ピクシブ百科事典

カンナ(FEif)

かんな

ファイアーエムブレムifに登場する人物。
目次[非表示]

ネタバレ注意!

「逃げたりしない!!」

プロフィール

初期兵種ダークプリンス(男)/ダークプリンセス(女)
誕生日4月19日
軍の中で一番竜石で遊んでいる
CV島﨑信長(男)/佐藤聡美(女)


概要

ファイアーエムブレムifにおいても結婚システムが導入されており、勿論子供も生まれる。
但し「未来からやって来た」という設定の「覚醒」と違い、今回の子供は「時間の流れが違う星界に預けているうちに、戦えるまでに成長している」というものになっている。つまり実際に出産することになる。

カンナは主人公(カムイ)の子である。
前作のマーク同様、性別は主人公と逆で固定となる。
なお台詞パターンやモーションは、それぞれ選ばなかった性別のものが流用されている(男なら、僕~だよ2。女なら、あたし~だよ2)。但しifパルレがある為か、カンナだけの台詞も用意されている。
なお、子世代を含めた全ての異性キャラクター全員がカンナの親候補となりえる。例え相手がどれだけ幼かろうが容赦なし

容貌は親である主人公に酷似しており、尖った耳や竜に変身できるという特徴も継承している。
カンナが女である場合髪の色は母親の色に依存し、逆に男の場合は父親の色に依存する。
鎧は主人公のものとほぼ同一だが、マントではなく青いスカーフを身に着けている。
なお、子世代の中では一番年下。

主人公の事が大好きであり、なかなか会えなかったためかなりの甘えんぼ。
これは他の子世代にも言える事で、両親に会えない寂しさから変わった趣味に走った者寂しさをこじらせ反抗的な態度をとるようになった者逆に両親にべったり甘えるようになった者など、秘境での生活が性格に変化を与えた例は多い。
その中でも真っ直ぐに育ったカンナは、ひたすら純粋に主人公を慕う様子を見せる。
支援会話は母親相手の場合はほぼ共通だが、父親相手の場合は性別によって大きく変化する。

親である主人公同様、幼いながらも竜に変身する能力を身につけている。
自身が住む星界が謎の兵に襲撃され、多勢に無勢で奮闘する主人公の姿を見て覚醒に至った。
しかし、親同様そのままでは制御が利かず暴走してしまう為、竜石でその力を抑えるようにしている。

軍の中では一番竜石で遊んでいる。
…のだが、そもそも竜石を使うキャラは主人公・後述の兄(姉)・自身程度なのでどう考えても遊んでいるのはカンナしかおるまい…。

上記の通り、主人公が親と言う事もあり、夫または妻(該当するのはアクアのみ)によっては彼(彼女)以外の子供が生まれる可能性がある。
なお、もう一人の子供は必ずカンナの兄(姉)になり、支援も専用のものに変化する。但しシグレが兄の場合、支援会話はシグレ専用のものになる。これは前作でのルキナマークの姉弟の支援会話と同じである。
カンナ自身も純粋に兄(姉)を慕っている様子を見せる。

カンナ♀
ルートきょうだい母親候補者(きょうだい候補者)
共通アクア(シグレ)
共通なしフェリシアモズメ
白夜なしヒノカサクラカゲロウオボロセツナカザハナオロチリンカユウギリクリムゾン
暗夜なしカミラエリーゼピエリルーナベルカエルフィニュクスシャーロッテフローラ
DLCなしアンナ
ルートきょうだい母親候補者(子世代)
共通なしミドリコゾフィー
白夜なしミタママトイシャラキヌ
暗夜なしソレイユオフェリアエポニーヌベロア
カンナ♂
ルートきょうだい父親候補者(きょうだい候補者)
共通ジョーカー(ディーア)
共通スズカゼ(ミドリコ)、サイラス(ゾフィー)
共通なしアシュライザナ
白夜リョウマ(シノノメ)、タクミ(キサラギ)、サイゾウ(グレイ)、ヒナタ(ヒサメ)
白夜アサマ(ミタマ)、ツバキ(マトイ)、ツクヨミ(シャラ)、ニシキ(キヌ)
白夜なしユキムラ
暗夜マークス(ジークベルト)、レオン(フォレオ)、ハロルド(ルッツ)、ブノワ(イグニス)
暗夜ラズワルド(ソレイユ)、オーディン(オフェリア)、ゼロ(エポニーヌ)、フランネル(ベロア)
暗夜なしギュンター
透魔なしフウガ
ルートきょうだい父親候補者(子世代)
共通なしシグレディーア
白夜なしシノノメキサラギグレイヒサメ
暗夜なし ジークベルトフォレオルッツイグニス

ユニット性能

初期クラスは親同様ダークプリンスないしダークプリンセス
性別は必ず主人公とは逆となって生まれてくる。
本来主人公の専用兵種である「ダークプリン(セ)ス」等にクラスチェンジ出来るのはカンナとその兄(姉)のみとなる。

主人公の結婚相手によって成長傾向はある程度変化するが、基本は技・速さが良く伸び後は平均的。
固有スキル「竜の御子」は竜石を持っている事が前提だが、HPが自動回復する効果がある。
その為、親よりも竜で戦う事が中心になる。

クラスチェンジ先は親と同様ルートによって変化し、白夜ルートだと「白の血族」、暗夜ルートでは「ダークブラッド」、透魔ルートならば両方にクラスチェンジできる。

前作のマイユニットの子であるマークと同様子世代達との結婚でも生まれる為、しっかり調べれば極端に力の上限が高く出来たり速さに特化すれば回避はとにかく追撃面で非常に活躍出来る等主人公とはまた違った育成が出来る。

子世代・王族・専用兵種・スキル継承とデフォルトでもかなり強力なユニットとなるが、ストーリーとは関わりがない為か、ロスト時は容赦なく死ぬので無理は禁物(他の子世代も同様)。
是非とも大切な我が子を守ってあげよう。

DLC『泡沫の記憶』では男の子、女の子のカンナともに夜刀神系の刀を装備できる特別仕様となっている。
最終的には女の子のほうが白の血族に、男の子のほうがダークブラッドとなる。

余談

基本的にカンナやミドリコなど、共通で仲間となる子世代は、同じ子世代の異性全員との間で支援が組める。しかしカムイ♀が妹が存在するシグレと結婚した場合、例外となり、カンナ♂から見て、叔母に当たるユニットとは支援が発生しない仕様となっている。
逆にカムイ♂がシグレの妹と結婚した場合、カンナ♀から見て伯父に当たるシグレとも同様である。これは前作見落とされていた近親婚のひとつと見做される叔姪婚を避ける意味合いがあると思われる。
一応、支援集めなどの際には注意を。

ちなみに、女の子のカンナには彼女を愛でるあまり「結婚できないバグがある」とまで言い出す危ない……もとい親バカなプレイヤーも現れている
(マイユニットの子供として登場する以上、当然結婚のしようがない。誰とでも結婚可能なマイユニットが唯一攻略不能なキャラである)
おや?どこかで聞いたような…?

女の子のカンナはある意味シリーズ恒例の幼女マムクートともいえる。また「白竜」で幼女でこの声である為か、某妖精の尻尾滅竜魔道士を思い浮かべる人も多いとか。
男の子のカンナは、父親が金髪・青髪・黒髪(特にデフォルトの金髪)だと、容姿は勿論、王子という肩書までとある主人公の息子に瓜二つになってしまう。

(他の子世代キャラクターにも言えることだが)DLC『絆の白夜祭』では親子会話が発生するが、主人公の結婚相手によってはカンナがもう一方の親(主人公が男の場合は母親、女の場合は父親)にも似ているところがある描写やエピソードを見ることができる。
例えば、フェリシアと結婚した場合、女の子のカンナは母親のフェリシアに『あたしは人のために役に立てるのがとっても幸せなんだ』と語っていたり、剣と木の枝を間違えて『はわわ!』と慌てるシーンがあったりする。アクアが母親の場合、時折歌の練習をしており、歌うことが好きと思われる発言をする(というか中の人は歌手でもある)。スズカゼと結婚した場合、男の子のカンナが賊が襲ってくる前に屋台を見ていたところいきなり村の女の子たちに取り囲まれ食べ物を大量に手渡されたことを父親のスズカゼに語っているシーンがある。因みにその兄サイゾウが父親の場合、彼が落とした「カムイ観察記録」を全て読んだうえ、それをネタに屋台の食べ物をねだる等ちょっとあざとい一面も。
となれば半ば必然ともいえるが、ゼロと結婚した場合は男の子のカンナに『細かいトコロ省いてない?』『お父さんとお母さんを悦ばせるんだー!』などと、姉同様父親のゼロ特有の含みのある言葉遣いがうつっていることが確認できるシーンがある。勿論エポニーヌが母親の場合は彼女の性癖もしっかりと受け継いでしまうし、ソレイユと結婚した場合女の子のカンナに母親のソレイユの女の子好きがうつっていることがわかり、『お母さんも素敵だよー!』『あたしのかわいいお母さん!』と言い出すシーンまである。
このようにもう一方の親によってはかなりカオスな展開になってしまうこともあるので、主人公の結婚相手を選ぶ際は純粋で可愛いカンナを愛でたいのなら注意した方がいいかもしれない…

関連イラスト

からふるカンナちゃん
からふるカンナくん



関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムif
白夜王国 暗夜王国 透魔王国
カムイ(FEif)
カンナ マムクート エルフ耳 裸足 竜人 

ネタバレ

以下DLC『泡沫の記憶編』のネタバレが含まれます。























血縁

名前続柄身分
主人公(カムイ父または母透魔王族→白夜王族→暗夜王族
ハイドラ祖父透魔王
ミコト祖母旧透魔王義妹→白夜王妃→白夜女王
リリス叔母透魔王女
シェンメイ大伯母(祖母の姉)旧透魔王妃→暗夜王妃
アクア従伯母(祖母の姪)旧透魔王女→暗夜王女→白夜王女
シグレ再従兄旧透魔王子


子世代が主役のDLC『泡沫の記憶編』ではカンナ♀とカンナ♂、双方が登場する。

カンナ♀は父親が白夜の防衛に協力した白き道を選んだ世界の人物であり、父に夜刀神を託され、襲撃してきた透魔兵から辛くも逃れたものの父と離れ離れとなってしまう。ミタマ、キヌと合流後、透魔兵(※実はジークベルトと仲間たち)と交戦中のキサラギ、ヒサメと合流し、キサラギの風神弓の力で夜刀神『空夜』へと進化させる。
敵を退けた後に現れた謎の人物から竜石を与えられ、夜刀神が最終的に『終夜』『ファイアーエムブレム』へと進化すること、敵がただの透魔兵とは違うことを知らされる。

もう一人のカンナ♂は母親が暗夜の侵攻に協力した暗き道を選んだ世界の人物であり、母親が自分を庇って戦い行方知れずとなった悲しみから竜へと姿を変え暴れまわっていた。傍にいたゾフィーとディーアの元に、フォレオ隊が駆けつけ透魔兵(※実はシノノメと仲間たち)から逃げ、どうにか元の人の姿に戻るとフォレオのブリュンヒルデの力で夜刀神が『長夜』へと進化する。
この際にカンナ♂は他のメンバーの顔と名前を覚えているにも関わらず、他のメンバーはカンナ♂のことを忘れているという状況に戸惑っていると母の大切な友達から皆の記憶が徐々に消えていることを告げられ、カンナ♂の暴走を抑えるために竜石を与えられる。また『記憶は時に人の命に匹敵する』代償となりえることを知らされた。

この後、カンナ♀は透魔兵(※カンナ♂とフォレオたち)と交戦中のシノノメ、グレイ、マトイ、シャラ、ミドリコと合流し、シノノメの持つ雷神刀の力で夜刀神『白夜』を入手。
対するカンナ♂は、透魔兵(※カンナ♀とシノノメ・キサラギたち)と交戦するジークベルト、イグニス、ルッツ、ソレイユ、ベロアと合流し、ジークベルトの持つジークフリートの力で夜刀神を『暗夜』に進化させると共に、相対する敵(カンナ♀)と刃を交えた時に真の姿を垣間見る。
二人のカンナは真の敵の洗脳に落ちり、互いに竜と化すがシグレの歌の力によって事なきを得て、両陣営共に幻影から解放され、共倒れを回避した。

シグレの話から彼らが透魔王国という場所で幻覚を見せられていたこと、透魔竜ハイドラが子世代たちの暮らしていた秘境を狙い、子供を助けに来た親世代たちを攻撃しようとしていたことを知らされ、共同戦線を張ることにした一同は互いに自己紹介を始める。
二人のカンナは双方の片親が同じ名前であることも手伝って仲良くなるが、他の子世代たちは戦後の歴史認識のズレから『白夜王国が戦争に勝利した世界』から来た子世代(白夜子世代組とミドリコ)と『暗夜王国が戦争に勝利した世界』から来た子世代(暗夜子世代組とディーア、ゾフィー)との間に亀裂が生じてしまう(※実は子世代全員、一人一人が異なる世界から来た存在であることが後に明らかとなる)。
目的が一致しているという点で辛うじて共に行動する両陣営の不仲ぶりに二人のカンナとシグレが困る中ハイドラに支配された透魔兵たちの襲撃により共戦、戦いを通じて絆を深める。
二人のカンナは二振りの夜刀神を『終夜』へと進化させ、子世代の陣営はシグレの命の代わりに全員分の透魔王国へ来てからの記憶を代償に第四の歌でハイドラと戦い、勝利を収める。

各々が元に戻ったそれぞれの世界に帰る前、万一、透魔王国のことを覚えていてなおかつ透魔王国で共闘した仲間と会えた時には『はじめまして!』と合言葉を言おうとカンナ♀が、合言葉に笑顔で応えることをシグレが、再会したらまた何度でも友達になることをカンナ♂が提案する。
そしてエンディングラストは、どこかの世界で二人のカンナに向かい『はじめまして、カンナ』と呼ぶシグレの声、二人のカンナが振り返り笑みを浮かべる所で終わりを迎えている。

pixivに投稿された作品 pixivで「カンナ(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234927

コメント