ピクシブ百科事典

カムイ(FEif)

ふぁいあーえむぶれむのかむい

任天堂のSRPG『ファイアーエムブレムif』の主人公であるマイユニットのデフォルト名。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種ダークプリンス(男性)/ダークプリンセス(女性)
誕生日任意
軍の中で一番特別な力を秘めている
CV島﨑信長(男性)/佐藤聡美(女性)
公式人気投票順位5位(男性)/1位(女性)


「僕は本気だ!」 「わたしは本気です!」

概要

本作の主人公で、プレイヤーの分身であるマイユニット
海外版では”Corrin”という名称。
マイユニットが単独で主人公を務めるのはシリーズ初である。
名前・性別・顔・体型・髪・口調・誕生日を選択可。髪型はゲーム中でも変更できる(色は変えられない)。瞳の色尖った耳は固定となっている。
なおプレイヤーが好きな名前や顔を設定できるマイユニットである以上、ムービー等で名前を呼ばれる事はなく(「おまえ」「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」等と呼ばれる)、顔も映らないようになっている。

白夜王国の王族だが、幼少期に暗夜王国にさらわれ、暗夜王家の一員として育てられる。そしてある偶然から本当の家族との再会を果たし、生まれた国と育った国、どちらに与するかの選択を迫られることになる。
主人公と対照的な境遇が、暗夜王国の王女でありながら対の人質として誘拐され、白夜王国の王女として育てられたヒロイン・アクアである。

王族の中では特に神祖竜の血を色濃く受け継いでおり、その姿をに変化させる事が出来る。
竜の力の兆候はシナリオ内でも見受けられたが、母親であるミコトの死を受けて完全覚醒・暴走してしまった。
その後はアクアの手ほどきを受け「竜石」で力を制御するようになる。
奥義「竜穿」が発動すると、頭部と左手が竜形態のそれに変化する。

例え非力な設定でも小柄であろうと「竜石」を用いて変化すれば(ムービーで見た限り)比較的長身なリョウマより明らかに巨大になり、自身からほとばしる水しぶきで威圧する等とても強そうな印象が持てるが謎が多く、竜石による変身ではブレスを吐かない代わりに体当たりや突きによる接近戦が主だったり果てはアングルのせいで顔よりも大きいまるで枝分かれしたような角(よく見ればひとつにつながっている)の方が目立つなど、よく言えばその力を用いて敵を薙ぎ払っていると言える。
竜というより鹿に見えるというのは言わないお約束。

キャラクターデザインを担当したコザキユースケ氏曰く天寿を全うした竜を素材とした鎧とのこともあり、初期兵種の衣装がどことなくこの竜の姿をイメージした独特のデザインになっている。ちなみに女性のカムイおよびカムイの娘がなれる「ダークプリンセス」系統の服装は、内ももが露出したデザインになっているが、後述するスマブラにおいては対象年齢層の違いゆえか露出していないデザインに変更されている。

攫われる以前やサイラスとの交流を忘れているなど幼少期の記憶に不明なところがある。暗夜ではずっと閉ざされた場所で育ったために世間知らずで、お人好しと言われるほど心優しい性格。人を惹きつける魅力を持ち、誰からも愛される人物で、どちらの兄弟からも大切に思われている。
その人柄や魅力は独特な感性を持つガルーにも通じ、暗夜王国篇では迷子になったフランネルからも「人が良さそう」という第一印象から真っ先に道を聞かれている。白夜王国の忍であるスズカゼも、カムイが敵対する暗夜王国側についたとしても付き従ってくるほど。
透魔王国篇では不本意ながら結果的に両国を敵に回してしまい、その上、黒幕のことを誰にも話すことができない状況だったのにも関わらず、持ち前の人徳と高いカリスマ性で乗りきっている。ちなみにアシュラ曰く、「伝説の刀を持ち逃げした挙句、白夜暗夜両方を敵に回して戦っている」という噂が各所で広まっていた模様。だいたいあってる

趣味は読書……というより元が幽閉の身であったのでそれしか無いといえる。その賜物か、知識や教養は人に教えられる程度には備えている。
反面、生活力にはかなり乏しい。十中八九コイツが全部やるせいである。
ただし家庭を持つと流石に家事をしている描写があり、家族の反応からするとそれなりのようである。またフランネルとの支援会話から察するに、ぬいぐるみの綿を詰め直す程度なら裁縫もできる様子。

なお、カムイに料理を教えたのは世話役のギュンター
しかし彼から受け継いだその味はマイユニ恒例ともいえる鋼の味で、効果は守備が上がるというもの。しかもその味は娘(息子)にもしっかりと受け継がれる。
但し本作においては「鋼の味」はまずくないらしい。どういうことなの…。
なお、ジョーカーカミラなどが果樹の前にいるとカムイはパイや焼き菓子を好きだという話を聞くことができる。

星界(いわゆるパラレルワールド)の中に「マイキャッスル」を持っており、ルート分岐後はそこを拠点にしている。
マイキャッスルにある「温泉」は一つの大浴場を時間帯で区切って男湯・女湯に切り替えているらしく、カムイはしばしば間違えて異性の時間に入ってしまう。
このとき(当然ながら?)男湯に入ってしまった女カムイよりも、女湯に入ってしまった男カムイのほうがひどく怒られ、追いかけられたりしている。
なお、男女いずれも自分の結婚相手とは混浴が可能となっている。

また戦場に於いては自ら指揮を執っているらしく、王子(王女)でありながら優れた戦術眼を持っている事が示唆されている。
その腕前はDLCにおける『覚醒』世界においてリズから高評価を受けると共に、彼女の兄クロムの自警団に軍師がいない事を嘆かれてしまう程(一応『FE』シリーズはプレイヤー=軍師であり、本作ではプレイヤー=カムイである為軍師としての役割も請け負っていると言うメタな理由もあると思われる)。
だが戦場の特性や敵情判断については大体がアクアに助言される形で、大局的な戦略面でもアクアの言に素直に従う場面が多い。

直属の臣下は、北の城塞でずっと共に暮らしてきた執事のジョーカー、メイドのフェリシアフローラ、世話役である老騎士・ギュンターの4人。
ちなみにジョーカーとフェリシアはどのルートでも必ず、フローラとギュンターは白夜篇以外で仲間に加入する。
物語の途中で新たに直属の臣下に加わる共通仲間ユニットに白夜王国スズカゼ暗夜王国ソシアルナイトサイラスが居る。白夜の忍と暗夜のソシアルナイトは隠し素質同士になっており、和風・洋風の共存が窺われる。

シャラとの支援会話にてある人物との関連性を示唆されている。

公式TCGファイアーエムブレム0においてはシンボル「白夜」のカムイ(男)とシンボル「暗夜」のカムイ(女)、あるいは「暗夜」のカムイ(男)と「白夜」のカムイ(女)というように、男女で対になるように登場している。他方、コミカライズ版のカムイ(女)を描いたプロモーションカードと20弾のカムイ(男女とも)は白夜と暗夜の両シンボルを持つユニットとなっている。
透魔王のカムイはサインの有無で性別が変わる初のカードとなっており、異性のカムイからクラスチェンジできたり神速回避が特定のカードでも使用可能だったりと特別な扱いとなっている。特にカムイ(女)の方はサイン入り限定で多くのトレカショップでは2万近くのすざましい価格で取引されている。


DLC『絆の白夜祭』にてカンナ以外の子どもの母親(ないし父親)になった場合、特別に受け継がれるところはほかの親と比べるとあまりない。
しかし、『興奮して竜になってしまいそうだ』(エポニーヌ)『竜を口説く夢を見た』(ソレイユ)と竜の血を受け継いだならではのセリフがあったり、『敵をパッと見て大体の強さを見破れるようになった』(シノノメ)と優れた観察眼を受け継いだと思われる描写があったりする。

ユニット性能

初期兵種は前述の通り「ダークプリンス/ダークプリンセス」。
今までの作品における「ロード」に近い兵種であり、能力傾向は従来の「ロード」同様バランス型であり、魔防が低めなのも過去作同様である。敵の魔法には注意が必要。
プレイ開始時に決める「主人公の長所・短所」に応じてステータスに多少の補正がつくものの、どれを選んでもプレイが困難になるほど難易度が上がることはないと思われる。
ただし後述のとおり終盤では専用武器の夜刀神が必須になるので力が短所だとやや不利か。
性別によるカムイ自身の性能差はない。(ただし結婚できる相手は当然のこと、ジョーカーとフェリシアが加入する順番がカムイの性別によって変わる。そのためカムイの性別によって攻略方針は若干変わる。)
最大の違いは歴代主人公の中で唯一「竜石」が使える事。その為「ロード」に「マムクート」の性能がくっついたものと言える。
但しこの影響で職種に関係なく竜属性が付きまとい、竜特効を持つ武器によって大ダメージを受けてしまう。そのため、「ドラゴンキラー」や「龍神・辰」を持った敵にはくれぐれも注意

上級職はルートによって異なり、白夜篇は剣(刀)・竜石に加え杖が使えるようになる「白の血族」。
暗夜篇は剣(刀)・竜石に加え魔道書が使えるようになる「ダークブラッド」。
なお物理火力は「白の血族」、魔法火力は「ダークブラッド」に軍配が上がる。
なお透魔篇は両方にクラスチェンジできる。クラスチェンジ先は好みで問題ないが、終盤のボスには「夜刀神」(やとのかみ)での攻撃しかほぼ通用しないため、力で勝る「白の血族」が有利か。

「ダークプリン(セ)ス」・「白の血族」・「ダークブラッド」でしか取れないスキルはどれも強力。
特に全スキル発動率+10%の「白夜」・後衛の確率発動スキルを共有できる「暗夜」は強烈な性能を持つ。但しどちらも(特に「暗夜」は)前衛でこそ光るスキルであり、固有スキルとの兼ね合いがあまり良くないが。
この辺りは前衛も支援もこなせる主人公らしいユニット特性といえるだろう。
また「ダークブラッド」のスキル「竜呪」は戦闘後、相手の全能力を4下げるという強烈なデバフ。ジョーカーとの防陣や「守備隊形」などと併用すれば、敵陣に放り込むだけで敵戦力を大幅に削いてくれることになるだろう。
無論、守備力や魔防にも依存するので過信は禁物だが。

あらゆる兵種への転職が可能だった前作のマイユニットとは異なり、カムイはプレイ開始時に素質を一つだけ選択するようになっている。とはいえカムイは結婚相手や同性の支援相手から素質を獲得できるので多彩なクラスチェンジも可能となっている。

固有スキルは「不思議な魅力」。
支援C以上で防陣を組み、味方の後衛にいると、さらに味方の能力を補強する効果がある。
強敵と戦う際、リョウママークスなど主力となりうるキャラクターのサポートに回すという選択肢もある。その際、「戦闘指揮」や「カリスマ」もつけておくと、さらにサポート能力を特化できる。

専用武器として前述の「竜石」と「夜刀神」が存在する。
「竜石」による竜変身は威力が高めで守備力が上昇する代わりに、過去作と異なり魔法攻撃かつ追加攻撃ができない仕様となっている。また射程も1となり前作より弱体化したとするむきもある。
「夜刀神」は安定した威力の刀。中盤以降、選んだ物語によって異なる追加効果が加わる。最終盤で変化する最終形態は刀としては破格の性能を持つ(なお、イベント発生後に一旦マイキャッスルに戻ればその後も使える)。

明記されていないが刀なので装備時に速さが+1、防御・魔防-1がされている点に注意。
これらの装備で剣士的能力とアーマー的能力を使い分けることができ、臨機応変に戦うことができる。魔力も高いため、白夜篇では数少ない「サンダーソード」を有効活用できるキャラでもある。

主人公だけあって支援は仲間全員と組める。またバディプルフの仕様も少々異なり彼(彼女)のみ同性と支援Aの状態で相手の職を選択する事ができる。
勿論結婚も自身の子供以外の異性キャラ全員が対象で、結婚すると子供のカンナが生まれる。性別はカムイと反対になる。
また、とある同性の仲間1人(で対象が変わるので実質二人)と結婚が可能。同性結婚が可能なのは歴代『FE』の登場人物でも初めてである。
但し同性婚をすると(当たり前だが)子供は生まれない。特に暗夜・透魔で男カムイの場合、子供が2人も生まれなくなってしまう。注意。

ちなみに、主人公を男にした場合(主人公と関係者以外しか支援を組めないキャラを除く)女性全員を結婚させると男が一人あぶれて子供が一人生まれなくなってしまう
これを避けるには主人公としか支援の発生しないクリムゾンユウギリフローラの内誰か、他はDLCのアンナもしくは子世代と結婚するしかない。
なお、主人公が女の場合は子世代をしっかり全員出せるのでご安心を。

余談

通常の運用もさることながら、闘技場では紛れもなくトップクラスの強さを誇る一人。
前述の「白夜」・「暗夜」を活かし、さらに相方のスキルを月光や大盾などの確率発動系で固めれば、勝率も跳ね上がる。加えて自身も「竜穿」など戦闘に役立つスキルを所持しているし、「暗夜」は前線向きでもあるため自身が前線に立っても強い。
ただし自発的に現れることはないので、相方として選ばれる必要があるのが難点か。
錬成のために大量の鉱石が必要な人は、結婚相手や特に組ませたい相方に「闘技場の証」を装備させて荒稼ぎしよう。
「他の人のマイキャッスルに乗り込めばいい」は禁句である。

ちなみに、「ダークプリン(セ)ス」のスキル「竜穿」は、他の奥義と違い「剣(刀)で発動した場合」・「剣(刀)で発動し、更に必殺が出た場合」でそれぞれバリエーションがある。
「ダークブラッド」の場合これに「魔導書(呪)で発動した場合」が加わる。
また、外れた場合にも専用の演出になる(連撃を敵がガードするモーションになる)。
その他、他のユニットと違って奥義ごとに違うアクションがある(「太陽」「月光」で動きが違うなど)。

2作目『外伝』にも同名の自軍ユニットがいる。
男主人公の場合は「竜の血を色濃く受け継ぎ、人を惹きつける不思議な魅力を放つ、赤い瞳のダークプリンス」という点が、4作目『聖戦の系譜』のラスボスと共通している。

第3ルート『インビジブルキングダム』に関するネタバレ




表向きは白夜王スメラギとミコトの間に生まれた子とされているが、実はスメラギとの血の繋がりはない
スメラギの再婚相手であるミコトの実子がカムイのみであることは兄弟や臣下たちにとって周知であったが、父親も違う事を知っていたのは長兄のリョウマのみである。ちなみに他の兄弟も支援をSまで上げるとその事実を知ることになる。

母親であるミコトは両大国家の裏に隠された幻の国である透魔王国の出身。そして実の父親は本作の真の黒幕であるラスボス・透魔竜ハイドラである。つまりカムイは透魔王国の王族筋にあたる。
しかし厳密に言えば竜のハイドラの子でなく、彼が獣に堕ちる直前に切り離した善の心、いわば人のハイドラとミコトの間に授かった子である。
とはいえハイドラは白夜・暗夜の原点とも言える存在なので、白夜・暗夜兄弟と全く無関係の存在と言うわけでもない。
そして竜のハイドラの実子であるリリス実の妹に当たる。しかしカムイがそれを知ることはない。

またカムイの伯母に当たるミコトの姉はアクアの母・シェンメイである。つまりカムイとアクアは血筋を辿るといとこ同士ということになる。
しかし、本編及び支援会話では語られない。
また透魔王国を追われることとなった際にカムイが生まれたばかりなのに対して、アクアには一定の記憶があったため、従姉弟ないし従姉妹となると思われる。
アクアとは4親等なので、結婚してもファイアーエムブレムで稀にあるアレとは日本の法律を元にするなら(※)言えない。
アクアの息子シグレは従甥に当たり、彼はカムイの子とはとこ同士になる。

  • :世界的には実は4親等以内の婚姻は認められない場合が多い。アメリカ合衆国も大半の州で禁止である。

透魔編でハイドラを打倒した時点での主人公の最終的なきょうだい関係を纏めると白夜・暗夜の4兄姉弟妹とアクアとリリスを含めた11人の兄姉弟妹の第六子(三男あるいは四女)と、『FE』シリーズ最大のきょうだいの人数となる。
またアクアとは白夜・暗夜双方で義姉弟ないし義姉妹関係に相当する。
第三ルートを踏まえると家族構成は下記のようになる。
透魔王国白夜王国暗夜王国
生まれた国育った国その1育った国その2
ハイドラ(実父)スメラギ(継父=母の再婚相手)ガロン(養父=養子縁組の父親)
ミコト(実母)同左
リョウマ(義兄=継父の子)マークス(義兄=養父の子)
ヒノカ(義姉=継父の子)カミラ(義姉=養父の子)
タクミ(義弟=継父の子)レオン(義弟=養父の子)
リリス(異母妹)サクラ(義妹=継父の子)エリーゼ(義妹=養父の子)
アクア(母方の従姉)アクア(義姉=母の養子)アクア(義姉=養父の継子)

ハイドラを打倒した主人公が辿る結末は是非プレイヤーの目で確かめてほしい。

ちなみに上記の理由ゆえに事実上の義兄弟に当たる暗夜兄弟だけではなく、白夜兄弟とも異性であれば結婚する事が可能で、子供も出来る。
但し「王族の子も竜脈を使える」と言う仕様上王族相手に結婚をすると、王族の血を継承する子供が減るのが難点といえば難点。
一応白夜・暗夜篇では最低10人、透魔篇では最低16人確保できるのだがやはり竜脈を扱えるキャラクターは多いにこした事はない。特にクラシックでプレイする場合はこれが意外と響く。
が、2015/8/20解禁のDLCで入手できる「神祖竜の血」を使うと王族でなくても竜脈が使えるようになってしまった(ただ該当DLCは難易度が高い為、大量に集めるのは非現実的)。

一応王族は能力が高くなりやすいので、初期値を高める為には有効ではある。
しかし育成の環境が限られてしまう暗夜篇(主にハード以上)ではともかく、育成も金稼ぎも自由な白夜・透魔篇ではその限りではない。勿論、誰を結婚相手に選ぶかはプレイヤーの裁量次第である。

その他の作品

ファイアーエムブレムヒーローズ

ルフレと同じように男女で登場。両方とも初期よりガチャで召喚できるキャラクター。

未来を選びし王子 カムイ

カムイ


属性
兵種剣/歩行
武器夜刀神(専用)
奥義竜穿
A守備3
B進軍阻止3
男性の方はやや低い魔防を除いて全体的に比較的高い水準でまとまった優秀なステータスをしており、☆5で解禁される専用武器スキル「夜刀神」がかなり強力。「夜刀神」の自ら攻撃時に速さを+4する効果(いうならば飛燕の一撃2)で、限定的にではあるが全キャラ中でもトップクラスの速さを持つことができる。
また、速さが得意な個体値(☆5レベル40で35まで成長)で飛燕の一撃3(自ら攻撃した時に速さ+6)を継承習得させると、夜刀神と飛燕の一撃3の効果が重複して+10となり、速さ45という高機動力を得る事が可能。

2018年5月のアップデートで武器錬成対象に。飛燕の一撃2の効果が無くなった代わりに、攻撃・速さ・守備・魔防がそれぞれ+2になり、特殊錬成効果は「周囲2マスの味方で自分と支援を組んでいる相手は戦闘中の攻撃・速さ・守備・魔防がそれぞれ+4」という支援相手限定ではあるが、強力なサポート効果を付加する事が可能。
ちなみに効果は重複するためカムイ×3+支援先のような編成も出来ない事はないが手間を考えるとやや現実味に欠ける…
しかし支援で追加効果が発動するレイラや専用武器の実装でカムイと少し似た効果のマチルダとクレーベが実装された事により使用率が上がり、夜刀神の錬成効果を発揮するようになっている。

自身周囲1マスを進行不可にする「進軍阻止」のスキルも自身のそこそこ高い防御性能と合わせて機能しやすくなっている。
また、原作と同じく「竜穿」を使える。
何かに特化しているわけではないので弱点らしい弱点もなく、総じて扱いやすいユニットといえる。
ちなみに、原作のように竜特効を受けることはない。

白夜で年越し カムイ

正月カムイ君



属性
兵種弓/歩行
武器破魔矢+
補助守備魔防の応援
A攻撃守備2
C守備魔防の紋章2

2018年1月の戦渦の連戦のスコア報酬で実装された男カムイの正月Ver。武器の破魔矢は周囲の味方の守備と魔防を強化し、補助スキルと紋章を含め味方の守備魔防の大きく上げることができる。
ステータスは魔防は低いがそのぶん守備が高めになっている。
その守備の高さを活かして、遠距離防御の弓+と遠距離防御聖印、そして切り返し3を持たせた遠距離受け型のビルドも存在している。

夢境の王子 カムイ

夢境の王子王女


(画像右)

属性
兵種竜/歩行
武器水の飛沫(専用)
奥義竜穿
A攻撃守備の絆3
B見切り・追撃効果3
C竜刃の鼓舞
2018年11月から登場した新バージョン。

専用武器の「水の飛沫」は奥義カウントの短縮に加え、自身の周囲2マス以内にいる自身以外の味方の数が戦闘相手以外の敵の数より多い場合、戦闘中の攻撃と速さが+5される効果がある。
Bスキルの「見切り・追撃効果」は敵の絶対追撃・自身の追撃不可を無効化する。

スキルだけ見れば珍しい物を持ってるだけでそこら辺のマムクートと変わりないように見えるが、実は子供マムクートと同じような総合値の補正が入っておりステータスが非常に高い。その高さは初期に実装された重装ユニットレベル。

更にアップデートでステータスを強化できる「神竜の花」と言うアイテムが追加、追加以前に実装された歩行ユニットには通常の5個ではなく10個与えられる仕様だったため通常より総合値の高いこのカムイと同時実装された女版カムイがどうなるかやや注目されていたが、結果例外なく10個与えられる対象に。
これによって歩行でありながら初期の重装ユニットを越える圧倒的ステータスで戦えるようになり、まさに固い、強い、速いを地で往く強力な存在と化した。
しかし伝承マルスには反撃(追撃)出来ない事や近年、無属性で有利不利ががなく、火力と固さと速さ持ち、竜特攻を持つ闇チキや超火力でほぼ一撃で倒せる総選挙アルムなど実装時頃よりは安心できなくなっている。

このカムイは同時に実装されたミコトカミラと同じく、幼きアクアが見た夢をロキが具現化した存在のようであるが、おそらく透魔王国にずっといたカムイとも考察が出来る。

その血に眠る獣 カムイ

闇カムイ(男)


属性
兵種竜/歩行
武器獣乱のブレス(専用)
奥義凶星
A攻撃速さの孤軍4
B見切り・追撃効果3
C速さ守備の奮起3

2020年5月に登場した、物語序盤でミコトを失った嘆きから暴走してしまった時の姿。男性。後述の女性からは1年遅れての登場。女性版とステータスを比べると速さは上がってそれ以外は変化はない。
武器効果も似ているが上昇値が1低くなった代わりに、近くに味方が1人以内だと相手の奥義減速するキャンセル効果が追加
スキル構成も武器同様、離れると強くなるタイプ。見切り追撃を持っているので絶対追撃もブロックできるが、単独運用を考えると遠距離反撃をつけるのも手。
ただ無属性ではないので緑属性の相手には弱い。また緑属性かつ竜特攻のナギにはかなり弱くなってしまっている。竜相手には攻撃されると反撃不可になる伝承マルスや竜特攻を付与するナーガには気をつけたい。

未来を選びし王女 カムイ

Fateful Princess


属性
兵種竜/歩行
武器闇のブレス+→冥輝のブレス(専用)
奥義竜裂
B魔防封じ3
C守備の鼓舞3

女性の方は男性に比べると守備が高いが魔防はさらに低い。
武器スキルの「闇のブレス」は自分から攻撃した戦闘後に、周囲2マスの攻撃と速さを-5する効果がある。それ以外のスキルは戦闘後に敵に魔防を下げる「魔防封じ」と、ターン開始時に隣接する味方の攻撃を上げる「攻撃の鼓舞」、攻撃の30%をダメージに加算する奥義スキル「竜裂」を持っている。
自身の攻撃はそこまで高くないので、守備の高さと合わせてデバフを広範囲にばら撒いていく支援寄りのユニットといえる。
しかし、前述の通り魔防が低いため、魔法には要注意。また、男性の方と違って竜特効を持つユニットにも注意が必要。特に、この両方を併せ持ち、なおかつ属性でも不利なユリアディアドラの攻撃など受けた日には目も当てられないダメージを叩き出されることだろう。

2020年7月のアップデートで専用武器に冥輝のブレスが登場。お馴染みの錬成ブレスに加え、攻撃速さの威嚇と攻撃していると戦闘後に攻撃した敵と周囲二マス以内の敵の攻撃速さ-7と暗器に似た複合スキルとなった。特殊錬成効果はサイゾウの爆炎針と同じ敵が全ステータスが受けているデバフの数値だけ上昇の効果。
これで耐久面が上昇。近くにいれば常にデバフはかかり続け、自らも戦闘前にデバフを撒けるようになるだけでなく、敵がデバフを受けていると強くなる個性を得るようになった。

はじめての夏休み カムイ

水着カムイ



属性
兵種青魔/飛行
武器熱帯魚の本+
奥義竜穿
A飛燕明鏡の一撃2
C飛盾の鼓舞3

2017年8月の期間限定イベントで登場した女カムイの水着Ver。こちらはドラゴンに乗った青の魔道使いになっている。4月に登場したバニーカミラ以来となる飛行魔道ユニット。通常版と違い竜特攻はないがそのかわり弓特攻は受けるため注意。

飛盾の鼓舞により味方の飛行ユニットを強化できる。武器の熱帯魚の本は周囲の味方の能力を上げることができるなどサポート面に優れている。

長い間ライバルが存在しなかったが、翌年の水着ガチャでカミラが似たような配分のほぼ上位互換的存在として登場以降はやや微妙なポジションに甘んじている。

夢想の王女 カムイ

夢カムイ



属性
兵種竜/歩行
武器水の飛沫(専用)
補助攻撃速さの応援+
奥義竜裂
A攻撃速さの絆3
C竜盾の鼓舞

2018年11月から登場した新バージョン。
同時実装の男カムイと同じく、幼きアクアが見た夢をロキが具現化した存在のようである。専用武器は男の「夢境の王子 カムイ」と同じ。

ステータスの高さに関しても男と同様だが、こちらは少々ライバルが多いのが気になる所。
とは言え方向性が異なるファはともかく似たようなカンナにはほぼ全てのステータスで勝っており、やはり圧倒的なステータスの高さが強みになっているのは間違いない。

禍つ魂の慟哭 カムイ

闇堕ちカムイ



属性
兵種竜/歩行
武器暴乱のブレス(専用)
奥義竜穿
A攻撃速さの孤軍3
B恐慌の惑乱3
物語序盤でミコトを失った嘆きから暴走してしまったカムイ。SDキャラは尻尾が生えた半竜姿になっている。2019年5月から登場。レギュラーでは初の無属性竜。通常版と透魔カムイと比べると中途半端だった攻撃は上がっている。暴乱のブレスは攻撃+3かつ周囲2マス以内に味方が少ないほど攻撃/速さ/守備/魔防が上昇。最大+6まで味方1体につき2ずつ減少していくと他の受け型だったカムイとは違い、攻めも守りも強い孤立タイプの性能になっている。
Bスキルの恐慌の惑乱は敵同士で隣接している敵にHPの相対条件でパニック(強化反転)を付与するもので、特定のバフに頼る編成に刺さるがカムイとの相性はいまいち。

夢カムイと同じように総合値が高いだけでなく無属性故にすくみによる不利を取られない。当然有利も取れないが、高ステータスに暴乱のブレスの強力な補正を入れれる以上大したデメリットにならないだろう。
加えて重装ではなく歩行であるため竜以外の特効は受けないし自力で2マス動く事も可能。「見切り」系のスキルも当然装備可能で高ステータスを封じ込めようとする絶対追撃や追撃不可、反撃不可すら対策してしまえる。

更にここへ伝承エリウッドの「緋剣デュランダル」と組み合わせればもはやアビサルの敵ステータスすら並ぶ程の高さになり、そのアビサルでは1ターンキルすら容易に達成してしまえる。何かがおかしい。まさに環境最強の名を欲しいままにしている強力な英雄と言える。

速さも相当なもので追撃を取られにくいとはいえ、超火力のラインハルトやオフェリア、竜特効の伝承マルスやナーガなどスキルを駆使されると一発で倒される事も。
近年、超火力で竜特効を持つ総選挙アルム伝承ユリア、レイヴン効果に竜特攻を持つナギなどがどんどん増えてきているので登場した頃よりも安心はできなくなってきている。

昏き闇竜の神子 カムイ(伝承英雄)

センシティブな作品



属性
兵種竜/歩行
武器神祖竜のブレス(専用)
奥義反竜穿(専用)
A遠距離反撃
B盾の鼓動3
C攻撃の相互大紋章

2020年8月に登場した女性の伝承英雄でアクア以来のifからの登場である。風の伝承英雄で原作の専用の上級職業「ダークブラッド」の姿で登場。奥義はスマブラ(後述)にある下必殺ワザの技名で竜の姿も黒に合わせる等スマブラから逆輸入されていることが分かる。

闇堕ち版とステータスを比べると速さが僅かに上がっただけでさほど変化はない
専用武器はキラー武器効果と錬成ブレスの複合スキル。そして攻撃された時か敵のHPが満タンだと戦闘中全ステータス+5かつ自身の攻撃で奥義カウントを進める効果になっている。
専用奥義の「反竜穿」は戦闘中のみ、距離関係なく発動。ダメージを30%軽減しつつ次の自分の攻撃+自分の攻撃の30%を加えて攻撃する反撃型のスキル。
盾の鼓動3で最初から奥義発動させれるので今までのカムイとは違って反撃型に特化した立ち回り方になる。Bスキルで見切り系か回復系を持たせるのもアリ。

竜特攻が弱点なのはどれも共通。反撃不可or追撃不可にさせる伝承マルスやレイヴン効果+竜特攻のナギには気をつけたい。また軽減効果を無効にする奥義を持つオルティナにも注意

ファイアーエムブレム無双



2017年のE3で公開されたトレーラーにてリョウママークスとともに参戦が発表された。男女両方のカムイを使用できるが、ストーリーモードでは女性のカムイがメインキャラとして登場する。

ストーリーモードを進めるとまず女性の方だけが解禁され、その後ヒストリーモード「その手が拓く未来」をクリアすることで男性の方も解禁される。性別は衣装変更から変更させられる。
クラスは男性のカムイはダークプリンス→白の血族、女性のカムイはダークプリンセス→ダークブラッド。DLC第一弾を購入すると男性の方にはダークブラッド、女性の方には白の血族の衣装を選べるようになる。

武器は剣だが、スマブラと同じように竜穿による攻撃や足技を交えたトリッキーな動きが特徴的。原作では白の血族にクラスチェンジすると祓串(杖)を使うことができたが、本作では上記の仕様からクラスチェンジすればダークブラッドの衣装でも杖を使えるようになる。
専用武器は「夜刀神」。一切の強化を受けていない夜刀神だが、無双奥義やデュアル奥義では一時的に原作の透魔編における最終形態「夜刀神・終夜」に変化している。
またカムイ自身に竜特効が効いてしまうので、ファルシオンなどの竜特効には注意する必要がある。

第4の道

もしも、第4の道があるとしたら?


こっちだ!

兄様…

お兄ちゃん!

戻ってこい…

み、みんな…、ぼ、僕は…

【運命の分岐点】進む道を選んでください。

ミコト女王やリョウマ達の為、白夜軍の防衛に協力「白夜王国」 祖国の為に剣を取るのか
ガロン王やマークス達の為、暗夜軍の侵略に協力「暗夜王国」 闇夜を照らす光となるのか
どちらもに協力しない「インビジブルキングダム」 愛する兄妹達の為にすべてを敵に回すのか
大乱闘に参戦する桜井王国 厳しい現実から逃げる為にスマブラの世界で歴戦のファイター達との戦いに挑むのか

大乱闘に参戦する!

ボタンワザ一覧
B竜穿射
→B跳槍突
↑B翔竜翼
↓B反竜穿
切りふだ激流咆
リョウマ「何をやっているんだ!カムイ!」


スマブラ』参戦!
2015年12月16日に公開されたスマブラ最後の特番で、DLCとして発表された。
スマブラ発売後に発売されたゲームのキャラが参戦するのはカメじゃない方のロイ以来である(彼の場合、登場ゲームの発売がDX発売後に延期された為、結果的にそうなったのである)。発表日の時点ではまだ海外では『if』が未発売なため、宣伝も兼ねて選出された。
共に参戦したベヨネッタと共に2016年2月4日に配信された。ベヨネッタは他社枠として参戦していた為、唯一の『for』における完全新規のDLCファイターである。

参戦PVでは原作のルート選択のムービーシーンが流れた後、逡巡していると原作にはない第4のルート「大乱闘に参戦する」が出現し選択。さらにカムイの選択にリョウマ・マークス・サクラ・エリーゼの4人が驚きながらも、その後のカムイの紹介シーンを実況解説するという無駄に豪華なPVになっている。しかも原作のムービーシーンは使い回しではなくわざわざこのためだけに新録しているという手の込んだものである。
ちなみに参戦PVでは同じ『FE』出身のファイターと戦っているシーンがあるが、5人中3人が竜特効を持っているというカムイからすれば半ばリンチに近い状況。ただし、『スマブラ』ではその設定は反映されないため心配ご無用。
またこれまでの『FE』出身ファイター(ルフレ除く)と同じように、マントに紋章が描かれており、カムイの場合は白夜王国、暗夜王国および透魔王国の紋章が描かれている(原作では紋章は描かれていない。ムービー内のルート選択の時点でも描かれていることが確認できる)。

武器は「夜刀神」の最終形態の一つ「終夜」だが、体の一部を竜に変える「竜穿」による攻撃がメインになっており、他の『FE』剣士達とは全く異なる戦闘スタイルが特徴。各種必殺技も全て「竜穿」の派生技になっている。

性能は他の剣士キャラ同様少々技の発生が遅いという弱点はあるがそこまで気になる程ではなく、技も使いやすい物が揃っておりバランスの良い性能になっている。
横スマッシュや後空中攻撃、横必殺技など癖はあるが使いこなせれば強力な技も持ち合わせており、トリッキーに立ち回る事も可能。
特に横スマッシュ攻撃は近接攻撃という括りとしては全キャラ中最長のリーチを誇る。

だがキャラ全体としてはフットワーク自体はそこまで軽快とは言えない為、基本的には竜穿と夜刀神による長いリーチを生かして相手の射程外からチクチクと攻めて行くのが良いと思われる。
またFE剣士としては珍しく飛び道具も備えている為、竜穿での長リーチですら届かない距離でもある程度対応出来るのも強み。

長リーチ、飛び道具、カウンターと揃っている為乱闘では無類の強さを誇る反面、タイマンでは素早く距離を詰めてくるスピードタイプのインファイターには苦戦を強いられる。
また復帰力もそこまで高くない為事故死にも注意が必要。

と言ってもカムイ以上にインファイトや復帰が苦手なキャラは他にいくらでもいる為、ちょっと意識して気をつけていれば良いという程度の弱点である。
むしろカムイの決め手となる技はマルスのように「先端ヒット」でないと強くない技が多い為、撃墜が不安定になってしまうのが最大の弱点と言える。

最後の切りふだは、周囲の相手を水流に巻き込み吹っ飛ばす「激流咆」。

WiiFitトレーナールフレむらびと同様男女選べる。

余談だが今作の女性ファイターは上記の色替えでの選択も含めて全体的に癖の強いキャラが多い為、ロゼッタと共に使いやすい女性ファイターという意味でもおすすめしたいキャラでもある。
また、ステージMiiverseではカムイのまわりの者たち(アクアや、白夜・暗夜両国のきょうだい、フェリシアジョーカーサイラスなどカムイの従者)がカムイを応援しているイラストが多数確認できた(なお、現在はミーバースが終わった為、イラストは表示されない)。

専用ステージはないが、カムイを購入するとWii U版は『if』のメインテーマ「if~ひとり思う~」と参戦PVでも使われた同曲のアレンジ版をオレ曲セレクトで選択できるようになる。3DS版ではリョウマとマークスのフィギュアが入手できる。

もしも、再び第4の道を選べるとしたら?


ボタンワザ一覧
B竜穿射
→B跳槍突
↑B翔竜翼
↓B反竜穿
切りふだ激流咆
楽曲『if~ひとり思う~(SP)』
スマブラシリーズ第5弾大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALにも続投が決定された。一部ではDLC故にリストラが懸念されていたとか。ifより後に発売されたポケモンSMに登場するガオガエン(後に勇者、ベレト/べレスも参戦している為、デビュー最年少の参戦では無くなっている。)の参戦によりデビュー年代最年少ではなくなったが、ifと同年に発売されたゲームsplatoonのキャラインクリングが参戦し、pixivでは一緒に描かれたイラストが投稿されているとか。

性能はというと…前作から大幅に弱体化されている。横必殺ワザは即キャンセル追加や追加入力で地面に突き刺し状態の受付猶予が増加と強化はされたが、各槍を使った攻撃のリーチが短くなり、ふっとばし力も低下。上投げも前作から強すぎたのかこちらもふっとばし力が低下。通常必殺ワザの麻痺弾の持続弱化に加え上必殺ワザまで移動距離が短くなってしまい、復帰力もさらに低くなってしまうハメに。以前のように暴れることが不可能になってしまった。

似た性質の技を持つ同じFE剣士のアイクが空中戦の大幅強化された煽りも痛く、現状はキャラ相性的な面でやや下位互換気味なのは否めない。
ただしお手玉性能に関しては数少ない取り柄になれるので浮かせた状態でいかに火力を稼げるかが肝になる。

オンライン対戦でも初期の頃はあまりにも性能の弱体化が大きかったせいか前作より使用率はガクッと下がった。投げやスマッシュ攻撃などの弱体化で撃墜手段が減ったことで撃墜性能は大きく低下し、タイマンではソニックなどのスピードファイターに弱い傾向がある一方、ガノンドロフなどの動きが遅いファイターには比較的有利に保っている。しかし今作ではゲームスピードが上がったことにより、先端ヒットがやりにくくなったことでインファイター相手にはさらに弱くなってしまったので前作よりも意識する必要がある。
流石に弱くしすぎたのかバージョンアップするたびに上必殺の飛距離が伸びる&攻撃判定が広がると復帰力の改善や各スマッシュ攻撃と各空中攻撃の吹っ飛ばし力増加。横必殺ワザのジャンプ派生の隙減少と少しずつ前作の性能に戻りつつあり、使用率も徐々に増えている

因みにルフレやベレス同様、女性のカムイの方が使用率が高い。

勝ちあがり乱闘白と黒の狭間で」は「白夜王国」と「暗夜王国」に因んだもので、白と黒のファイターが登場する。ラウンド3と6では自分が選ばなかった性別のカムイが敵として登場する。

勝利時のファンファーレが「if 〜ひとり思う〜」のイントロ部分に変更された。ちなみに原曲ではなくスマブラ仕様のBGMからの使用となっており、力強さと壮大さを感じられるファンファーレとなった。中にはこのファンファーレを聴くためにカムイを使う人もいるとか。

もしも、異界の英雄たちと一戦交えるとしたら?

Noファイター初出演
21マルスDX
21’ルキナfor
25ロイDX
25’クロムSP
32アイクX
56ルフレfor
62カムイfor(DLC)
75ベレト/ベレスSP(DLC1)

61.クラウド62.カムイ→63.ベヨネッタ

関連イラスト

カムイ
ダークブラッド


FEif
nohr x hoshido


スマブラ関連

マイユニット、カムイ(FE if)とルフレ(FE 覚醒)
カムイ参戦


カムイ&ベヨネッタ
スマブラ カムイ参戦マンガ



関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムif FE FEif ifパルレ
カムイ カムイ♂ カムイ♀ マイユニット 男主人公 女主人公
マムクート 赤目 エルフ耳 竜人 裸足 銀髪赤眼
アクア リョウマ ヒノカ タクミ サクラ マークス カミラ レオン エリーゼ 
ジョーカー フェリシア フローラ ギュンター リリス スズカゼ サイラス カンナ
夜刀神 魔剣ガングレリ
レオン、法衣が裏返しだよ。

スマブラ関連

FE組 DLC組
スマブラガールズ 兄様が、姉様になってしまわれました!

カップリングタグ

カムイ♀

リョカム マクカム タクカム レオカム
ジョカム ラスカム スズカム アシュカム ディアカム
イゾカム アサカム ツバカム ニシカム キサカム
ラズカム ゼロカム ジクカム

カムイ♂

カムアク カムサク カムエリ カムフェリ カムフロ カムゼロ ゼロカム

関連記事

親記事

ファイアーエムブレムif ふぁいあーえむぶれむいふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カムイ(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10274071

コメント