2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:吉野裕行

音無小夜の義兄で宮城リクの実兄。

幼い頃に事故で両親を亡くし、弟のリクと共に同じ事故で妻子を失った宮城ジョージに養子として引き取られた。
野球部に所属しエースピッチャーとして活躍していたが、肘の故障により野球を断念。以後、不良仲間とつるむようになり荒んだ生活を送る。しかし、小夜を新たな家族に迎えてからは、病院に通う小夜をバイクで送り届けるなど優しい兄として振る舞うようになる。

養父であるジョージが翼手との戦いで死亡し、小夜が翼手との戦いに身を投じるようになってからも、家長としてリクと共に小夜を家族として支えたいとの思いから、「赤い盾」であるデヴィッドルイスについて行くようになるも、翼手相手に無力な自分に重い悩み、常人離れした小夜の戦闘力に恐怖する事もあった。

ディーヴァの吸血よってリクが瀕死に陥った際に、リクを助けるには小夜のシュヴァリエにするしかないとわかった時に、「たった一人の弟を助けて欲しい」と言った事で小夜はリクに血を分けてシュヴァリエにして救うものの、その言葉が「自分は家族として思われていなかった」と小夜を傷付け、カイも自分の言ってしまった言葉の意味を理解し後悔する。
それでもリクの取りなしで何とか小夜と和解しかけるものの、ディーヴァによる「赤い盾」本部の襲撃でリクがディーヴァによって強姦された後、カイの目の前でディーヴァの血を分けられて殺害されてしまい、決着をつけるため自ら残った小夜を置き去りにしたことでカイは心に大きな傷を負った。

それから1年後、心身共に鍛え上げ「赤い盾」の一員として活動しており、ロンドン市内での戦いの最中に冷徹な戦士に変貌を遂げていた小夜と再会を果たす。小夜からは拒絶されるものの、変わらずに家族として小夜を支えようと模索している。
ディーヴァとの最終決戦後、小夜が本当の意味で翼手を全滅させる為に、ディーヴァがリクとの間に産んだ娘たちをも殺して、自分もハジに殺してもらうという願いを持っていた事を知る。その事に対してカイは翼手だから存在してはいけない訳はないと叫び、ディーヴァの赤ん坊は自分が育てる事を決意し、あくまで小夜に従うハジに対しても小夜に自分の本心を語るべきだと説得。その言葉に動かされたハジは愛する小夜を殺す事を拒否し、小夜も生きる事を決意した。

その後小夜たちと沖縄に戻って亡き父の店「OMORO」を継ぎ、不器用ながらも料理の勉強をしている。そして宣言通りリクとディーヴァの間に生まれた双子の娘達の父親となり、再び宮城家の墓所で深き眠りについた小夜を見守りながら、双子を育てる日々を送る。

blood♯

続編にあたる「blood♯」では、双子の義理の娘音無響音無奏と共に沖縄を離れ、東京で暮らしていた。響と奏はリクの娘であるため、ディーヴァの姉である小夜だけでなくカイにとっても血縁上は姪にあたるが、ディーヴァがリクを強姦して生まれたという事実から配慮し、娘たちには自分とは血縁はないと言っている。

実はディーヴァとの最終決戦後、「blood♯」時点では既に亡くなった「赤い盾」のトップであるジョエルは、小夜たちの安寧の為にデヴィッドやルイス以外の他の「赤い盾」の構成員には、小夜はディーヴァと相討ちになって死に、ディーヴァの双子の娘たちも死んだと発表していた。しかし幼い響が重傷を負った際に、治療のためには膨大な翼手のデータを持つ「赤い盾」に頼らざるを得なくなり、カイが「赤い盾」を訪れたことでディーヴァの娘たちが生きている事がバレてしまい、彼女たちを兵器として扱おうとする者たちから双子を守る為にデヴィッドたちの協力で沖縄を離れていた。

騒動解決後に、「赤い盾」を亡きジョエルが遺言していた本物のデヴィッドの息子が継いだ事で、一応隠れる必要がなくなった為、娘たちと共に沖縄に戻り「OMORO」を再開させた。


関連タグ

BLOOD+ 音無小夜

関連記事

親記事

blood+ ぶらっどぷらす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39873

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました