ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]
  1. 歌姫のこと → DIVA
  2. BLOOD+』の登場人物(本記事にて解説)
  3. 機動戦士ガンダムAGE』に登場する戦艦の名前。→ディーヴァ(ガンダム)
  4. 創聖のアクエリオン』に登場する特殊機関名 →DEAVA
  5. T&ESOFTのSFSLG → DAIVA
  6. サガフロンティア』の登場人物 → ディーヴァ(サガフロ)
  7. ロードオブヴァーミリオンIII』においてインド神話神々を元ネタとする使い魔の「クラス」
  8. 蒼き雷霆ガンヴォルト』におけるキーワードであり、能力名「電子の謡精(サイバーディーヴァ)
  9. Vivy-FluoriteEye'sSong-』に登場する主人公の愛称。→「ヴィヴィ
  10. WIXOSS_DIVA(A)LIVE』に登場する専門用語。上記リンク先「専門用語など」参照。

概要

ラテン語で「神々しい、神がかった」を意味する「ディヴァ」を起源とするイタリア語

英語で「神聖な」を意味する「ディバインディヴァイン)」も同起源。

さらに過去にラテン語と分岐したとされるサンスクリット語で神を意味する「デーヴァ」とも近縁である。


歌姫をディーヴァと呼ぶ場合、その歌声を「神業」と呼び、歌手自身を現代的な意味で「ヴィーナス」と呼ぶニュアンスと言える。

BLOOD+

青い吸血鬼


主人公である音無小夜の双子の妹で、翼手の女王の片割れ。翼手の災厄を世界に振り撒き続けている小夜の宿敵。

1833年、アイスランドで発見されたミイラ化した謎の生物「SAYA」の胎内から取り出された二つの繭から、双子の姉であるサヤ(後の小夜)と共に誕生。初代ジョエル・ゴルドシュミットの翼手研究の一環人間として育った小夜とは対照的に、名前も与えられない実験動物として扱われ、塔に閉じ込められていた。彼女にとって世界とは、冷たい石畳の部屋と、小窓から見える景色と、世話係のアンシェルだけであった。

『ディーヴァ』の名前は、たまたま彼女が閉じ込められていた塔の前を通りかかった小夜が、その歌声の素晴らしさに因んで名付けたたもの。

自分の世話をしていたアンシェルを、最初のシュヴァリエとする。

小夜とは双子であるが、青い瞳、小夜よりも白い肌、腰までのロングヘアという相違点がある。

以下ネタバレ有

1883年、小夜が興味本位で塔の鍵を開けたことで、小夜とアンシェル、ハジ以外の初代ジョエル・ゴルドシュミットの屋敷の関係者全員を殺害し、逃亡。

それからは小夜とは対照的にシュヴァリエの数を増やし、アナスタシア、エヴァ・ブラウンなどの歴史上の人物に擬態して、その表舞台に立ち、世界を動かしながら翼手の災厄を世界中に振り撒いている。

人間として育てられなかった事から、小夜とは異なり倫理観や社会性を持たず、人間を襲って吸血することに抵抗を抱かない。このため摂取している血液量の差から、翼手としての戦闘能力は小夜よりも上である。

性格はまるで子どものように無垢でありながら、凶暴・残忍な面も併せ持つ。

人間を平然と殺すが、ネイサン曰く好き嫌いが激しいため、捕食のために無闇に一般人を襲うようなことはしない。


物語中盤では、小夜の義弟であるリクを強姦し、小夜のシュヴァリエとなっていた彼に、自分の血を与えて殺害。

その後はリクに擬態し、体型についても少年のそれに変化させる。それに伴い、服装も古風なドレスからセーラースタイルの上下に変わっている。

また、声もリクのものとディーヴァ本来のものを状況によって使い分けている。

リクとの子供を身篭り、アンシェルにより摘出されるが、結果として自らも気付かぬ内に血の効力(ディーヴァの血が小夜にとって致死毒であること)を失う。

最期は、小夜との決戦で彼女と差し違えたが、前述の通り血の効力を失っていたため、小夜は結晶化せず、ディーヴァのみが結晶化した。

最後は我が子の繭を愛おしげに見つめながら、静かに逝った。


敵ではあったが、人間の都合で実験体として扱われ、更に実姉とも分かり合えなかったなど、悲しい存在でもある。

育った環境が悲劇に繋がったと言えるが、本心では誰よりも家族を、姉としての小夜を求めており、我が子の事も本心から大切に想い2人の誕生を楽しみにしていた。

皮肉にも小夜もディーヴァと同じ気持ちだった事に気づいたのは、ディーヴァが死ぬ寸前であった。


ディーヴァの娘たちは母が死んだ直後に生まれ、音無響音無奏と名付けられ、父リクの兄である宮城カイの娘として育てられる事となった。


関連タグ

BLOOD+

関連記事

親記事

イタリア語 いたりあご

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 967302

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました