ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

初期兵種
誕生日10月2日
軍の中で一番甘味が苦手
CV新垣樽助


概要

白夜王国の第1王子であるリョウマに仕える忍で、5代目「サイゾウ」の名を持つ天才忍者。スズカゼは双子の弟に当たる。忍者ながらもファイアーエムブレム恒例の「赤緑」ポジションである。
名前の由来は真田十勇士の一人で知られる霧隠才蔵と思われるが、本作のサイゾウの漢字表記はグレイとの支援会話によると「彩造」であるとのこと。

冷静なスズカゼとは対照的に、愛想がないぶっきらぼうな熱血漢。そのため女性にモテるスズカゼと違い軍の女性からは近寄りがたいと悪評高い。それでもラズワルドとのナンパ対決では圧勝している。ラズワルド曰く、顔を半分隠していること強面であること両方が備わっているからだとか。
また次期王に仕える忍としてプライドも高く、頻繁に5代目サイゾウの名を口にする。
ただし悪態をつきながらも、仲間を気遣う面倒見がいい一面があり、特に前線向きでない者に対してはそれが顕著に表れる。
一見堅物に見えるが呉服屋の娘に追い剥ぎされた上に着せ替え人形にされる、昔馴染みに出し抜かれて少年時代の恥ずかしい過去を軍の全員に喋って(バラされて)しまう、ドジメイドに戦闘の才能を感じるや否や「俺が忍として育ててやる」と躍起になるなど、良くも悪くも割と抜けている面もある。

トドメは女主人公(カムイ♀)と結婚し子供ができた場合。
下記にもあるが当初は暗夜王国の王女であったカムイを信用しておらず、カムイ観察記録なるものをつけながら四六時中監視をしていたのだが、DLC「絆の白夜祭」にて息子にうっかり落とした観察日記を読まれ「変な人」呼ばわりされてしまう。
しかも日記の内容が途中からおかしくなっていき、正直ただのストーカーが付けたごとき内容(例:カムイからいい匂いがした)になっていることを全部読んだ息子にピックアップされ「やめろー!やめてくれー!」と絶叫。息子に口止めの代わりとして屋台でおごらされる羽目になった。
一応、監視をしていくうちに異性として意識していった結果そんな記述になったらしいのだが、正直カムイのきょうだい達に知られたら打ち首待ったなしである。

主人公(カムイ)やアクアなど、暗夜王国と関係している人間は、王族であっても、完全に信頼していないが、徐々にその力を認め信頼を置くようになる。
また同じ第1王子の臣下という立場であるラズワルドに対しては、出身地不明で軟弱な性格から気に入らずつっかかっていたが、彼の高い戦闘力を目の当たりにしてからは、好敵手と認めるようになる。
白夜王族の臣下では、特にツバキに一目置いている。あちらは完璧主義な上にサクラの臣下であるゆえに白夜王国への尽力は決して揺るがない為か。

作中何かしら出番があり、(ガンズのせいではあるが)国境に近づき制止した白夜兵達を迎撃し制圧した主人公を暗殺しようとしたり、暗夜編ではマークスやアクアら他の暗夜王族もいた中で主人公を襲ったり、透魔編では追い詰められたのもあって爆炎で主人公もろとも爆ぜ散らせようとしたり、共通でフウマ公国の秘密と絡んでいたりと白夜王国の背景もとい裏事情が伺える。

主君であるリョウマへの忠誠心は厚く、命をかけることも辞さない。一方で透魔王国篇では同僚のカゲロウと共にカムイの揺るぎない信念を信じ、ミューズ公国で暗夜軍と戦いを繰り広げるリョウマに対し、今のリョウマは本当の敵が見えていないとして主に刃を向ける事もあった。
DLC「絆の暗夜祭」でのリョウマとの会話では、リョウマから何かいいたいことはないかと聞かれ、リョウマの履物を懐で温めたいと申し出る。サイゾウとしてはそうすれば主従の絆が深まるという逸話にならったもので、これにはさすがのリョウマも戸惑いを隠せなかったが、せっかくの臣下の申し出ということもありサイゾウの願いを聞き入れた。
主君への過剰すぎる忠誠心がどこかずれているという点は暗夜の執事を髣髴とさせる。

同僚のカゲロウやオロチとは幼なじみの間柄。カゲロウとはかつては恋人同士であったが、犠牲を最小限に抑えようとするカゲロウとたびたび口論になり別れている。ただし、別れてからも同僚としては普通に接している。ちなみに元サヤに戻すこともできる。
このように非常に硬派な生き方をしているであり、アクアには「男尊女卑的」と言われた。
一流忍者として危険で重要な任務に着くことが多いためか、支援会話で重症を負っていることが多い。
暗夜王国では「最強の忍」「凄腕の暗殺者」として広く知れ渡っている。

常に口元にマスクをつけているが、温泉に入る時や女主人公(カムイ♀)と結婚した時のマイルームでは外しており見た目は意外とかっこいい。流石、スズカゼと双子なだけはある。
右目の傷はフウマ公国に潜入した際に負ったもの。父である4代目サイゾウを殺害したフウマ公国の公王コタロウがボスの章でサイゾウで攻撃すると専用会話が発生する。暗夜篇でフウマ公国と戦う章ではNPCとして一時共闘する。

なお彼のみ、リョウマなどの王族には「様」付けで呼び、敬語で話すのに対し、主人公だけは呼び捨てで呼ぶ。
一方、接している時間が長かったためか、アクアには敬語で話すが、敬して遠ざけていた。

息子は某甘党な盗賊と瓜二つのグレイ
6代目サイゾウの名を継ぐことに反発されるが、好きなように生きることを示したことで関係は修復している。そしてグレイも自分の意思で6代目サイゾウの名を継ぐことを決意するようになる。ちなみに彼がまだ幼い頃は何をしても誉めていたらしい。

軍の中で一番、甘味が苦手。この点は大のお菓子好きである息子と真逆である。
また王都近辺の濃い味付けは苦手のようで、同じく薄味を好むモズメの作った料理を絶賛している。そのわりには食堂でサイゾウが作るものは辛い料理が多い。


ユニット性能

主に技と幸運が良く伸び、他の能力の伸びもかなり高い方。ユニット成長率の合計が王族をも通り越して全キャラNO.1である。5代目サイゾウは格が違った。
一方でHP・魔防の伸びはいまいちであり、そのうえ忍なのに速さがさほど伸びない(上限も-2)
スズカゼ(緑)をスピードタイプにしたが為の悲劇である…。

暗器の効果を活かした搦め手に優れる弟と違い、こちらは確実な一撃を与えるのを得意とする。
クラスチェンジ先は速さを補う「上忍」がベター。余裕があれば「絡繰師」の「写し身人形」なども取得しておきたい。鍵開けの出来るユニットに割く枠も抑えられる。
技が高く、火力もあるのでスキル「滅殺」の期待度も高い(本作の滅殺は「1でもダメージを与えられる事」前提である為、スズカゼでは発動を狙えない状況も多い)。
剣聖を経由して「待ち伏せ」「流星」を取るのもあり。
魔力もかなり伸びるので、爆炎手裏剣を持って両刀型として活躍することも可能。
回避-20が付いているが、守備の高さで攻撃を耐えられるので影響は小さい。

固有スキルは「爆炎使い」。
自分から攻撃し、HPが半分以下の時、自分と2マス以内の敵のHPを最大HPの20%減少させるロマン技。
周囲を纏めて削る事ができるのだが、自身のHPも同時に削ってしまう為、ロストの危険性が高い。
敵陣に突っ込まなければリターンが少なくなる為、積極的に使うのはなかなか難しいスキル。後続のフォローは必須である。
どちらかというと敵として登場したときに、味方が固まっている所に突っ込まれると被害が大きくなる点で厄介。
マイキャッスルで死を呼ぶナイフを入手出来た場合は攻撃後にHPを30%減少できるようになり、狙って発動するのに役立つ。

バディ候補は主君であるリョウマ、弟スズカゼ、ツバキ、ラズワルドの四人。素養の被る前者二人はまず除外だろう。
透魔篇限定だがラズワルドを選んでおくと、マーシナリーの「しぶとい心」やブレイブヒーローの「太陽」で、生存率を飛躍的に上げることが出来る。
サイゾウは技と幸運が高くなりやすいので、発動機会も多くなる。反撃ターンでの殲滅を図れる「後手不敗」も優秀。
ツバキの場合、偏りがちな成長率を補える天馬武者系になれる。また「飛燕の一撃」で忍びにしては低い速さを、「明鏡の一撃」で他の能力と比べると若干劣る魔防を補える。

彼の名を冠した武器である「サイゾウの爆炎針」は装備時に速さが2上がり、自分から攻撃すると周囲2マス以内にいる味方の力を4上げる効果を持つ。力の代わりに速さを上げる「スズカゼの疾風針」とは対照的な武器である。

ヒーローズ

属性
武器種別暗器
移動タイプ歩行
武器紫煙の暗器→サイゾウの爆炎針(専用)
補助一喝
パッシブB蛇毒
パッシブC速さの紋章


配信開始時から実装されている。属性は暗器・歩行。
武器は攻撃した相手の周囲2マスの敵の守備と魔防を下げる「紫煙の暗器+」。攻撃力はそれほど高くないが戦闘後固定ダメージを与えるスキル「蛇毒」を持っているため、基本的にはデバフ要員としての立ち回りになる。
そこそこの速さに加え、守備が高めなので紫煙の暗器の強化&弱体効果を活かせば弓や暗器の他、近接タイプの壁役としても活躍が見込めるが、魔防は壊滅的なので魔法タイプや竜族を苦手とする。

2019年6月のアップデートでサイゾウの爆炎針が追加。紫煙の暗器+の上位互換で特殊錬成効果は戦闘中に敵の攻撃、速さ、守備、魔防の弱体効果自身の攻撃・速さ・守備・魔防が上昇するという特殊な効果がある。
弱体効果の合計値を攻撃に加算するスリーズと違い、弱体効果がかかっている箇所のステータスの弱体効果分と同じ分、自身の同じ個所のステータスが上昇するので混乱しやすい。

特殊錬成したサイゾウの爆炎針で攻撃し、弱体効果が通った相手には「相手全ステ-6」サイゾウ側は「全ステ+6、特殊効果で更に全ステ+6」と実に全ステータスで18ポイントも有利に立てるため非常に強力。
変則的な使い方としては仲間の「謀略」系スキルや「封印」系スキルと合わせて壁役として機能させるという使い方も可能だが、
この場合も1か所だけを落とすより2か所以上落とせる物を使った方が効果が高いので一度に複数個所を落とせるものを使った方が効果が高い場合が多い。

例えば魔法タイプの敵の攻撃を受けたい場合、最も攻撃の高い敵の攻撃を7ポイント落とす「攻撃の封印3」を使って攻撃を落とすより、「魔防が1以上低い敵の攻撃魔防を4ポイントおとす」アルヴィスの「ファラフレイム」やサイアスの「軍神の書」を通した方がサイゾウの魔防も4ポイント上がる為、結果として攻撃の封印で攻撃-7にするよりサイゾウが受けるダメージが1ポイント落ちるといった具合。

欠点としては弱体効果を無効化する「レスト」や弱体効果を強化に反転させる「一喝」に弱いので相手のスキルは把握しておこう。


余談

その風貌と事情は違えど復讐心を持っていたりと某忍者とどこか共通点があるためなのか「サイゾウ=サン」と呼ばれる場合もある。

関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムif 白夜王国
リョウマ カゲロウ スズカゼ グレイ
リョウマ隊 イゾカム

関連記事

親記事

リョウマ隊 りょうまたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイゾウ(FEif)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213299

コメント