ピクシブ百科事典

翼手

よくしゅ

「BLOOD」「blood+」に出てくる敵キャラクター。
目次[非表示]

概要

 プロダクションI.Gの制作アニメ、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」「blood+」において、敵キャラクターとして音無小夜の前に立ちふさがる存在。

身体的特徴

押井守著『獣たちの夜』によれば、霊長類の、類人猿、特にホモサピエンスの近縁種(交配できるくらい)で、強靭すぎる皮膚を広げて滑空する程度の能力を持ち、ヒト社会に紛れて生活し、人間のを主食とする。擬態するために「」は皮膚へ収納して隠すことができる。極端に長命であるものの、寿命はあるらしい。
で身長は3~5mほどにまで到達し、耳は長く、肌は土気色で目が黄色い。極端に強い腕力を持つ。

 これを発見したモーリス・ロスチャイルドが、「こういう同胞は、人間に堕落する言い訳を持たせる」として、絶滅させることを決意。おりしも発見時ちょうどこの「黒い羊」に遺産の継承権がある親戚筋が次々と殺されていったので、それを利用し「赤い楯」という組織を作り、「翼手と人間を掛け合わせた子」である音無小夜へ補佐役「デヴィッド」と「ルイス」をつけて戦わせた。

弱点

翼手は紫外線に弱く、大量の流血をしないと死なないので、必然的に刀剣類でやっつけることになる。
「BLOOD THE LAST VAMPIRE」での小夜は普通の日本刀振り回していたが、「blood+」において、「翼手の女王の小夜の血を混ぜると死ぬ」という設定が加わり、刀身全体に血が行き渡る仕様のソードで戦うこととなる。

余談

押井守は持ち込まれたこの「セーラー服と日本刀もの企画」に対して、始め消極的な対応をしていたものの、コピーの「は鬼でなければ倒せない」に発奮して、前から温めていた設定を出してきたそうである。
「飛ぶもので客をビビらす」のは、押井がよく使う演出である。

関連タグ

押井守 BLOOD_THE_LAST_VAMPIRE BLOOD blood+ 吸血鬼 音無小夜 セーラー服と日本刀

pixivに投稿された作品 pixivで「翼手」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15957

コメント