてぃあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11131631

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました