ピクシブ百科事典

アクア(FE)

あくあ

アクアとは、ファイアーエムブレムifの登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

初期兵種歌姫
誕生日3月3日
軍の中で一番寝癖がひどい
CVLynn/蓮花(歌唱パート)
公式人気投票順位女性部門5位


概要

ファイアーエムブレムif』のメインヒロイン。
暗夜王国の王女。幼い頃に主人公(カムイ)の対の人質として白夜王国に拉致され、以降は白夜の女王ミコトによって白夜の王女として育てられた。

白夜王国の王族でありながら、暗夜王国の王族として育った主人公とは全く対になる境遇の持ち主。幼い頃の記憶が無い主人公と違い、自分が敵国の王女であることは理解している。

母親は暗夜王ガロンの後妻であるシェンメイ
前妻の子であるマークスや妾の子である他の兄弟たちとは、表向きは異母兄弟ということになるが…(後述)。

祖国である暗夜王国では後妻の子だった為に、亡き前妻を支持していた王の臣下や他の側室たちから疎まれ、貴族の子弟などからもひどい虐めを受けていた。仲間との支援会話でも、暗夜王国にいた頃の事を思い出し塞ぎ込む姿も多く見られ、現在でもトラウマとなっている。
元々暗夜王家は側室同士仲が悪く、当時は兄弟間の交流は殆どなかったが、その中でもアクアは特に他の兄弟たちに近付けさせないようにされていたらしい。

その為、レオンは噂程度にしかアクアのことを知らず、アクアが誘拐された後に生まれたエリーゼはその存在すら知らなかった。
一方でマークスやカミラはアクアと一応の面識があり、アクアに兄弟らしい事が出来なかった事を後悔している。アクア自身も暗夜の兄弟たちには彼女なりに兄弟として思うところはあった様子。

白夜王国に人質として連れ去られてからは、ミコトから娘として可愛がられて白夜の王女として扱われるようになり、暗夜王国にいた頃よりも幸せな日々を過ごすようになったが、敵国の王女だった為一部の人間からは快く思われていなかった。
しかし白夜の兄弟との仲は良好であり、唯一、義弟のタクミには姉と認められていなかったが、そこまで仲は悪くはなかったという。ただし、アクア自身はカムイの本来の居場所を奪ってしまったとして、必要以上の接触は避けていた。そのためドラマCDではカムイが戻ってきた時に、本当の家族との再会を果たし戸惑うカムイを励まし、白夜王国の良いところを紹介したいと意気込んでいた。
暗夜王国には殆ど思い入れがない為、暗夜ルートでも当初は白夜王国に残っていたが、主人公が白夜王国の敵になった事で国内で暗夜関係者を排除しようとする動きが強くなり、白夜兄弟たちは庇っていたものの一部の臣下たちによって攫われてしまい、国境付近に捨て置かれ殺されそうになっていたところを主人公と再会する展開となる。

性格は冷静沈着で聡明。
本来は心優しい少女だが、他人に対して心を開く事が殆どなく、白夜の家族に対しても距離を置く一面がある。これはやはり「敵国の王女」である自負が原因だと思われていた。しかし実際は…。
また暗夜王国にいた頃に周囲から酷い虐めを受けていたことも、彼女の人格形成に大きく関わっている。

現在はかなり肝が据わっているが、幼い頃は暗い場所が苦手だった。怖さを紛らわすために小さく歌いながら歩いていたが、白夜城内にか細い声の幽霊が出るという噂になり七不思議のひとつにまでなってしまったという。アクア本人はいまだそれが自分だと打ち明けられないでいる。

主人公とは似た境遇から興味を抱いており、同時に主人公から白夜での幸せな日々を奪ったのではないかという負い目を感じている。「あなたは私の半身」と称することも。そのためかルートに関係なく味方に加わる。
なおアクアのみ主人公との支援会話はルートごとに内容が変わる。

息子は天馬武者のシグレ。アクアは女主人公(カムイ♀)以外では唯一、固定の子世代キャラを持つ女性キャラである。そのためシグレの髪の色はアクアと同じ水色で固定されている。
アクア譲りの美声の持ち主で、よく一緒に歌ったりしていたという。

またアクアのS支援対象の男性キャラは全て固定の子世代キャラを持つため、シグレには必ず兄または弟妹が存在する。
大抵の子世代はシグレの弟ないし妹となるが、第一王子の子供であるシノノメとジークベルトの場合、跡継ぎという設定のためか彼らが兄となる。
DLC「絆の白夜祭」での各子供との会話では全体的に歌に関する話題が多い。何かしらの理由で歌に興味を持った子供に歌を教えている。シグレと違い歌唱センスには開きがあり、シグレ並みのセンスの子もいれば、逆にイマイチな子もいる。またあまりにひどい歌詞を自作する子には厳しいダメ出しをしている。

ルートきょうだい夫候補者(シグレのきょうだい候補者)
共通ジョーカーディーア
共通男性版マイユニットカンナ)、スズカゼミドリコ)、サイラスゾフィー
白夜リョウマシノノメ
白夜タクミキサラギ)、サイゾウグレイ)、ヒナタヒサメ
白夜アサマミタマ)、ツバキマトイ)、ツクヨミシャラ)、ニシキキヌ
暗夜マークスジークベルト
暗夜レオンフォレオ)、ハロルドルッツ)、ブノワイグニス
暗夜ラズワルドソレイユ)、オーディンオフェリア)、ゼロエポニーヌ)、フランネルベロア

ユニット性能

初期クラスは彼女専用の歌姫
今までの「踊り子」のように味方を再行動させる事ができる。
但し武器は前作の踊り子と違い槍(薙刀)であり、もう一つの素養は天馬武者。
ちなみに特例で上限レベルは40となっている。

今までの踊り子同様技・速さ・幸運が重点的に成長するが、技と速さに関してはその度合いがおかしい事になっており、レベル40になるまでに大体技と速さはカンストする。このため技の数値が大きく関わる「ツバキの金薙刀」なんか持たせた暁にはとんでもないことになってしまう。
そして何と力の成長率も白夜長男であるリョウマをも凌駕する50%(武器の関係上火力は下回るが)。その為踊り子と高をくくると力押しで刺殺される事までありうる。儚げな第一印象とはなんだったのか。
一方でHPと防御の伸びは今まで以上に酷く、レベル30どころかレベルカンストしてもHPが30を超えないなんて事もザラにある。前線に出しすぎると即死の危険性が常について回るので注意。
どうしても前線に出したいならDLC限定だがマスターロードにクラスチェンジさせるにはあり。

歌姫はクラススキルを4つ取得でき、味方を再行動させられるのは彼女しかいない為、どうやって生き残らせるかを考えるべし。
できれば即死対策の「祈り」は取っておきたい。幸い白夜・透魔篇では支援A+まで持っていけるサクラが序盤参入する。

固有スキルは「癒しの声」。ターン開始時、2マス以内の味方を最大HPの10%回復する。天馬武者の上級職「金鵄武者」で「天照らす(2マス以内の味方を最大HPの20%回復する)」を取得すると「癒しの声」と効果が重複するため、とっておいて損はない。

シナリオに絡むキャラではあるものの、HPが0になると容赦なくロストする為注意(死亡はしない)。

ちなみに公式イラストで所持しているのは「聖なる槍」。
HP回復の効果もくっついているものの守備・魔防-3なので持たせたものなら…。

ファイアーエムブレムヒーローズ

初期から召喚できるキャラクターで、属性は槍の歩兵。

補助スキルの「歌う」によって味方の再行動を行える数少ないユニット。ただし、「歌う」や「踊る」を持つユニットを再行動させることはできない。
武器スキルは3すくみの効果を強化する「蒼海の槍」。有利を取れる赤属性には人気のキャラが多く、自身の攻撃や速さも十分戦えるレベルなので赤属性キラーとしての役割も持つことができる。
弱点としては、HPと守備が低いため有利属性でなければ物理攻撃をあまり受けられないことと「蒼海の槍」の効果で緑属性(特に斧)には弱いということ。そして、☆5でしか排出されていないキャラであるため、そもそも手に入りにくいこと。

「歌う」による味方のサポートや赤属性に対する攻撃など単体で様々な役割をこなせるので、ユーザーからの人気は高い。
同じ青属性で味方の再行動を行えるニニアンとはステータスが似ており再行動ユニットという役割も被ってしまっている。あちらは魔法攻撃でこちらは物理攻撃を使用すること、また竜ではない(竜特効を持つファルシオンにぶつけられる)ことあたりで差別化していきたい。

2017年9月末には期間限定の別衣装Verが登場。暗夜編のムービーで着ていた黒い衣装を着ている。
武器は斧で継承不可の専用武器「ウルズ」を持ち、再行動させた味方の攻撃・速さ・守備・魔防を強化する効果がある。斧の中では攻撃も高いほうで、さらにこのアクアは相性激化のスキルも持つため青属性にはめっぽう強い。ひたすら後方で再行動と強化に徹するだけでなく、いざとなれば自分で敵を狩りにいく攻撃力を持つ。ただし通常版同様守備は低いため前に出しすぎないように注意。

余談

ユニット性能の説明にある通り、やたら攻め重視の能力上昇をし、甘ちゃんである主人公を叱咤激励する軍師的な立場にあるせいか、ファンからはアクアネキ」(アクア+姉貴)と呼ばれ、親しまれている。

敵の狙いが主人公だとわかると自分が敵を引きつけたり、二手に分かれて敵と交戦した際、「こっちは片付いたわ」といって戻ってくるなど「守られるヒロイン」らしさはあまりなく、ストーリー中では「並び立つヒロイン」らしさが強調されている。ただし、上記のとおり能力的には前線向きではない。
特に暗夜編ではその傾向が顕著で、目的のためならば手段を選ばず、長年共に過ごした義兄弟をも敵と割りきる冷徹さすら見せている。主人公の支援会話もヒロインと言うより、さながらダークヒーローと言った方がいい妙に熱いもの。

また暗夜編で披露する「舞」もネタ扱いされることがある。
下記の関連動画で見ることができるが、白夜編のどこかはかなげな舞と歌と比べて暗夜編のものは普段の白い衣装とは真逆の黒いアラビア風の衣装でなんだか妙に力強い曲調と舞である
そしてそれを見たガロン王は白夜編よりさらに激しく苦しみだすという展開。
「ユーラリユールレリーでも聞かせてくれるのかな?」と期待したユーザーはその激しいギャップにウケ、その結果アクアのズンドコ節などと呼ばれ松の木を持って踊るAAなどが作られたりしている。


寝癖が一番ひどいという設定はほぼ話題にされない。
支援会話全般と「絆の暗夜祭」でのエルフィ、カミラ、アンナとの会話の内容は重要な過去の話や兄弟との関係、相手が食べ物やランタンなどを用意してアクアを励ましたりアクアに歌手としての仕事を持ちかけたり等と他の話題が多く、寝ぐせに関する話題は存在せず、半ば都市伝説のような状態になっている。
うなされているのか、夢の中でも敵を片付けているからなのか、はたまた夜に湖に潜ってたりして髪がぐしゃぐしゃになったまま寝てるせいなのか、真相は一切不明。

マイユニットが男の場合(カムイ♂)は結婚が可能で、王道の主人公×ヒロインの組み合わせにできる。
その上、アクアは白夜編暗夜編透魔編の全てのルートでマイユニットとの間にそれぞれ異なる内容の支援会話が存在し、男性マイユニットとS支援となった際の告白ボイスも三パターン用意されているなど正統派ヒロインとして非常に優遇されている。
しかし、どのルートでも主人公が親世代の女性キャラと結婚してしまうと女性の人数が足りなくなり、子世代ができなくなる男性キャラがひとり発生してしまう。

家族構成

暗夜王国(生まれた国)白夜王国(育った国)
ガロン(父)ミコト(育ての母)
マークスリョウマ
カミラヒノカ
レオンタクミ
エリーゼサクラ


関連イラスト

ひとり思う
暗夜阿库里


アクア
異邦の歌姫



関連動画




関連タグ

ファイアーエムブレム ファイアーエムブレムif カムイ シグレ シェンメイ

カップリングタグ

カムアク タクアク

ネタバレ

この先第3ルート『インビジブルキングダム』に関するネタバレがあります。苦手な方はブラウザバックをお願いします。



























実は暗夜兄弟との血の繋がりは無い。つまりガロンの子供ではない。
その正体は両大国家の裏に隠された幻の国・透魔王国の王族。
なお、母親であるシェンメイは主人公の母・ミコトの姉である為、アクアと主人公はいとこ同士と言う事になる。

父親は透魔王国の前国王であり、暴走した透魔竜・ハイドラによって殺害されている。
母親であるシェンメイは幼いアクアを連れ暗夜王国に逃れ、そこでガロンに見初められた事により、ガロンと再婚して暗夜の王妃になった為、アクアはガロンとシェンメイの娘として暗夜の王女となった。
しかしシェンメイは透魔王国の真実を語ったが為に消滅。彼女の死はその後のガロンの人生をも狂わせてしまった(なお、シェンメイは後にハイドラの手で眷属として復活している)。

アクアもまた自身の出生については認知しており、白夜・暗夜両篇で必要以上に自身の事を語る事が出来なかったのはその為。
また、「歌」を歌うと消滅に近づいてしまうのも、元はハイドラが自らの暴走を止めるために作った歌であったためである。
この歌は母から譲り受けたペンダントによるもので、息子のシグレから自分が代わりに使うと言われても断固拒否し、もし自分が消滅したらシグレの手でペンダントを処分してほしいと託している。

透魔王国暗夜王国白夜王国
生まれた国育った国その1育った国その2
透魔王(実父)ガロン(継父=母の再婚相手)※スメラギ(養父=養子縁組の父親)
シェンメイ(実母)シェンメイ(実母)ミコト(叔母 兼 養母=養子縁組の母親)
マークス(義兄=継父の子)リョウマ(義兄=養父の子、養母の継子)
カミラ(義姉=継父の子)ヒノカ(義姉=養父の子、養母の継子)
レオン(義弟=継父の子)タクミ(義弟=養父の子、養母の継子)
エリーゼ(義妹=継父の子)サクラ(義妹=養父の子、養母の継子)
カムイ(母方の従弟/従妹)カムイ(義弟/義妹=継父の養子)カムイ(義弟/義妹=養父の継子、養母の子)
※アクアが白夜王国へ迎え入れられた時点で故人

DLC「泡沫の記憶」では透魔ルートでハイドラに敗れた世界線のアクアが登場。仲間が全滅し息子のシグレだけは辛うじて守り抜くも消滅寸前の状態となっていた。

ハイドラの幻影魔術で互いの正体を知らずに戦わされるカンナたちの前に現れ状況を打開する助言を与えた。そしてシグレには禁断の4番目の歌詞を教えた。その後はハイドラとの決戦に挑むシグレたちを見届けた。

pixivに投稿された作品 pixivで「アクア(FE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2073489

コメント