ピクシブ百科事典

ネイサン・マーラー

ねいさんまーらー

『BLOOD+』の登場人物。
目次[非表示]

概要


CV:藤原啓治

『BLOOD+』の登場人物。


ディーヴァ側シュヴァリエの七男。
表向きの顔はニューヨークのメトロポリタンオペラハウス(メット)のプロデューサーであり、ディーヴァのプロデュースを担当する。
オカマ言葉で軽薄を装いつつ、ディーヴァの母親役を演じている。しかし本性を露にした時はドスのきいた低い地声で話し、その威圧感は長兄であるアンシェルでさえ畏怖する程。

ディーヴァの希望を叶えることに全身全霊を捧げており、他のシュヴァリエたちにも理解を示し、例えそれが狂気故の行動やディーヴァへの反意であっても応えている。逆に翼手に満たされた世界を築くというアンシェルの野望をあまり快く思っておらず、あまり手を貸す事はない。
その上ディーヴァと敵対する小夜に対しても正面から戦う気は全くなく、ジェイムスが一度小夜を敗北寸前まで追い詰めた時も「まだ小夜の死に場所に相応しくない」として戦闘を止めた事さえある(ジェイムスは当然激怒するも、本性を見せたネイサンに「殺すぞ」と脅され引かざるを得なかった)など、末弟でありながら終始傍観の立場を貫いている。


正体


実はディーヴァのシュヴァリエではなく、小夜とディーヴァの母であるSAYAのシュヴァリエ。
SAYAの娘たちの行く末を見届ける事が目的であり、小夜とディーヴァの最後の戦いでは子どもを産んだ事で血の力を失ったディーヴァが確実に負けることを知っていながら、それを本人にも話すことなく二人の戦いを見届けた。
ディーヴァの死後はSAYAのシュヴァリエであるために小夜の血では死なないことを利用して、自らの死を偽装。最終話ではパパラッチに扮しており、生存している事が示唆されていた。

続編にあたる『BLOOD♯』では、カイと共に暮らしているディーヴァの二人の娘響と奏の事を影ながら見守っていたらしく、奏が友人に騙されて強姦されそうになった時に現れ助けている(本人曰く「キャスト以外がその娘に手を掛けるのは許さない」とのこと)。
その後のハジとの会話で自分がSAYAのシュヴァリエである事を明言している。



関連タグ

BLOOD+

pixivに投稿された作品 pixivで「ネイサン・マーラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 192

コメント