ピクシブ百科事典

オロチ(FEif)

おろち

ゲーム「ファイアーエムブレムif」の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種呪い師
誕生日6月19日
軍の中で一番笑い上戸
CV五十嵐由佳


概要

白夜王国お抱えの呪い師。女王ミコトの臣下。
サイゾウスズカゼカゲロウとは幼馴染みの間柄。カゲロウと並んで白夜陣営一二を争う巨乳の美女。

一人称が「わらわ」で、語尾に「~のじゃ」をつける古風な喋り方が特徴だが、性格はお茶目で内心は明るめ。凶兆が出たといって狼狽する相手の様子を楽しんだりする悪戯好きでもある。同じく人をからかう言動をすることが多いアサマとは相性が悪い。
呪い師としてのプライドは高く、ツクヨミニュクスに対抗心を見せることがある。

王城抱えの呪い師の家系に生まれ、幼い頃から城内を出入りしていた。少なくともタクミがまだ幼かったころから出入りしている模様。タクミの世話役のような立場だったようで、おしめを替えてやったり夜に一人で厩に行くことを怖がるタクミに泣きつかれたことがあったという。タクミとしては他人にあまり知られたくない幼少期の恥ずかしいことを知っており、さらにはそれをネタにからかってくるためオロチを苦手にしている。
主な仕事はまじないで絵札を使った占いを得意とする。仲間からも定期的にまじないを頼まれている。その代わりに薬草をとりに行かせたりとちゃっかりしたところもある。

かつて、城内では凶兆を伝達するまじないを行うオロチの一族は煙たがられる存在だった。だが、ミコトはオロチを実に娘のように気にかけ、オロチが単身暗夜の魔物ノスフェラトゥの退治に赴き、大怪我を負った際はオロチを泣いて叱りつけたという。その後、ミコトの計らいで臣下となった。オロチもミコトのことを非常に慕っており、カムイにミコトの面影を重ねることがある。

かつては同じミコトの臣下であったカゲロウとは特に親交が深く、彼女の独特な美的センスの数少ない理解者。彼女が描いたまじない用の絵札を大事にしている。ただし、オボロの魔王顔対策として作ったお面が妙なデザインだったりと、オロチも少しずれた美的センスを持っているようである。

DLC「絆の暗夜祭」ではヒノカから臣下にならないかと誘われ、主従関係を占ってみたところ良好と出たが、もうしばらくはミコトの臣下でありたいという考えからこの場では断った。

DLC「絆の白夜祭」での各子供との会話では、やはり占い関連の話題が多くオロチが特に教えずとも占いの才能を発揮し、予知夢や未来予知を身につけている子もいる。

ユニット性能

初期兵種は呪い師。いわゆる魔道士にあたる。

親世代の中ではトップクラスの魔力の伸びに加えて、技・魔防の伸びが良い。
反面、魔法系故に守備の伸びは不安な上、速さの伸びがかなり悪い。終盤は敵の2回攻撃にさらされやすくなり、結果1戦闘での即死の可能性も出来てしまう。

同じ兵種のツクヨミと比べると、手数より1発の破壊力を重視したタイプ。そのため、低ランクの武器でもそこそこのダメージを見込みやすい。手数を補うために、自分から攻撃すると2回攻撃できるライトニングか蛇神・巳を使いたいが、戦闘後前者は魔力・技が下がり、後者は次の戦闘まで魔力が半減するというデメリットがある。
幸い暗夜はアーマー系やグレートナイト・ドラゴンナイト系等魔法の通りが良い兵種が多い為、活躍が期待できる。また魔防の高い相手でも、自力習得できるスキル「破天」で案外どうにでもなったりする。

固有スキルは「白夜の捕縛術」。
マイキャッスルに牢屋があれば捕獲コマンドを使用して倒した敵ユニットを牢屋に送る事ができる。
名前こそ違うが暗夜のゼロと同じスキルである。
積極的に牢屋を活用したいなら、メンバーに加えておこう。但し捕獲を狙う際は命中-10・必殺発動なし・攻陣発動なしと攻めの性能が落ちるため注意。

関連タグ

ファイアーエムブレムif 白夜王国 ミコト カゲロウ

pixivに投稿された作品 pixivで「オロチ(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143089

コメント